講演会・研修の講師紹介・講演依頼はシステムブレーンへ

サイト内検索:
  講師名 川口泰司 (K-6047)
  か な かわぐちやすし
  肩書き 山口県人権啓発センター事務局長

 

プロフィール 川口泰司プロフィール
中学時代、同和教育に本気で向き合う教師との出会いがきっかけとなり、解放運動に取り組むようになる。その後、大阪学生部落解放連絡協議会 事務局長を務め、現在、山口県人権啓発センター事務局長。自分の言葉で、エネルギッシュに語りかける講演は、世代を超えて共感を呼んでいる。

■職歴・経歴
1978年 愛媛県宇和島市の被差別部落に生まれる
1994年 宇和島市高校生友の会を結成
1997年 桃山学院大学社会学部入学 部落解放研究会に入部
2000年 大阪学生部落解放連絡協議会 事務局長
2001年 (社)部落解放・人権研究所 啓発企画室に勤務
2004年 大阪市新大阪人権協会に勤務
2005年 山口県人権啓発センター 事務局長

■著著・講演録・インタビュー・ビデオなど
『ハートで挑戦、自己解放への道!』(解放出版社、2006年)
『INTREVIEW「部落出身」-12人の今、そしてここから』(共著 解放出版社、2003年)
『おとなの学び-人権研修リーダーのために』(共著 部落解放・人権研究所、2008年)
「だから部落解放運動はおもしろい」http://www.jinken.ne.jp/ (人権情報ネットワーク「ふらっと」HP)
「『たいけん→はっけん→ほっとけん』からのカリキュラム」(雑誌『解放教育』2005年5月号)
「ここが変だよ!人権教育~若者からの熱いメッセージ~」(雑誌『解放教育』2006年1月号)
「山口県内のあいつぐ差別事件から」(『アファーマティブやまぐち21』第7号、2008年)
「プライム事件と身元調査の現実」(『アファーマティブやまぐち21』第8号、2013年)
「部落出身者を忌避する意識はなくなったのか」(『部落解放』2015年6月号)

■人権啓発ビデオ・出演DVD
『差別って いったいなんやねん?』(「部落の心を伝えたい第6巻」、メディア総合研究所、2004年)
『私にとっての差別・人権』「部落青年のアイデンティティ」(大阪人権博物館 2005年)
『私の中の差別意識』(東映株式会社、2010年、ビデオ)


プロフィールタイトル例実績・評価

■ タイトル例

差別なんてしていない、部落問題なんて関係ないと思っている人の心の奥底に「ほんまにそう?」と問いかけたい。キレイゴト、タニンゴトじゃない、同和教育は自分自身の心の奥底のドロドロしたものをひきずり出して、取り除いて自分自身が...

プロフィールタイトル例実績・評価

■ 実績・評価
<当社での成功事例>
会合名 地域
開催時期
主催窓口 開催目的 受講者
人権・同和教育講演会
とても好評でみなさん喜ばれていました。 パソコンの....
愛媛県
2016/06月
教育委員会 啓発 成人一般
人権啓発研修
<受講者への貢献> 受講者から参加レポートを取って....
大阪府
2016/01月
建設・住宅 人材育成 管理職
人権講演会
<受講者への貢献> 大変わかりやすく、生徒たちも興....
香川県
2015/12月
学校・PTA 啓発 高校生

■ 著書・著作紹介 (アマゾンWEBサービスを利用しております。)
※一部一致しない場合がございます
『ハートで挑戦!―自己解放への道』
『川口 泰司』
出版社:解放出版社 (2006-12)

プロフィールタイトル例実績・評価


 

Copyright © System Brain All Rights Reserved.