新型コロナウイルス感染症(COVID‑19)の影響は、私たちのいままでの生活習慣・社会常識を大きく変え、私たちは「新しい生活様式(ニューノーマル)」へとシフトしています。
ウィズコロナ、アフターコロナ(ポストコロナ)に対してどのように行動すれば良いか、
災害リスクアドバイザー、管理栄養士、介護福祉建築家など、今後の進路についてお話しが出来る各分野の講師をご紹介します。

感染症(新型コロナウイルス)対策におけるBCP(事業継続計画)

松島康生 まつしまやすお
災害リスク評価研究所 代表
災害リスクアドバイザー(防災危機管理)
NHKをはじめ各テレビ、ラジオ、新聞等、これまで200以上のメディアに紹介されている防災の専門家。地元のハザードマップを使っての解説は、身近に感じられ分かりやすく、また、災害リスクの危険性から実践的な防災対策まで、専門用語を使わずに説明するため、防災意識の向上につながると好評を得ている。
【ここがオススメ!】 大規模災害ほどBCPは機能しなくなります。アンケートを基にした帰宅困難よりも深刻化するであろう参集困難の現状やその解決案をご紹介します。併せて被害にあった企業の防災対策はどれだけ機能したのでしょうか。被災事例の教訓をもとにBCPの見直しポイントを解説します。

・業種・職種に合わせた感染症対策の考え方 ・企業(施設)としてのクラスター対策 ・行政からの要請に対して、どのように対応すべきか ・新型コロナウイルスによって変化するBCP(事業継続計画)の変化 ・こ… (続きを読む)

~インフルエンザから新型コロナウイルスまで~
みんなで知ろう、職場を感染症から守るテクニック 【安全大会向け】

勝田吉彰 かつだよしあき
関西福祉大学教授
ドクトル外交官(外務省医務官)OB
ドクトル外交官(外務省医務官)としてアジア・アフリカ・欧州24か国で業務経験を重ねた国際派医師。北京ではSARSのパンデミック渦中でリスクコミュニケーションを経験。海外経験をもとに海外、とくに新興国・途上国への赴任者の健康管理・メンタルへルスの情報発信に精力的に取り組んでいる。
【ここがオススメ!】 新しく耳慣れない感染症や毎年やってくる感染症。行きあたりばったり、五月雨式に遭遇すると不安が高まってしまいますが、共通点をおさえて要領よく理解すると、適切な予防行動をとることが出来るようになります。職場の皆さんが、多すぎず少なすぎず適切な知識を身につけて行動すれば、感染症に強い職場が出来上がります。そのお手伝いをできれば幸いです。
新しく耳慣れない感染症や毎年やってくる感染症。行きあたりばったり、五月雨式に遭遇すると不安が高まってしまいますが、共通点をおさえて要領よく理解すると、適切な予防行動をとることが出来るようになります。職… (続きを読む)

コロナ対策!あなたに足りない栄養素がわかる
免疫力を上げる食事術

中沢るみ なかざわるみ
管理栄養士
野菜ソムリエ協会 講師
「食でカラダ革命」をテーマに、カラダだけでなく、ココロも元気になる食べ方のコツを紹介。食で人は変われることを伝え、「カラダが変わり、人生が変わった!」と各地で好評を得ている。学校・企業・行政などで年間100回以上講演を行い、リピート率は90%の人気講師。
【ここがオススメ!】 ウイルスに負けない身体を作るための最新情報をお伝えします。
またコロナ生活による不調(イライラ・モヤモヤ・ウツウツ)、肉体疲労、精神疲労、集中力の低下などをスッキリ解消する方法もご紹介します。

ウイルスに負けない身体を作るための最新情報をお伝えします。 またコロナ生活による不調(イライラ・モヤモヤ・ウツウツ)、肉体疲労、精神疲労、集中力の低下などをスッキリ解消する方法もご紹介します。 1.感… (続きを読む)

ウィズコロナ、アフターコロナのコミュニケーション術
―スポーツジャーナリストの相手心理の見抜き方―

瀬戸口 仁 せとぐちひとし
スポーツジャーナリスト
一般社団法人日本アンガーマネジメント協会認定
アンガーマネジメントファシリテーター
1960年生まれ。サンケイスポーツ新聞社を経て、1993年の渡米と同時に独立。メジャーリーグを中心に、W杯・オリンピック等各種スポーツを取材し、日本へ発信。2007年の帰国後、一般社団法人日本アンガーマネジメント協会認定 アンガーマネジメントファシリテーターとして講演、セミナー、研修を全国で展開。
【ここがオススメ!】 コロナの影響で、オンラインでの面談や、マスク着用が当たり前になりました。
その変化にともない、ビジネスにおいても、コミュニケーションのあり方が変わりつつあります。
本講演では、ニューノーマルにおけるコミュニケーションのあり方について、考えるとともに、有効なスキルについて学びます。

コロナの影響で、オンラインでの面談や、マスク着用が当たり前になりました。 その変化にともない、ビジネスにおいても、コミュニケーションのあり方が変わりつつあります。 本講演では、ニューノーマルにおけるコ… (続きを読む)

新型コロナウイルス感染症から会社を守る
BCP(事業継続計画)

平野喜久 ひらのよしひさ
中小企業診断士
上級リスクコンサルタント
企業のリスクマネジメント、BCP(事業継続計画)の策定支援をテーマに、講演、教材開発、訓練プログラムの企画・制作などを行い、特に中小企業向けBCP支援の指導実績はトップクラス。BCPを単なる防災の話で終わらせず、経営的な視点から企業価値を向上させるツールとして取り組むことを提唱している。
【ここがオススメ!】 新型コロナウィルスの猛威から会社を守るためには、BCP(事業継続計画)が必須です。BCPは大企業のためのものでは決してありません。私が実際に中小企業の支援を通して獲得した知見をもとに、コロナ危機を含め、将来起こりうる危機を乗り越える力をつけていただきます。

新型コロナウィルスの猛威から会社を守るためには、BCP(事業継続計画)が必須です。BCPは大企業のためのものでは決してありません。私が実際に中小企業の支援を通して獲得した知見をもとに、コロナ危機を含め… (続きを読む)

新型コロナウィルス対策に関して
(住民・企業・自治体や関係機関向け)

古本尚樹 ふるもとなおき
防災・危機管理研究機構 上席研究主幹

新型コロナウィルスに関する対策、今後の見通し、企業への影響、従業員やその家族への対策、マスク不足等物資不足など総合的に研究(博士【医学】)。住民、企業、自治体など関係機関等対策に総合的な解説を行う。また、地域総合防災分野における関係機関等への自然災害対策も専門分野である。
【ここがオススメ!】 医学博士として各種感染症対策、新型コロナウィルス対策を総合的に研究分析しています。
例えば、感染症予防、企業と新型コロナウィルスの影響、今後の見通し、マスク不足など物流の背景と原因、企業従業員や家族への対策など皆様の聞きたい、知りたい内容、ニーズに合わせてやさしくわかりやすく解説します。またわかりにくい用語の解説も並行して行います。

医学博士として各種感染症対策、新型コロナウィルス対策を総合的に研究分析しています。 例えば、感染症予防、企業と新型コロナウィルスの影響、今後の見通し、マスク不足など物流の背景と原因、企業従業員や家族へ… (続きを読む)

コロナ禍後に生き残るための建設・建築業界の営業手法とは
~ひとり親方や個人経営の建設・建築業の生き残る術~

齋藤進一 さいとうしんいち
介護福祉建築家
やすらぎ介護福祉設計 代表
大手ゼネコンやハウスメーカー系工務店(設計施工管理)を経て、やすらぎ介護福祉設計(一級建築士事務所)創業。個々の障がいの症状に合わせた住宅改修、社会福祉士としてユニバーサルな視点でのバリアフリー設計等に定評がある。「建築と福祉」「防犯に優れた住宅」「老後の住まい」等の講演多数。
【ここがオススメ!】 今までの建設業界は、ハウスメーカーや工務店が仕事をとり、専門職種を協力業者に発注するスタイルが一般的でした。
消費税増税やコロナ禍の影響で全国的に新築着工率が下がり、親会社からの仕事を見込めなくなる小さな会社が増えると言われています。
仕事を待つのではなく自分たちが様々なツールを利用し直接お客様から受注するノウハウをお伝えいたします。

今までの建設業界は、ハウスメーカーや工務店が仕事をとり、専門職種を協力業者に発注するスタイルが一般的でした。  消費税増税やコロナ禍の影響で全国的に新築着工率が下がり、親会社からの仕事を見込めなくなる… (続きを読む)

コロナ禍におけるストレスケア

石上友梨 いしかみゆり
臨床心理士、公認心理師、ヨガインストラクター

警視庁に心理技術職員として入庁。職員のメンタルヘルス管理、心理カウンセリングなどを経験。その後、インド・ネパールへ留学し、ヨガや瞑想を学びヨガの資格取得。現在は行政機関や医療機関などで、認知行動療法をベースとした心理カウンセリング、就労移行機関などで講師をしている。
【ここがオススメ!】 警視庁に心理技術職員として入庁。職員のメンタルヘルス管理の経験を持つ臨床心理士。ストレスの原因、具体的な対策をアドバイス致します。
適切なストレス対処法を取得し、コロナ禍でもメンタルヘルスの健康を維持していきましょう。 ・ストレスとは ・コロナ禍とストレス ・ストレス時の反応 ・適切なストレス対処法とは ・呼吸法(ワーク) ・椅子… (続きを読む)