女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(女性活躍推進法)が平成27年8月28日に国会で成立しました。これにより女性の活躍推進に向けた数値目標を盛り込んだ行動計画の策定・公表が義務付けられました。
 女性が活躍する職場をイメージすると、セクハラは、もちろんパワハラなど性別などに関わらず、いじめがない組織、個人が尊重され、その実力を発揮するすることができる組織とということになるのではないでしょうか。
 
 現在、各企業におけるセクシュアルハラスメントに対する意識は、徐々に高まりつつあると言われていますが、弁護士の加藤美香保先生によると、公的機関に寄せられる相談件数からすれば、未だに多くの従業員がセクハラの被害で苦しんでいるとのことです。
 またセクハラ、パワハラの問題を放置することは、従業員のモチベーションを下げたり、メンタルヘルスの問題を生じさせるなどの弊害を引き起こすことはもちろんのこと、企業としてもその責任を問われる事態となります。

 弊社では、加藤先生をはじめとして、パワハラ、セクハラに関する研修を多くご紹介しており、お客様の課題、悩みの解決のお手伝いをしてまいりました。
 研修のなかでは、管理職の方々に限らず、例えば「同僚とのプライベートの会話の内容ってどこまでOK?」「女性の先輩社員が、女性の後輩社員に、幹部の方々へお酌をするように促すのはOK?」「指導とパワハラの違いは?」といった日々の職場のコミュニケーションや食事の機会における質問にも多くお答えしています。
 ぜひこれからの研修計画に加えていただきたい内容です。

職場のいじめ・パワーハラスメント対策
~快適な職場を保つために~

加藤美香保 かとうみかほ
弁護士
千葉商科大学大学院客員准教授
いかなる内容のセミナー・研修でも、「難しいことを簡単な言葉で」「聴講者との共感を大切に」がモットー。弁護士として、数多くの交渉・クレーム処理の経験から、具体的なクレーム解決策を伝授。また事業承継や職場のセクハラ、パワハラ、いじめ問題にも取り組み、全国各地の講演で好評を博す。

パワーハラスメントは、当事者のみならず企業にとっても重大な危険を生じさせる問題であるにも関わらず、当事者には「加害者意識」が欠如している場合がほとんどです。 セミナーにおいては、裁判等で争われた例を紹… (続きを読む)

職場のリスクマネジメント
~セクハラ・パワハラ防止について考えてみよう

藤原寛子 ふじわらひろこ
社会保険労務士
キャリアカウンセラー
セクハラ・パワハラ研修講師
心理学を応用し、イキイキと働きやすい職場づくりを支援するセクハラ・パワハラ防止研修講師。研修を通じて働きやすい職場づくり、やる気アップ、生産性向上を支援。また、「女性のためのチャレンジ相談員」として様々なカウンセリングのキャリアを積み、豊富な事例と実践参加型ワークショップが特徴。

男女雇用機会均等法では、企業にセクハラ防止義務を課しています。またパワハラについては、訴訟で争うことが多くなっています。企業のリスクマネジメントや従業員の生産性にも大きく影響してきます。  セクハラや… (続きを読む)

管理職のためのセクハラ・パワハラ対応と予防のポイント

吉川直子 よしかわなおこ
コーチ型人材コンサルタント
社会保険労務士
社会保険労務士とコーチとしての実績から、中小企業の現場を知り尽くした上での人材活用法には定評があり、部下に対する具体的なコミュニケーションのアドバイスに強みを持つ。講師ではなく、同じ目線で話ができる、話しやすい存在としての講演を心がけている。

現在では、ハラスメント対策を行うことは、企業の義務となり、万が一対応策を怠ると会社名が公表されたり、損害賠償請求をされたりと企業にとってのリスクも高い問題です。特に職場の管理職には、ハラスメントが起き… (続きを読む)

事例から学ぶ「女性活躍推進法」と「パワハラ・セクハラ・マタハラ」対策

大﨑美生 おおさきみお
弁護士

「依頼者と信頼できるパートナーでありたい」を旨とし、依頼者が抱える問題に迅速・誠実に向き合うことで信頼を得、企業から個人まで幅広い層から多くの依頼が寄せられる。依頼者のビジネス・ライフスタイルを強力にサポート。セミナーの講師も務め、実績に基づくテーマやユニークなアイデアが好評。

女性の活躍推進法が成立し,これまで以上に企業は女性の働きやすさのための職場環境の改善が求められることになりました。 そこで,女性の活躍推進法の概要,女性の働きやすさのための具体的取り組みを紹介するとと… (続きを読む)