「健康経営」というコンセプトをご存知でしょうか?
もとはアメリカの経営学者が提唱したことですが、既に日本でもメジャーなコンセプトになっています。

従業員の健康を企業として配慮することは単なる福利厚生的視点ではなく、経営視点において従業員の健康管理に投資することで、生産性向上、組織活性化につながり、結果、業績向上するとい考えです。

当社では健康管理に対して多様なジャンルの専門性を有する講師を揃えております。
下記に一部の講師をご紹介いたしますが、ご要望に応じて適切な講師、プランをご提案いたしますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

働くオトコの
太らない、疲れない 3つの健康習慣

水野雅浩 みずのまさひろ
仕事の成果を底上げする
健康習慣アドバイザー
健康マネジメントスクール主宰
香港アメリカなど海外勤務で知った、世界のビジネスエリートが取りくむ仕事のパフォーマンスを向上させる「健康マネジメント」を紹介。食事、運動、睡眠、ストレスケアを中心とした明日から実践でき効果が実感できる健康習慣に定評がある。

ゴールは・・・「仕事の成果を『底上げ』する、健康習慣」を身に付けること。  男性のビジネスマンの皆様、同セミナーをこのようにとらえてみてください。 「高い仕事の成果は、心技体によって支えられている」。… (続きを読む)

生活習慣病予防に健診を徹底的に活用しよう

久田直子 ひさだなおこ
元NHK「きょうの健康」キャスター
NHK「TVシンポジウム」医療シンポジウム司会
NHK Eテレの健康情報番組「きょうの健康」司会を15年間続けてきました。話を聞いた医師、医療、介護関係者700人以上。生活習慣病、認知症、がん、女性の健康、高齢者の食事と運動、セカンドオピニオンの取り方や医師からの話の聞き方、医療情報の取り方など、幅広いテーマでお話しできます。

健康診断の数値、ただ基準値と比べて一喜一憂するだけではもったいない。少し知識を持つだけで数値の持つ意味は変わってくる。キーワードは、血管の状態だ。 毎年受ける職場の検診こそ、体の変化を知るのに最適。 … (続きを読む)

生活習慣病と運動の役割

森谷敏夫 もりたにとしお
京都大学名誉教授
株式会社運動医科学研究所 所長
生活習慣病予防には運動が不可欠であると説き、正しい有酸素運動の実践を奨励する気鋭のスポーツ医学者。自身も毎日8Kのジョギングを日課とし、年齢60代にして未だ30代の肉体を誇る偉丈夫。
その講義は実践的かつ楽しいと大評判で、「現役学生2000人が選んだ面白い講義」にも選ばれるほど。


◆著書『からだと心の健康づくり -運動療法-』(中災防新書)より 生活習慣病は加齢のみによって発病するのではなく、運動不足や食生活にも大きく関係している。生活習慣病を予防・改善するための「積極的な健康… (続きを読む)

歩いて防ごう!メタボリックシンドローム

岡本香代子 おかもとかよこ
歩行研究者・医学博士
京都大学非常勤講師
「元気に歩いてのばそう健康寿命!」を信念に、歩行の研究・開発を続ける医学博士。歩行と日常動作を科学的に分析し、講演・教育・出版活動を通して、世界的な研究成果をよりわかりやすく伝える。時代のニーズと対象者に合わせた参加型の「健康・ウォーキング講演会」は全国各地で大好評。

メタボリックシンドロームを予防するには、いつでも気軽にできる「ウォーキング」が効果的です。あなたの生活習慣は大丈夫ですか? 内臓脂肪は大丈夫ですか? 今なら間に合います。少し意識して、日常生活に無理な… (続きを読む)

今日からスタート!
~ストレスに負けない心と体のつくり方~

杉山仁美 すぎやまひとみ
ヘルスボディーアドバイザー
チャイルドコーチングアドバイザー
ストレスフリーコミュニケーションアドバイザー
4歳よりダンスを始める。高校時代ダンス、カラーガードで全国5位に。その後、大阪芸術大学舞台芸術学科ミュージカルコース進学。信念は「好きなことが出来るのも、健康な体があってこそ」全国各地で講演会活動を行い、トータル的な体づくりを提案。キッズダンススクールは月間のべ700人が受講。

人それぞれ性格が違えば、感じるストレスも違います。 ご自身を知って頂き、どんなストレスを受けやすいか見えてくると、今後の生活に生かすことが出来ます。 「今日からスタート出来る」という部分にポイントを置… (続きを読む)

強くてハッピーなチームをつくる
メンタルヘルス&コミュニケーション

晴香葉子 はるかようこ
作家・心理学者・心理コンサルタント
早稲田大学オープンカレッジ講師
テレビなどのメディア出演、著書も多数の人気心理学者。最新の情報を盛り込んだ今すぐに役立つ実践的な講演が好評。親しみやすいあたたかな人柄と、心理学、コミュニケーション学、メンタルヘルスに関する確かな実力、また、上品かつユーモアのある語り口に高い評価が集まっている。

よかれと思ってとった行動が裏目に出てしまった、という経験はありませんか?上司、部下、同僚、家族、仲間…距離が近ければ近いほど、このようなコミュニケーションギャップが起こりがちです。同じことも伝え方ひと… (続きを読む)

~見た目、体力、脳、気持ちが若返る!~
トップアスリートに学ぶスポーツ健康法

湯浅景元 ゆあさかげもと
中京大学スポーツ科学部教授
中京大学大学院体育学研究科教授
中京大学体育学部卒業後、東京教育大学(現・筑波大学)大学院体育学研究科修士課程修了。東京医科大学で学び、医学博士でもある。中京大学スケート部部長として、所属していた浅田真央、小塚崇彦選手らの教育にもあたってきた。ハンマー投げ金メダリスト室伏広治選手は湯浅ゼミの出身者。

●年齢に応じた体づくり ~大人のためのストレッチ作法~  ●肥満を防ぐ ~メタボ対策にはウォーミング~  ●「脳&心年齢」を若返らせる ~マイペースでストレスレス~  ●体は足から老化する  ●健康的… (続きを読む)

生活習慣病と食生活
~食生活が楽しいと人生が100倍楽しい!~

浅野まみこ あさのまみこ
管理栄養士
健康運動指導士
株式会社エビータ代表取締役
「食生活が楽しいと人生が100倍楽しい!」をモットーに活動。総合病院、女性クリニック、企業カウンセリングにて糖尿病の行動変容理論をベースに1万8千人以上の栄養相談を実施。その経験を生かし、現在は、食育活動やレシピ開発、食のコンサルティングをはじめ講演、イベントなど多方面で活躍中。

メタボリックをはじめ、生活習慣病の基本から食生活をアドバイスするベーシックなセミナー。 カラダは毎日の食生活で作られています。 日頃から食生活を意識するかしないかで%

タバコ・喫煙者対策を成功させる方法

平井孝幸 ひらいたかゆき
健康経営アドバイザー
働き方改革実践者
DeNA CHO室 室長代理。2016年1月CHO室を立ち上げる。多岐に渡る健康取組みや人事、総務、産業医との連携が評価され、健康経営優良法人2017を取得。また、渋谷区の企業との取組みが経済産業省採択事業となる。健康経営を日本企業の文化にするための活動も行う。

喫煙者の生産性を下げることなく、ストレスなるべく少なく禁煙取組みを成功させる方法について ・健康経営とは?  ・DeNA社での禁煙取組みについて  ・各社で禁煙取組みを成功させる方法  ・スムーズに進… (続きを読む)