パワーハラスメントと言われるのを恐れて叱れない管理職が増えているそうです。

某製造業の管理職のリーダーシップ研修で出た課題で
「若手部下の将来のために真剣に注意をしたらパワハラと言われた・・・」
「現場での事故につながるような危険な行為があったので厳しく叱るとパワハラと噂がでた・・・」
等々の管理職の悩みがありました。

「中堅になった時に苦労させたくなかった」「怪我をさせたくなかった」・・・
その想いが伝わらなかった原因は何でしょうか?
叱り方がうまくなかったのか、現代の若者にあっていなかったのかもしれません。

確かに叱り方を体系的に学習する機会はあまりないでしょう。
自分が部下だったときの上司をモデルにすると時代遅れかもしれません。
かといってまったく叱らないのは部下のためにもなりません。

そこでご提案するのが「アンガーマネジメントの観点から捉えたパワハラにならない、とられない叱り方」です。是非、管理職研修の1プログラムとして加わることをお勧めします。

アンガーマネジメントの観点から捉えた
パワハラにならない、パワハラにとられない叱り方

松尾久美子 まつおくみこ
色コミコンサルタント/人財カラーアドバイザー
アンガーマネジメントファシリテーター™
メンタルヘルスアドバイザー
大手鉄道会社の労働組合でOL経験を経て独立。心を病みながらも仕事をする人たちを見て、雇用する側される側双方が幸せに働くには各個人の気質や才能を活かした仕事をすることだと思い立ち、心理学や色彩学を習得。現在は、アンガーマネジメントや独自の色彩を活用したメソッドで、様々な研修・講演を展開。


■想定する対象者

部下との信頼関係を築きたい管理職
叱り方に悩む管理職

■提供する価値・伝えたい事

職場におけるメンタルヘルス対策は企業における必須課題となりました。
リスクマネジメントや生産性向上、更にはCSRなどの観点からもその必要性は益々高まる一方です。
職場リーダー、責任者に求められることは部下のメンタルヘルス対策です。
そこで問われるのが「部下との信頼関係」です。
部下を指導する際、感情に任せて怒鳴ってしまった経験はありませんか?
普段から怒りを爆発させすぎて、部下から恐れられていませんか?
部下から信頼されるための正しい叱り方を本講座でお伝えします。
正しく叱ることで、関係が良好になるだけでなく部下が育っていきます。
メンタルヘルスの視点やアンガーマネジメントの観点から捉えた叱り方講座。
日頃の関係構築にお役立てください。

■内容

1.現状確認
・今の自分・現在の問題を振り返る・・・ワークで自分の課題を振り返る
・メンタル不調の最近の傾向・・・【講義】
・パワハラとは・・・【講義】
・パワハラが与える影響と怒りの感情が及ぼす業務への影響・・・【講義】

2.自己分析
・自分の怒りを思い出す・・・【ワーク】アンガーログで振り返る
・自分の怒りの癖を知る・・・【ワーク】怒りのパターンに気づく

3.怒りについて・・・【講義】
・アンガーマネジメントとは
・怒りが生まれるステップ
・怒りの性質
・怒りの感情の伝え方

4.タイプ別怒りポイント・・・【自己分析】
・タイプ別の性格・怒りポイント
・イライラの原因を分析

5.叱ると怒る
・叱ると怒るの目的の違い・・・【講義】
・叱られ体験、怒り体験・・・【ワーク】叱られ体験の振り返りから良い叱り方と悪い叱り方を考える

6.正しい叱り方・・・【講義】
・脳科学から説明する人の行動の原理原則
・やってはいけない叱り方・正しい叱り方
・叱る前の必要準備
・叱る際のNGとOKポイント

7.実践~正しい叱り方~・・・【演習】
・ケーススタディで実践し正しい叱り方をマスター

8.まとめ&行動宣言
具体的行動の発表

■根拠・関連する活動歴

【主な研修・講演・講義実績】
住宅関連機器製造販売会社、住宅メーカー、プラント設計会社、不動産販売会社、不動産賃貸・紹介会社、機械用品卸売会社、金物工具商社、HP制作会社、金属加工会社、事務用品メーカー、人材派遣会社、人材紹介会社、生命保険会社、ソフトウエア開発販売会社、道路建設会社、総合建設会社、結婚相談所百貨店、青年会議所、労働局、商工会議所、教育委員会、他公的・私的団体 
教育機関(非常勤講師)
同志社大学/立命館大学/近畿大学/関西大学/大阪工業大学/関西外国語大学/大阪薬科大学/京都文教大学/神戸学院大学/神戸女子大学/摂南大学/他多数 関西一円の大学、専門学校