あいさつで必ずと言っていいほど話題にのぼる「お天気」。実は、ビジネスと気象は密接な関係にあるのです!人気のキャスターから、天気からみる安全まで「お天気」をキーワードにご紹介いたします。

異常気象と環境破壊

森田正光 もりたまさみつ
お天気キャスター・気象予報士

(財)日本気象協会を経て、1992年日本初フリーのお天気キャスターとなる。親しみやすいキャラクターと個性的な気象解説で人気を集め、2010年以後、環境省が結成した生物多様性に関する広報組織「地球いきもの応援団」のメンバーとして活動。環境問題や異常気象についての分析にも定評がある。
【ここがオススメ!】 1992年日本初フリーのお天気キャスター。親しみやすいキャラクターと個性的な気象解説で人気を集めています!

空を見よう

石原良純 いしはらよしずみ
俳優
気象予報士
舞台・映画・テレビドラマ・バラエティーにと意欲的に活動する一方、1996年に気象予報士の資格を取得し、ウェザーキャスターとしても活躍する。著書『石原家の人びと』『石原良純のこんなに楽しい気象予報士』等を出版。官公庁・地方自治体の環境講演会、シンポジウムも多数。
【ここがオススメ!】 舞台・映画・テレビドラマ・バラエティーにと意欲的に活動する一方、1996年に気象予報士の資格を取得し、ウェザーキャスターとしても活躍中!

地球温暖化と私たちのくらし

飯島 希 いいじまほまれ
気象予報士・環境カウンセラー・防災士
元 NHK気象キャスター
気象キャスターとしてNHKに出演し、気象以外に環境の情報も伝える。現在は、AMラジオニッポン放送にてエコドライブ情報のオンエア原稿を提供のほか、保育園児や市民を対象とした環境に関する講演を行っている。また、2014年に防災士の資格を取得し、防災意識啓発の活動にも力を注いでいる。
【ここがオススメ!】 「地球温暖化の解決のために自分は何ができるのか」自身のエコライフを具体例として、一人一人がどう行動すればよいのか、参考になるお話です。

正木明の安全天気予報
~天気予報の正しい見方、使い方~

正木 明 まさきあきら
気象予報士・防災士

朝日放送「おはようコールABC」「おはよう朝日です」の“正木さんのお天気です”でおなじみの気象予報士。気象予報士・防災士等の知識と経験を生かし、環境問題や防災・健康等身近な生活環境問題にも目を向け活動。また、最近は父親の立場から「イクメン」についても研究中。
【ここがオススメ!】 突風(竜巻)やゲリラ豪雨、鉄砲水等、判断の遅れで人命を奪うケースが後を絶ちません。過去の自然災害の事例や天気図を元にその背景にある気象情報を解説!素朴な質問にも答えます。

気象予報士 蓬莱大介と学ぶ
気象災害から身を守るために

蓬莱大介 ほうらいだいすけ
気象予報士・防災士

読売テレビ「情報ライブ!ミヤネ屋」「かんさい情報ネット ten.」でお天気キャスターを担当。自らのイラストで伝えるスケッチ予報が子どもから大人まで人気を集めている。現在は気象予報士・防災士として活動する傍ら、“気象災害から身を守るために”などをテーマに講演活動も行っている。
【ここがオススメ!】 子どもたちにもわかりやすくと、天気のポイントをイラストにする「スケッチ予報」を描き、その数は約1000枚。日々試行錯誤する人気のお天気お兄さんです。

上原みなみの「女心と春の空」

上原みなみ うえはらみなみ
元 神戸市会議員
気象予報士
サンTV「ニュースEyeランド」でお天気キャスターを務める(2001~07年)。気象予報士として、パネルディスカッションへの参加や、地球温暖化防止や環境問題に関する講演、小学校等で天気にまつわる話を分かりやすく解説。2011〜2015年 神戸市会議員。現在、(株)みなみかぜ代表取締役を務める。
【ここがオススメ!】 “春の空”も“秋の空”も変わりやすく、移り気な人の心にたとえられます。春の後は梅雨、心変わりすると涙もろくなる女性は春の空(4月)にたとえられ、一方冷たくなる男性は冬の空を控える秋の空にたとえられることが多いのです。面白い気象四方山話をたくさん披露します。