タイムリーな社会問題や注目されている話題を踏まえたうえ、これからの日本社会の行く末について、豊富な経験を活かし、提言・分析が出来る講師をおまとめしました。先が見えない、と言われるこの時代に、講師の知恵を参考にしてみませんか。

この国の行方

櫻井よしこ さくらいよしこ
ジャーナリスト

国内外での強い人脈と情報ネットをもち、激動を続ける国際情勢・動向を分析、その確かな洞察力・先見性に定評があるジャーナリスト。常に日本と外国との接点に身を置き、世界の中における日本の立場や果たすべき役割など、様々な問題点や課題について提唱や提言を続けている。
【ここがオススメ!】 今この日本で何が起き、行われようとしているのか。私たちはどう行動していくべきか。

報道から見た日本

辛坊治郎 しんぼうじろう
元 読売テレビ解説委員長
大阪綜合研究所代表
早稲田大学法学部卒業後、読売テレビ放送(株)入社。報道局情報番組部長、読売テレビ解説委員長を経て、現在はシンクタンク株式会社大阪綜合研究所代表。また、「ウェークアップ!ぷらす」「朝生ワイド す・またん!」のメインキャスターを務めるなど多方面で活躍。
【ここがオススメ!】 お話し振りもよく、タイムリーな内容の講演が大好評!

時代をよむ

田原総一朗 たはらそういちろう
評論家・ジャーナリスト

1934年滋賀県彦根市生まれ。早稲田大学文学部卒業。岩波映画製作所 テレビ東京を経て、1977年フリーに。現在は、政治・経済・メディア・コンピュータなど、時代の最先端の問題をとらえ、活字と放送の両メディアにわたり精力的な評論活動を続けている。
【ここがオススメ!】 テレビ朝日系『朝まで生テレビ』でおなじみ。今の世をいかに捉えるか。

日本再生始まる

金 美齢 きんびれい
評論家
前 台湾総統府国策顧問
1934年台湾・台北にて出生。59年に留学生として来日、71年早稲田大学大学院文学研究科博士課程修了。ケンブリッジ大学客員研究員などを経て、88年から2000年まで柴永国際学園JET日本語学校校長、2014年3月まで理事長を務める。現在、評論家として各種メディアにおいて活躍。

著書『政治家の品格、有権者の品格』(08年8月 ゴマブックス)より 今、日本の危機に対応するには、本当の意味で日本の将来にわたる国益を第一に考え、その信念を国政の場で実践できる品格ある政治家が不可欠で… (続きを読む)

どうなる!?これからの日本経済

宮崎哲弥 みやざきてつや
評論家

政治哲学、宗教論、サブカルチャー分析を主軸とした評論活動をテレビ、新聞、雑誌などで展開する評論家。ABCテレビ「ビートたけしのTVタックル」、読売テレビ「そこまで言って委員会NP」などのテレビ番組にも数多く出演している。

これからの日本はどうなるのか。様々なメディアで活躍の宮崎哲弥氏がお話しします。 政治・経済・社会問題等、幅広く対応致します。  内容紹介一例  ~2014年某金融機関主催  「トークショー どうなる!… (続きを読む)

現代社会の生き方

大谷昭宏 おおたにあきひろ
ジャーナリスト

教育、少年問題、事件など、現場に足を運ぶ社会派ジャーナリスト。
1968年 早稲田大学政経学部卒業後、読売新聞大阪本社入社。社会部記者として、朝刊社会面コラム「窓」欄を7年にわたって担当。1987年、大阪に個人事務所を設立し、ジャーナリズム活動を展開する。


著書『法か、掟か 「私」を「国家」に委託しない生き方(宮崎学氏との共著)』(08年3月ゴマブックス)より 官僚とマスコミの嘘に騙されるな!事件記者が暴く偽装騒ぎの裏で進行するこの国の本当の危機。 著書… (続きを読む)

21世紀の切り札はCSR
~企業の社会的責任~

末吉竹二郎 すえよしたけじろう
国際金融アナリスト

「地球環境を経営戦略に入れない企業は淘汰される」と説き、金融と環境問題をテーマに、テレビ出演や講演活動を行う。国連環境計画・金融イニシアチブ(UNEP-FI)の特別顧問を務め、日本と欧米の金融機関の現状に精通。環境問題やCSR(企業の社会的責任)について鋭い提言を行う。

金融と環境問題をテーマに、テレビ出演や講演活動を行ってきた国連環境計画・金融イニシアチブ(UNEP-FI)の特別顧問が環境問題やCSRについて鋭い提言を行います。 (続きを読む)

この国のゆくえ

猪瀬直樹 いのせなおき
作家

どうしたら日本を元気にできるか

大宅映子 おおやえいこ
評論家・公益財団法人大宅壮一文庫理事長


マスコミ活動を経て、国際問題・国内政治経済から食文化・子育てまで守備範囲広く活躍する大宅映子氏が、これからの日本、そして日本人の在るべき姿について提言します。 (続きを読む)

人口減少時代の社会・経済・企業経営
~縮む社会では何が起こり、何が変わるのか~

松谷明彦 まつたにあきひこ
政策研究大学院大学 名誉教授
国際都市研究学院 理事長
「人口減少社会」のあり方を研究する。講演では、「人口減少高齢化は明治維新、敗戦にも匹敵する大きな環境変化」との基本認識を踏まえ、人口の減少・高齢化による日本の経済社会の変化、明るい未来への期待、年金・財政問題などを分かり易く説き起こし、非常に人気が高い。

人口減少社会の意味するもの。それは大都市の破綻である。このままいけば、大都市経済は人が住むのに不適となり、巨大な深層崩壊が日本全体に起こる。 国際化、ビジネスモデルの転換、財政政策の転換、人生の再設計… (続きを読む)