地方経済の動向が、中小企業に与える影響はどうなるのかという点をお伝えする講演です。支店長、地域を担う中小企業経営者必聴の講演です。新春講演会にお薦めです。他に国際経済、日本経済など講師の得意分野、お客様のご希望にあわせてご提案致しますので、ぜひ一度、弊社の専任コンサルタントにお問い合わせください。

どげんかせんといかん!この日本!

東国原英夫 ひがしこくばるひでお
元宮崎県知事/前衆議院議員

宮崎県知事就任後は、独自の感性と行動力で宮崎県勢の発展に尽力し、常に地方の代表として全国に情報を発信し続け、数々の賞を受賞、改革派の知事として高い評価を得た。その後、宮崎県知事を1期にて退任し、国政に進出。2013年12月に衆議院議員を辞職。現在はメディアや政治行政の場で活躍。

宮崎県知事選挙に立候補後、無所属での選挙、就任直前の鳥インフルエンザ問題、オール野党の議会、2010年の口蹄疫問題等、様々なピンチを乗り越えた東国原知事。 様々な経験で得た生き方・考え方を軸に企業を引… (続きを読む)

地域主権と地方経済

北川正恭 きたがわまさやす
早稲田大学名誉教授
早稲田大学マニフェスト研究所顧問
達成目標、手段、財源を住民に約束する「マニフェスト」の提唱者。三重県議会議員(3期連続)、衆議院議員(4期連続)を務める。1995年には三重県知事に当選(2期連続)。現在、早稲田大学名誉教授、早稲田大学マニフェスト研究所 顧問​、「新しい日本をつくる国民会議」(21世紀臨調) 代表を務める。

【行政経営改革入門―経営品質の活用と地域経営 2006/2岡本 正耿 (共著)より】 「管理」から「経営」へのパラダイム転換。住民本位・住民主体の地方行政確立に向けた取り組みをいかに進めるか。経営品質… (続きを読む)

地方の再生と日本の将来

片山善博 かたやまよしひろ
慶應義塾大学法学部教授

東京大学法学部卒業後、自治省に入省。自治省国際交流企画官、同省固定資産税課長などを経て、1999年 鳥取県知事当選、2003年 鳥取県知事再選、2007年任期満了に伴い退任、同年 慶應義塾大学大学教授に就任。2010年9月から2011年9月まで総務大臣を務め、同月 慶應義塾大学に復職。

総務大臣や鳥取県知事などを務めた豊富な経験から、国の政治のあり方や地方自治、教育問題などについて語る。 ・現政権の是非 ・鳥取県知事時代 ・国政の現場とは ・予算の理不尽さ ・地震の対策 ・メンタルヘ… (続きを読む)

橋本大二郎 はしもとだいじろう
前 高知県知事

2007年、任期満了に伴い高知県知事(4期5選16年)を退任。国が地方の隅々にまで目を配る中央集権型の体制を改め、財源と権限の移譲を受けた地方が、自らの知恵と努力と責任で将来を決めていけるような「地域自立型の国づくり」を目指す。現在、テレビ朝日「ワイド!スクランブル」のキャスターを務める。

地方から日本が変わる

浅野史郎 あさのしろう
神奈川大学特別招聘教授

厚生省時代の経験から、障害福祉をはじめ、福祉、年金、介護問題等、啓発・改善に取り組んでいる。
知事時代は、情報公開度日本一にランクされる透明性の高い県政の実現や、一般競争入札導入で、公共事業における談合体質の一掃に尽力し“改革派知事”と称される。地方自治改革の第一人者。


地方創生を是非とも実現したいのは、地方自身であり、地方創生を担うのは地方自身である。 主役はその地域自身であることを忘れてはならない。 地域としていかに考え、成すべきか。考えるきっかけとしてもらいたい… (続きを読む)

今後の日本経済と地域経済の展望
~今、地方と中小企業は何をなすべきか!~

黒崎 誠 くろさきまこと
帝京大学経済学部地域経済学科教授
元 時事通信社解説委員
記者として、長年にわたって国内外のニュースを取材。その豊富な情報と体験に基づき、経済情勢や起業・第二創業の事例を数多く持つジャーナリスト。中でも、様々な取材で知り得た経営者心理からの実践的アドバイスには定評がある。『世界に冠たる中小企業』など著書多数。

サブプライムローン問題に端を発し、激動の世界経済。 日本経済の実力が問われている。 世界経済から見た日本の経済界を鋭く読み解く。  国内においては、地域格差の問題が拡大化の一途。 今、地方と中小企業は… (続きを読む)

地域再生へのシナリオ

若泉征三 わかいずみせいぞう
元 財務大臣政務官
まちづくりトータルプランナー
1983年 全国最年少の37歳で福井県今立町長に初当選。「歩き回る町長走り回る町長」を公約にユニークな町づくりを推進する。今立町議会議員を経て町長に就任。4選を果たし、99年5月に16年にわたる任期の満了にともない町長を退任。2009年~2012年まで衆議院議員。

合併後の地域づくりをどうするか?合併はしたが、失ったものが多いのでは何もなりません。合併により市町村が崩壊しないように、地方から国を変えていかなければなりません。 1.アベノミクスで成果は出たのか? … (続きを読む)

中小企業・地域経済再生の成否を分けるキーポイント
地域に眠る地財発掘 「知財」ではなく「地財」という視点

大西正曹 おおにしまさとも
関西大学名誉教授
関西大学 社会連携部 産学官連携コーディネーター
“まいど教授”こと関西大学の大西正曹です!長年「まいどまいど」と至る所に出没し多くの中小企業を訪問、経営者から「まいど教授」「宅急便教授」の呼称で親しまれています。中小企業活性化や地域活性化に、現場の実情を踏まえた提言・助言で尽力中。多数の講演・新聞・雑誌・テレビ出演をこなす。

地場産業の再生の要点は、いかにして異なった地域と交流するか。具体的な成功事例をもとに講演。 ●「地財(ちざい)」とは何か。  ある特定の地域や産業・業界、さらには一私企業の中に眠っている技術やノウハウ… (続きを読む)

日本の未来と地方の行方

萩谷 順 はぎたにじゅん
法政大学教授 
ジャーナリスト
朝日新聞記者として、国内政治を取材。カイロ、ウィーン、ボンの特派員を歴任。湾岸戦争やユーゴスラビア内戦を取材してきた幅広い分析力を背景に、「ニュースステーション」コメンテーターなどテレビでの経験を持つ。多面的な分析力を背景に、わかりやすく世界と日本を解説することで知られる。

揺れ動く日本社会のこれからを考える! ジャーナリストの経験を通して身につけた多面的な分析力を背景に、 日本の未来、地方の行方について展望します。 (続きを読む)