防災対策は天災だけに限りません!近年注目のサイバー犯罪はじめ、企業を狙った犯罪の被害額は膨大。企業の信用問題にも影響を及ぼしています。かけがえのない命、大切な会社・社員を守るために、正しい知識と危機意識を経営者の皆様から啓発しましょう!

~東日本大震災に学ぶ~
事業継続計画(BCP)の策定による大規模災害への対応

赤堀三代治 あかほりみよじ
リスクアドバイザー
コンプライアンスアドバイザー
信州大学農学部卒業後、JAグループ組織にて勤務。在職中は不祥事対応チームリーダーとして所轄官庁業務改善命令等の対応を経験。講演・研修では、具体的事例を基に、ワークショプ手法による参加者の気づきを促す内容に定評があります。
【ここがオススメ!】 東日本大震災による被害状況・対応状況を教訓に、今後発生が予測される大規模地震(東海・東南海・南海、南海トラフ、首都直下等)にどう備えるか、事業継続(BCP)への備えをどうするのか、概要をお話いたします。

実践的 防災・危機管理講座

山村武彦 やまむらたけひこ
防災・危機管理アドバイザー

実践的防災・危機管理対策の第一人者。2,000回を超える防災・危機管理講演を行い、防災・危機管理意識啓発に活躍中。行政、企業、地域、団体への講演、防災・危機管理マニュアルやBCP(事業継続計画)などの監修、策定に多数参画。防災システム研究所所長。
【ここがオススメ!】 大震災も災害事例のひとつでしかありません。間違いだらけの防災対策では被害を軽減することはできません。差悪に備え、実践的防災・危機管理対策が重要です。

東北太平洋沖地震から学ぶ防災対策

国崎信江 くにざきのぶえ
危機管理アドバイザー

女性として、また生活者の視点で防災・防犯対策問題に取組む危機管理アドバイザー。子を持つ親として、既存の防災対策マニュアルの問題点を探り、独自の対策方法を構築。また、防犯については不審者対策に研究の幅を広げ、教職員・保護者・子ども等、対象者に合わせた教育プログラムを提唱している。
【ここがオススメ!】 「大地震が起きたら、何をしても無駄」と思っていませんか?しっかり備えれば家族の命を守ったり、被害を軽減したりすることは可能です。できることから少しずつ防災対策を始めましょう。東北太平洋沖地震の現地活動を中心にお話されます。

災害への備えと一緒に、部下や妻との関係改善に役立つ『リスクコミュニケーション』

中井佳絵 なかいよしえ
防災・減災セミナー講師
防災士アナ/防女レーヌ
大学卒業後、フリーアナウンサーとして活躍。その後、法政大学大学院政策創造研究科修了を経て、模型や映像を使った災害メカニズムの解説、いざという時の知恵、地域文化と減災など、「防災減災を分かりやすく伝える講師」として多方面に活躍中。
【ここがオススメ!】 防災・減災は、面倒なコストではなく、価値あるコミュニケーションを得ることができる!ということ。リスクの意味を再認識し、リスクコミュニケーションの概念から、そのスキルを実際に役立たせる方法についてもお話します。

防災は自助・互助・協働のまちづくり
~力をつける・たすけあう・ともにつくる~

正木 明 まさきあきら
気象予報士・防災士

朝日放送「おはようコールABC」「おはよう朝日です」の“正木さんのお天気です”でおなじみの気象予報士。気象予報士・防災士等の知識と経験を生かし、環境問題や防災・健康等身近な生活環境問題にも目を向け活動。また、最近は父親の立場から「イクメン」についても研究中。
【ここがオススメ!】 日本は、地震をはじめ、火山の大規模噴火や風水害など、自然災害の多い国です。災害に対する十分な知識と災害への対応や知識を身につけて備えて、家族、同僚、隣人、自分にとって大切な人を守りましょう!防災チェック、クイズなどを通じて楽しくお話します。

安全への提言
「地震・津波や近年の危険物災害、今、何をすべきか」

東野郁夫 ひがしのいくお
保安・防災アドバイザー

公務員(消防吏員)と民間を経験し、法令面と現場の両面に精通。特に災害時における対応や泡消火薬剤等の性能は、実災害や泡薬剤試験及び消火実験等において高度な知識を有する。現在、危険物保安技術協会技術アドバイザーとして、危険物施設や工事現場等の安全について技術指導等を数多く行う。
【ここがオススメ!】 公務員(消防吏員)と民間を経験し、法令面と現場の両面に精通。南海トラフの巨大地震の被害想定や危険物施設などの近年の事故について、安全のために今何をすべきか、安全の心についてもお話します。

防災対策はじめの一歩は
「地域環境と家族環境で十人十色」

玉木 貴 たまきたかし
市民防災ラボ 代表
市民防災研究家
自身の被災経験はじめ防災の実体験を活かし、学者・行政などのトップダウンではなく、ボトムアップの視点で、家庭の防災対策と地域防災について論じる。一般市民の視点でわかりやすく、現実的な防災提言を目標としながら、テレビ・ラジオ出演、各地での講演活動を精力的に行う。
【ここがオススメ!】 せっかく時間と費用を掛けた防災対策でも、役に立たず後悔しては笑えません。自身の被災経験と被災地支援での経験から、本当に役立つ防災対策のために大切なことや、「わが家仕様の防災対策」、災害発生時の救出救護など地域での共助についても提案・指導をおこないます。

阪神と東日本の地震を経験したコンサルタントによる
「使えるBCP」

山口泰信 やまぐちたいしん
BCPコンサルタント
株式会社BCPJAPAN 代表取締役 CEO
長崎県雲仙市、噴火した普賢岳のふもと出身。阪神淡路大震災後、2300名以上の方が避難された神戸生田中学で、リーダーとして避難所運営を行う。2004年中越地震では大阪市緊急支援車両一般車両第一号として支援。それらの経験を基に実践的な、企業防災、学校防災、事業継続計画策定を伝授。
【ここがオススメ!】 BCPという言葉を知らない方、作成しようと思っている方、作成済みの方にとって、災害現場で本当に必要なものを認識し、リーダーとしての認識を深めるとともに、社員の口から「避難訓練をしたい」と言われるようになります。被災地でのリーダー経験から伝えられることを語ります。

事業継続計画(BCP)策定の実務
~手順とポイントをわかりやすく解説~

平野喜久 ひらのよしひさ
中小企業診断士
上級リスクコンサルタント

【ここがオススメ!】 BCPに前向きな企業を募り、定期的な講習会に合わせて、実際にBCP策定に取り組み、基本的なBCP完成までを支援します。地域事業者の危機対応力の向上を促すことで、地域経済の基盤強化を目指します。

事後の100策より、事前の1策
~労働災害の根本原因と対策~

中田敬司 なかたけいじ
神戸学院大学現代社会学部社会防災学科教授

【ここがオススメ!】 ヒューマンエラーに触れながら、事故原因と対策について説明します。また、簡単な実習を行い理解を深めていただきます。企業安全講演の導入部としてお薦めの講演です。