加速するグローバル化にともない、日本の製造業はより高い生産性、多様なニーズにあわせた商品開発が求められるようになっています。これまで日本が得意としていた製品への高い信頼と品質を維持しつつ、次世代に勝ち残る経営についてお伝えする講演をご提案致します。

弊社は、開発・設計から生産・製造(現場の改善)、品質管理、いよいよ実用段階に入ったAIなど、製造業における多彩な領域の講師をご提案しております。御社の課題、事業の主旨目的にあわせて、講師をご提案させていただきます。

生産管理の基礎と作業改善によるコストダウン

藤井春雄 ふじいはるお
株式会社経営技術研究所 代表取締役
中小企業診断士
神奈川大学工学部卒業後、大同製鋼株式会社(現:大同特殊鋼株式会社)入社。情報システム化プロジェクト(物流)リーダー等歴任。1995年退職後(株)経営技術研究所設立。経営改善指導[経営指導、改善、TPS(トヨタ生産方式)、労働安全衛生等で活躍。国内外にて、講演・セミナー多数。

1.生産管理の基本 (1)生産管理とは (2)生産管理の基本と目的 (3)生産管理・生産管理システム体系 (4)5Sと報連相 (5)標準化 2.生産管理部門の役割と機能 (1)生産管理、工数計画、日程… (続きを読む)

ものづくり経営 “地道に愚直に徹底的に”
~品質は総合力!~

稲林 章 いなばやしあきら
元マツダ株式会社取締役購買本部長
元西川化成株式会社代表取締役社長
マツダ株式会社取締役購買本部長の間、購入部品の競争力向上、取引先の経営支援、生産性向上支援活動などに従事。その後、銀行追加融資停止状態であった西川化成株式会社代表取締役社長に就任。わずか1年で債務超過解消、3年で累損解消、優良自動車用内外装部品会社へと再建を果たす。

経営者に必要な競争社会を勝ち抜くために必要な経営者の考え方、行動とは? 稲林流ものづくり経営の基本とは何か? この講演では、実際に講師が行ってきた品質向上のための具体策を中心にお伝えします。 当時低迷… (続きを読む)

「物流戦略で品質と利益率をUPさせよう」

角井亮一 かくいりょういち
株式会社イー・ロジット代表取締役 
兼チーフコンサルタント
ゴールデンゲート大学からマーケティング専攻でMBA取得後、船井総合研究所勤務。その後、家業の光輝物流(株)を経て、2000年にイー・ロジットを設立。230社から通販物流を受託し、社数№1企業。
また、物流とシステムを得意とする若手コンサルタントとして人材育成にも尽力中。

中小企業のグローバル展開の戦略と秘密!
~事例に学ぶ町工場が世界シェアトップの集団になるためのノウハウとは~

黒崎 誠 くろさきまこと
帝京大学経済学部地域経済学科教授
元 時事通信社解説委員
記者として、長年にわたって国内外のニュースを取材。その豊富な情報と体験に基づき、経済情勢や起業・第二創業の事例を数多く持つジャーナリスト。中でも、様々な取材で知り得た経営者心理からの実践的アドバイスには定評がある。『世界に冠たる中小企業』など著書多数。

ニッチ市場で中小企業が生き残っているといった甘いものではなく、中小企業が自らの汗と努力によって、ニッチ市場という新しい市場を創出したといっていい。日本の中小企業によるニッチ市場から誕生した製品の中には… (続きを読む)

強みを生かしたものづくり復活のシナリオ 日本のモノづくり企業は『底力』をどう成長戦略につなげればよいのか?

橋本久義 はしもとひさよし
政策研究大学院大学 名誉教授

中小企業の活性化をメインテーマに研究に取り組み、その経営者に未来への希望を託す、経営指導のスペシャリスト。「現場に近いところで行政を・学問を!」をモットーに、数多くの工場・中小企業の現場で取材を行う。行政・学界には珍しい現場主義者として、独自の経営理論に注目が集まる。

日本のものづくり企業は、底力をどう成長につなげればよいのか。数多くの研究データをもとに、わかりやすくお伝えします。 1.中小企業にとって最後の問題は「日本のものづくり」である  ○日本のハイテク中小企… (続きを読む)

世界一わかりやすい在庫削減の授業

若井吉樹 わかいよしき
株式会社しくみカイゼン研究所 代表取締役

日本電気入社後、約15年に渡りシステムエンジニアとして製造業の生産管理システムの開発・導入支援に従事。その後、自社のトヨタ生産方式導入支援に転身し、自社3000億円の在庫削減に関わる。企業の経営革新に対し、現場改善とITの両面から支援できる【在庫削減コンサルタント】として活躍。

まず在庫の基本から始まり、在庫のデメリットを実例を示しながら在庫削減の必要性をしっかり理解いただきます。その後に、一般的な在庫削減の考えを演習を交えながら確認し、なぜそれだけではダメなのかを学びます。… (続きを読む)

トヨタ生産方式 導入の奥義

青木幹晴 あおきみきはる
元 トヨタ自動車 基幹職

トヨタ生産方式導入の指導を通じ、様々な生産現場の改善に尽力するコンサルタント。「石垣作りなくして、天守閣は成らず」と説き、生産管理・原価管理・要員異動を基軸とした独自の指導を展開。長年の現場経験を基に、“製造と管理”の両面から、トヨタ生産方式導入成功のコツを伝授する。

著書『トヨタ生産方式 導入の奥義』(ナツメ社) 【目次】 第一章 内部でしか知り得ないトヨタ生産方式の真のすごさ ●トヨタに息づく改善DNA ●トヨタ生産方式の本質 ●トヨタの労務費はワールドワイドで… (続きを読む)

技術立脚型経営を考える
~将来への新たな挑戦~

伊東千秋 いとうちあき
元 富士通株式会社 取締役副会長
元 株式会社富士通総研 代表取締役会長
東大工学部卒業後、富士通(株)入社。ノートパソコン事業立ち上げ、米国PC販売子会社再建、携帯電話事業再建等。パーソナルビジネス本部長、取締役専務、代表取締役副社長(海外ビジネス担当/次世代技術戦略担当)、取締役副会長、(株)富士通総研代表取締役会長等を歴任。他の公職多数。

■「これから」を先読み ~新しいサービスの登場~  ■破壊的イノベーションの特徴 ・顧客視点からのビジネスモデル転換 ・徹底したICT活用 ・ターゲットは業界最大手  ■「新たな市場」など存在しない … (続きを読む)