近年は、ラグビー日本代表の活躍などからも、その戦略やマインドを学びたいと多くのクライアント様からお問い合わせをいただくようになりました。ブームの前から弊社では、ラクビー出身の監督やコーチ、選手にビジネス界の講演で多数ご活躍いただいており、合理的な騎士道精神、チームを一つにまとめ上げるリーダーシップなどを話術も巧みに具体的な内容で、皆様にお伝えし人気を博しております。

勝つためのチームマネジメント

清宮克幸 きよみやかつゆき
ヤマハ発動機ジュビロ 監督

ラグビー選手として、早稲田大学や社会人リーグで活躍した後、早稲田大学ラグビー部、サントリーラグビー部の監督を歴任。その独自の指導法で数々の成績を収め、人材育成と組織強化の手法はスポーツ界だけに留まらず、ビジネス界からも注目される。現在、ヤマハ発動機ジュビロ 監督を務める。

部下を動かす管理職(リーダー)の話し方
~質問力が部下のやる気を育てる~

今泉 清 いまいずみきよし
パフォーマンスコンサルタント
ラグビー元日本代表
ラグビー日本代表として数々の輝かしいキャリアを持ち、2001年 現役を引退。早稲田大学やサントリーフーズのコーチとして後進の指導に注力。また、2005年に早稲田大学大学院公共経営研究科に進学し、公共経営修士を取得。ラグビーを通じて取得した「組織論」は企業組織にも生かせると定評がある。

リーダー(上司)の言葉は有益にも有害にもなります。 コミュニケーションの本質を理解して、未来思考にたったポジティブな言葉は人を動かし、生産性の高いチームに成長させます。   ①部下の分からないところが… (続きを読む)

為せば成る!
~誰にでも出来るセルフマネジメント、自己実現法~

大畑大介 おおはただいすけ
元 ラグビー日本代表

ラグビー日本代表選手として活躍し、ワールドカップ2度出場。抜群の身体能力を生かし、TBSのスポーツマンNo.1決定戦で2度の優勝。現在は、ラグビーの普及に努める傍ら、講演活動にも力を注ぎ、ラグビーを通じて学んだ「組織論」「セルフマネジメント」「自己実現方法」等について語る。

幼少期からラグビー界の王道を常に歩んできたので、生まれながらにして 心身とも強靭な人間だと思われがちな大畑氏。しかし実は幼少期は泣き虫 高校入学時のラグビー部では無名のため序列が一番下であったといいま… (続きを読む)

『フォロワーシップ』の組織づくりとは?

中竹竜二 なかたけりゅうじ
(公財)日本ラグビーフットボール協会 コーチングディレクター
株式会社TEAM BOX 代表取締役
早稲田大学ラグビー部主将として活躍後、英国留学。帰国後、三菱総研勤務を経て、早大ラグビー部監督、ラグビーU20日本代表監督として、自律支援型の指導法で多くの実績を残す。日本で初めて「フォロワーシップ論」を展開した人のひとり。企業コンサルタントとして、次世代リーダーの育成にも貢献。

1.部下が期待通りにならない3つの理由 2.正しい期待と間違った期待 3.必ず成果の出る期待の条件 4.スキルよりスタイル 5.部下のスタイル確立の3つの効果 6.期待のVSS(ビジョン・ストーリー・… (続きを読む)