3月13日、政府が導入を検討する残業時間の上限規制を巡り、経団連と連合の交渉が100時間を基準にすることで決着したと発表されました。
一人ひとりのニーズにあった、納得のいく働き方を実現する社会を目指す「働き方改革」。
一歩前進はしましたが、現場での課題は山のようにあります。
日々進歩する社会の中で、個人・組織・企業レベルでどのような意識改革が必要なのか?
こちらでは、【1)進むIT化と働き方 2)ダイバーシティ 3)仕事の効率化】
の三つの観点から、働き方について考えます。

AI(人工知能)と働き方改革

伊東千秋 いとうちあき
元 富士通株式会社 取締役副会長
元 株式会社富士通総研 代表取締役会長
東大工学部卒業後、富士通(株)入社。ノートパソコン事業立ち上げ、米国PC販売子会社再建、携帯電話事業再建等。パーソナルビジネス本部長、取締役専務、代表取締役副社長(海外ビジネス担当/次世代技術戦略担当)、取締役副会長、(株)富士通総研代表取締役会長等を歴任。他の公職多数。
【ここがオススメ!】 1)進むIT化と働き方改革
AI(人工知能)の導入が進み、雇用の需要関係に大きな変化が起こるであろう未来に向けて、企業側が果たすべき役割・労働者側に求められる意識変革とは。
人工知能によってもたらされる働き方の変化・改革について考えてみませんか?

近い将来、積極的なAI(人工知能)の導入が進み、大量の余剰人員が出現することが予測されます。 雇用の需要関係に大きな変化が起こる中、企業側が果たすべき役割とは何か? また、労働者側に求められる意識変革… (続きを読む)

ダイバーシティ時代を生き抜く女性のキャリア戦略

森本千賀子 もりもとちかこ
(株)リクルートエグゼクティブエージェント
エグゼクティブコンサルタント
獨協大学卒業後、リクルート人材センター(現・リクルートキャリア)入社。大手からベンチャーまで幅広い企業にて人材戦略コンサルティング、採用支援サポート全般を手がけ、営業実績は常に社内トップ。NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」に出演。著書『35歳からの「人生を変える」転職』等多数。
【ここがオススメ!】 2)ワークライフバランス・ダイバーシティ(女性活躍)
「リクルートのコンサルタント」と「2児の母親」として、日々奮闘される森本さん。
ご活躍は2012年に「プロフェッショナル 仕事の流儀」(NHK)でも取り上げられました。
管理職もプレーヤーも経験されており、女性にとっても非常に共感しやすい内容です。
二束のわらじを履き、輝き続けられるその秘訣を語ります。

「ダイバーシティ」「女性活躍推進」が叫ばれる今の時代。「女性が活躍している」ということは組織のブランディングにもなっています。なぜ女性活躍が必要なのか、企業にとってそして働く女性にとってどんなメリット… (続きを読む)

残業ゼロで成果を挙げる仕事術
~厚生労働省「イクメンプロジェクト」推進委員&「イクメンの星」が語る~

新田 龍 にったりょう
ブラック企業アナリスト
企業防衛コンサルタント
厚生労働省「イクメンプロジェクト」推進委員
ブラック企業問題の専門家。「ブラック企業のダメ社員」から這い上がり、マネジャー、事業部長、役員、経営者までの全階層を経験した知見を基に、「ダメ社員再生」「脱・ブラック企業」「ブラックリスクからの企業防衛」「デキる管理職育成」を実現する考え方と行動様式を、豊富な事例と共に語る
【ここがオススメ!】 3)仕事の効率化と残業問題
「働き方改革」とは言えども、現場の人数は減り、一人当たりの仕事は増えるばかり…。
このような現状に、どこか主体性の無さ、不満足感やイライラのある時間をお過ごしの方も多いのではないでしょうか。
単なる「時短」ではない、成果が出る時間の使い方・仕事の仕方とは…?
“新田流”成果をあげる仕事術は、個人・組織・経営と多角的にメリットを感じることができる講演内容です。

本講演/研修によって、次のようなメリットがもたらされます。  ・個人にとってのメリット 仕事の効率が向上し、同じ時間でも付加価値の高い成果を出すことができるようになります。  ・組織にとってのメリット… (続きを読む)