新型コロナウイルスの世界的なパンデミックにより、日本は今、類を見ない経済危機に直面しています。このコロナショックの後、日本経済はどのように変貌していくのか。

エコノミスト、経済ジャーナリストが世界や日本経済で起きている現象を読み解き、コロナ後、企業がやるべき道しるべを示す講演プランを20つ厳選いたしました。企業販促や関係強化目的の講演に人気のプランとなっています。落ち込んだ日本経済に元気と勇気を与える講演プラン満載です。

■目次

飯田泰之 いいだやすゆき

エコノミスト
明治大学 政治経済学部 経済学科 准教授

幸福のための経済学―日本経済の現在とこれから

新型コロナウイルスの猛威により、日本経済は今新しい局面を迎えようとしています。経済政策の目的は、「国民一人一人が幸福になること」。コロナ禍の中で幸福のために必要な経済学とはなんだろうか。動き始めた日本経済の持続的成長と、安定のための政策提言、そのなかでのビジネスパーソンに必要な資質と行動について考えます。

意識改革 時局・経済

主催者様からの声

新型コロナウイルスの影響で経済関連で良いニュースがなかなか届きませんが、飯田先生の独自の視点からの解説で「こうすればよいのか」という希望の光を見出すことができました。コロナ後、日本経済が元気になるようにがんばっていこうと思います。

講師プランへ移動

伊藤惇夫 いとうあつお

政治アナリスト

~時代の転換期を見つめる~
流動化する日本政治の行方

永田町生活30年。政界の裏の裏を熟知した政治アナリストである伊藤惇夫さんが、新型コロナウイルスで混迷を続ける日本の政治経済の行方を読み解きます。政治と経済の関係、そのニュースにある裏にある事情を鋭く解説していきます。

時局・経済

主催者様からの声

これからの政治経済の行方についてユーモアを交えながらわかりやすくお話いただきました。参加者数も昨年より多く、好評でした。

講師プランへ移動

伊藤聡子 いとうさとこ

フリーキャスター
事業創造大学院大学客員教授

コロナをチャンスに!地域から輝く日本へ

コロナを機にデジタル化が一気に進み、東京から地方へ企業や人が動き始めています。また、アフターコロナのキーワードはまさに地域に存在している価値に集約されていると言っても過言ではありません。地域がこれらをいかに活かし、新たな時代を創っていくのか?事例を交えてお伝えします。

意識改革 経営戦略・事業計画 地域活性 男女共同参画

主催者様からの声

コロナをバネにして地方から元気になるという話は、地方にある弊社にもとても心に響く話題でした。人に対して謙虚な姿勢で耳を傾け、対話されているお姿にとても感銘をうけました。

講師プランへ移動

岡田 晃 おかだあきら

大阪経済大学客員教授
経済評論家

コロナ危機を乗り切る―2021世界経済と日本経済の見通し

今、日本経済はコロナ危機と呼ばれる状況にはありますが、デジタル化の加速、新しい生活様式への対応、グローバル・サプライチェーンの再構築など、アフターコロナ時代では日本経済復活に向けて大きく動いています。講演では、そうした経済実態について具体的なデータと現場取材の成果をもとに、独自かつ前向きな視点でわかりやすく解説します。

時局・経済 経営哲学 地域活性 経営戦略・事業計画

主催者様からの声

岡田晃さんの情熱、熱意がすばらしかったです。現状の日本を決して悲観しないでほしいとのコメントが印象的でした。コロナ禍でなかなか希望が見出せませんが、岡田さんからエールをいただき、がんばろうという気持ちになりました。

講師プランへ移動

門倉貴史 かどくらたかし

エコノミスト BRICs経済研究所 代表

どうなる?今後の日本経済

フジテレビ「ホンマでっか!?TV」でお馴染みのエコノミスト・門倉貴史さんが、コロナ禍で元気のない日本経済にエールを送るべく、アフターコロナで日本の経済がどうなっていくのかを、楽しくわかりやすく解説します。考えもしない奇想天外の観点から、日本経済の行方を考察。抱腹絶倒、的を射る話は一聴の価値ありです。

時局・経済

主催者様からの声

テレビのように淡々とユーモアを交えてお話していただきました。独自に用意していただいた投影資料も本当に面白く、終始笑いが絶えない一時間でした。暗いニュースばかりだったので、参加者から「元気が出た」「楽しかった」という声がたくさん聞かれました。

講師プランへ移動

河合雅司 かわいまさし

人口減少対策総合研究所 理事長 作家・ジャーナリスト

未来の年表
~人口減少日本で起きること~

少子化を加速させ、これまでの人口減少対策の浮き彫りにしたコロナ禍。人口減はこれからもますます進み、介護離職の大量発生や3人に1人が65歳以上の「超・高齢者大国」になるなど、次々と新たな問題が発生していきます。
人口減+コロナ禍を生き抜くには、今までの常識を一切捨てて「戦略的に縮む」ことが重要です。これから起きる人口減少の流れを解説し、コロナ後に勝つビジネスパーソンの働き方、縮小ニッポンの新しい生活様式と街づくりなどコロナ後に生き残るための戦略を提案します。

時局・経済

主催者様からの声

河合様のご講演を聞き、ゲストのみなさまと弊社社員で「どんなことに取り組んでいくべきか」と懇親会の場で前向きな話をすることができ、ビジネスにつながったケースも多々ございます。このようなご縁を繋いでいただき感謝しております。また、機会がありましたらその時はよろしくお願いいたします。

講師プランへ移動

岸 博幸 きしひろゆき

内閣官房参与
慶應義塾大学大学院 メディアデザイン研究科 教授

コロナ後の日本経済のゆくえ

テレビで人気コメンテーターの岸博幸さんが、コロナ禍で刻一刻と変化する日本の社会構造や経済の動向、経済の行方を幅広い見識からお話します。具体例を交えて、平易な言葉で解説するため、聴講者の理解度満足度ともに高い講演です。

時局・経済

主催者様からの声

知名度が高く、おかげ様で参加者も過去最高となりました。さすが人気コメンテーターとあって、話への引き込ませ方がお上手でした。コロナ禍で日本の経済動向がどんな風に変わっていっているか、とてもわかりやすく理解できました。

講師プランへ移動

渋谷和宏 しぶやかずひろ

経済ジャーナリスト
大正大学客員教授
作家

「輝く組織・輝く人の条件」
~ with コロナで変わる日本社会 ~

コロナ時代が長引き、日本社会は急激な変化を求められています。現在、日本経済で起こっているムーブメントを着目し、この荒波を乗り越えることのできた「輝く企業」や「輝く人」の事例を紹介。そこから見えてくる共通項を探り、with・afterコロナ時代に何が求められているのかをわかりやすく解説していきます。

時局・経済
営業・販売・マーケティング経営戦略・事業計画リーダーシップ

主催者様からの声

非常に素晴らしかったとの声が多かったです。話し方や内容が、わかりやすく、聴講者の理解度が高く、主催者側もとても満足しています。

講師プランへ移動

進藤勇治 しんどうゆうじ

産業評論家、元通産省企画官、前東京大学特任教授

新型コロナの動向と企業の対策課題

新型コロナウイルス感染症においては、国民生活を護るために、経済の立て直しが最重要課題です。世界経済の今後の回復動向を見極めつつ、日本においてどの分野の産業が伸びていくかを考えることにより、新たなビジネスチャンスも捉えることができます。また、いずれの企業も事業計画の見直しや社内体制の変革などを適切に行うことにより、コロナ後の難局を乗り越えて新たな成長が図れます。講演ではコロナ後の事態に対処するための課題と企業が取るべき方策を解説します。

防災・防犯時局・経済 環境問題 農業・農政

主催者様からの声

コロナ禍でいつごろ経済が回復するのか、また企業で取り組まなければならない施策についても具体例を交えて教えていただきました。とても有意義な時間となりました。ありがとうございました。

講師プランへ移動

辛坊治郎 しんぼうじろう

元 読売テレビ解説委員長 大阪綜合研究所 代表

報道から見た日本

テレビ・ラジオなど多方面でキャスターとして活躍する傍ら、2021年 4ヶ月半をかけて太平洋往復横断を達成した冒険家としても活動する辛坊治郎さん。独自の視点から、現在コロナ禍で流動する日本経済を斬ります。いつまでも挑戦することを忘れない辛坊さんが、コロナ禍で沈んだ日本に「喝!」を入れます。

時局・経済

主催者様からの声

こちらの意向も汲んでいただき、とても内容の深い講演でした。聴講者の満足度も高く、勇気をいただけました。

講師プランへ移動

鈴木貴博 すずきたかひろ

経営戦略コンサルタント
フューチャリスト、経済エンタテナー、経済評論家
百年コンサルティング株式会社 代表取締役

ウィズコロナの日本経済

コロナで世界はどう変わるのか?企業はどのように新しい環境に適応していくべきなのか。そして新しく生まれるビジネスチャンスとは?新刊『日本経済予言の書』でコロナ以後の日本経済を未来予測の専門家としての手法を駆使して予測した著者が、アフターコロナで日本経済がどうなるのかをわかりやすく解説します。

時局・経済 経営戦略・事業計画 ライフプラン意識改革

主催者様からの声

日本経済の展望がわかり、企業としてどうすれば生き残れるかヒントをいただき、とてもよい機会となりました。ありがとうございました。

講師プランへ移動

須田慎一郎 すだしんいちろう

経済ジャーナリスト

日本経済の本当の姿
~いま起こっていること、これから起きること~

「コロナショック」の衝撃は、世界経済、日本経済に大きな影響を与えています。中小企業の資金繰り、倒産、廃業、経営問題など日本経済が抱える課題、そして米中の「新冷戦ショック」など世界経済の課題を解き明かし、今、企業は何をすべきなのか、どんな対策をとるべきなのかを解説します。

時局・経済

主催者様からの声

受講者から、「決めつけでない視点からのお話しだったことが良かった」「イノベーションと意識の変化が大切であることが理解できた」と多くの感想が寄せられました。反響が高く、主催者として実施したかいがありました。感謝しております。

講師プランへ移動

高橋洋一 たかはしよういち

嘉悦大学ビジネス創造学部 教授
株式会社政策工房 代表取締役会長

コロナ大不況後、日本は必ず復活する

50兆円以上の財政出動がカギを握る!いまこそ消費税5%、コロナ禍により、日本の経済はどうなっていくのだろうか? 数式やグラフでわかりやすく読み解き、数学的な観点から日本の未来予想を鋭く語る高橋洋一さんからの提言。コロナ禍で進むべき道に悩んだときに、ぜひ受講していただきたいプランです。

時局・経済

主催者様からの声

政治的な視点から日本経済の復活する方法についてお話しいただきました。高橋先生のお話しをお聞きしていると、コロナの先に明るい未来が待っているように感じられました。

講師プランへ移動

竹中平蔵 たけなかへいぞう

東洋大学教授
慶應大学名誉教授

日本経済の展望と課題

新型コロナウイルスの影響で国際情勢の先行きが不透明感を増し、IoTやAIなどによる第4次産業革命が進行する中、日本経済はどのように変化していくのか、またどのような変革が求められているのかついて、長い間政局の経済施策を担ってきた竹中平蔵さんが解説します。

時局・経済

主催者様からの声

さすが長い間、経済政策を担当されたこともあり、とても奥の深いお話しをお聞きすることができました。ポストコロナで何をすべきか道筋を示していただき、とてもためになりました。

講師プランへ移動

中原圭介 なかはらけいすけ

経営アドバイザー
経済アナリスト
研究機構研究員
ファイナンシャルアドバイザー

ウィズ・感染症時代における企業の生き残り戦略

経済や経営のみならず、歴史や哲学、自然科学など、幅広い視点から経済や消費の動向を分析する中原圭介さん。そんな中山さんが、新型コロナウイルスが発症した原因について、感染症の歴史を振り返りながら考察します。そこから、新型コロナウイルスが経済に与えた影響を紐解き、企業の生き残るための戦略について提案していきます。

経営戦略・事業計画 意識改革 時局・経済 ライフプラン

主催者様からの声

講演内容に地元に関連した経済動向など、要望を多く取り入れていただき、大変うれしく満足いく講演を聞かせていただきました。

講師プランへ移動

長谷川幸洋 はせがわゆきひろ

ジャーナリスト

コロナ後の世界と日本を展望する

政権の交代劇に翻弄された2020~2021年。新型コロナウイルスの終わりも見えず、日本の政局は五里霧中となっています。首相・官房長官を含む政権中枢部への取材をもとに、これからの政局の動きや今最もホットな政治・経済・国際情勢の深層を解説します。政治と経済の関係、国際・国内経済の現況を読み解き、企業が生き残れる道を探っていきます。

時局・経済

主催者様からの声

講演後、長谷川幸洋氏の時事に対する多岐にわたる情報通と、歯に衣着せぬ語りはテレビで拝見するよりも面白かったと多数感想をいただいきました。本講演の目的も達成でき、主催者側も大変満足しております。

講師プランへ移動

松林 薫 まつばやしかおる

ジャーナリスト
社会情報大学院大学 客員教授

「アフターコロナ」の社会・経済~価値観の大転換に備える

2020年に入ってパンデミックを引き起こした新型コロナ感染症は、世界中に大きな爪痕を残し、経済構造に深刻な影響を与えました。グローバル化の終焉は10年も早まり、昭和・平成・令和に向けて価値観も変わりつつあります。危機を生き抜くために想定すべきリスクと備えは?待ち受ける危機と、その対策について、経済記者の経験から解説します。

時局・経済 コミュニケーション 教育・青少年育成

主催者様からの声

コロナでどのように変化するか、社会は、企業はなど、大変興味深いお話でした。分かりやすいうえ、なるほどというものが多く、参加された方皆さんご満足のようでした。

講師プランへ移動

三浦瑠麗 みうらるり

国際政治学者
株式会社山猫総合研究所 代表

激変する国際情勢と日本の今後

長いパンデミックによる日本経済への打撃、米国の内向き化や中国の対外進出、コロナ禍でさらに深まった米中対立を受け、今後ますます舵取りの難しい時代に突入します。日本がおかれた内外の条件を解説し、今後の進むべき針路について考えます。

時局・経済

主催者様からの声

会員企業の内、海外進出企業が2~3割程度、輸出入の関連企業を含めて5~6割程度。
国際情勢に関心の高い経営者が多く、時代にもマッチした内容でした。語り口調が絶妙で、高度な話であるにも拘わらず理解しやすく、今まで講演を聞かせていただいた講師の中でも1、2位でした。

講師プランへ移動

モーリー・ロバートソン もーりーろばーとそん

国際ジャーナリスト
ミュージシャン

今、世界で日本で何がおきているのか?
メディアでは伝えきれない本当のこと

例を見ない新型コロナウイルスのパンデミックで、世界情勢や経済は大きな転換期を迎えています。今流れているニュースを深読みし、メディアでは伝えきれない真実をお伝えします。アフターコロナで世界情勢・経済とその中の日本はどこへ行くのか、また日本の未来はどうなっていくのか、大胆かつ鋭く予測します。

時局・経済 国際化・グローバル

主催者様からの声

マクドナルド平和論(マクドナルドのある国同士は戦争しない)から始まって、2000年以降のアメリカ主導のグローバリゼーション、オウンゴール、国境や領土による境界線からそれを超えるグローバリゼーションの進展、ふるさと納税、エコカー、移民、大麻、ジャニーズなど実に幅広くお話いただきました。
アメリカンジョークをところどころ入れながらのお話で、ツボにはまった方には大いに受けていました。

講師プランへ移動

渡邉哲也 わたなべてつや

作家
経済評論家

日本経済のこれから

中国発の新型コロナウイルスが引き起こしたパンデミック、史上最大の下げを繰り返すニューヨーク・ダウ。2020年1月31日にはイギリスがEU離脱し、世界は
新型コロナショックに喘いでいます。はたしてこの状態はどこまで続き、その後、世界はどうなっていくのか。『「新型コロナ恐慌」後の世界』の著者である
渡邉哲也さんが、コロナ後の世界・日本経済で起きている潮流を解説します。

時局・経済

主催者様からの声

このたびはありがとうございました。おかげ様でつつがなく、無事終了いたしました。渡邉先生のお人柄も良く、大変分かりやすいご講演で、今回も大好評をいただきました。

講師プランへ移動