気づかないところに多くの危険は潜んでいるもの。事故が起きてしまう可能性を「ゼロ」にすることはできません。ただし、危険予知訓練を積み重ね、危険を未然に予測し対策を立てることは可能です。小さな危険をもしっかり察知し、1人1人が安全に対する意識を高める必要があります。

目標・ミッションの共有…
安全で、きれいな作業現場の維持…
他人まかせではなく、ひとり一人が自ら考え行動できる組織づくり…

そういった責務を負われている監督者の皆様に、ヒントとなるようなお話しが出来る講師をおまとめしました。職場の安全を見直し、「事故ゼロ」を目指しましょう。

元刑事が語る!!! 刑事の現場での安全管理術
~死ぬかもしれない!! 刑事の現場で遭遇した危機回避の極意~

森 透匡 もりゆきまさ
株式会社Clearwoods 代表取締役
究極のコミュニケーションコンサルタント
セミナープロデューサー
刑事約20年の経験があり、警部で退職して起業した異色の講師。現場で培った事例中心の話は「おもしろい!」「また聞きたい!」とファンも多い。希少性も高く、受講者を飽きさせない話題、それに話術は一度体験したら癖になるはずです。

刑事の仕事は不審者の職務質問、尾行・張り込み、任意同行、取調べなど多岐に亘りますが常に危険と隣り合わせです。自らが危険に晒されるケースはもちろんのこと、危険な現場に送り出す部下の安全管理、また護送中の… (続きを読む)

ヒューマンエラー、こうすればなくなる~「つもり」ではなくしっかり気をつける~

長谷川孝幸 はせがわたかゆき
風土刷新コンサルタント
失敗回避アドバイザー
ダメ営業社員の自己経験を活かし、「成功者による成功体験ではなく、失敗回避や自己カイゼンの手法を説く研修講師。経営サイドからは「受講者の仕事ぶりが目に見えて変わる」、受講生からは「受けてよかった」と高い評価を得ている。受講者アンケートによる評価は常時95パーセント以上。

環境要因や構造的な問題というのはすぐに解決するのは困難ですが、ヒューマンエラーは正しく気をつければすぐになくすことができます。 すぐに直せることはすぐに直さなければいけません。時間をおき解決を遅らせる… (続きを読む)

目指せ!安全第一の職場づくり
~現場でのヒューマンエラーをチーム力で防ごう!~

島本長範 しまもとながのり
CIMA人財教育開発代表

日本航空において24年の整備現場、12年の人財育成/研修部門を経て、2011年に独立。航空会社で行っているヒューマンファクターに基づいたエラー防止の考え方、エラー防止の組織作りをコンサルティングや研修に取り入れて企業経営のサポートを行っている。

・整理整頓が徹底しない ・ヒューマンエラーによる災害を減らしたい ・安全大会講演に変化が欲しい(違った切り口からの安全の話し) 提供する価値・伝えたい事 ・労働災害3大発生要因の理解 (その内、人間的… (続きを読む)

ディズニーにおける安全とは

石坂秀己 いしざかひでみ
接客向上委員会&Peace 代表

東京ディズニーランドのアトラクションの責任者として約15年勤務し、接客研修の基礎を築き上げる。退職後、アミューズメント業界の人材派遣会社にてさらに実績を積む。2005年独立。これまでの豊富な経験を生かし、対象者に応じた「接客基本研修」「コミュニケーション研修」等、好評を得ている。

みなさん、こんにちは!  「安全」に対するディズニーならでは取り組みだけではなく、ディズニーのキャストたちがどうして あんなに笑顔で楽しく仕事ができているのか、その秘密や独自の取り組みも併せてお伝えし… (続きを読む)

エラーの連鎖を切って事故を防ぐ (航空のリスクマネジメント)

清水孝久 しみずたかひさ
安全・品質コンサルタント

“安全・品質の礎は「人」”をモットーに人材育成に取り組む。研修はどんなに素晴らしい内容であっても受け入れてもらえなければ意味がないので、解りやすさは当然として、更に興味を持てるような楽しめる内容にすることを心がけ、お客様からも高く評価されている。

「エラーはするな!、ルールは守れ!」と言っても人はエラーをするし、ルール違反もします。大切なことはエラーやルール違反を事故や大きな不具合に結び付けないことです。 航空業界が培ってきたエラーやルール違反… (続きを読む)

~ベストセラー「社長をだせ!実録クレームとの死闘」の著者に学ぶ~ 安全の問題とクレームは小さいうちに解決せよ!

川田茂雄 かわだしげお
クレーム処理研究会主宰

累計65万部を超える大ベストセラー『社長をだせ!〜実録・クレームとの死闘』の著者。大手カメラメーカーの消費者相談室、各サービスセンター所長を務め、20数年にわたりクレーム対応を担当。実践で得たノウハウに基づいた“百戦百勝のクレーム対応の極意”を伝授する。

「クレーム問題」と「安全の問題」はとても良く似ており、一件のクレームが外に出る時には、小さなクレームが沢山埋もれているのです。 それを放置しておくと、ある日突然大きな(問題)クレームになり、最悪の場合… (続きを読む)