女性のための経営力アップセミナー

「女性のための経営力アップセミナー」についてご依頼頂いた事例を紹介します。企画担当者の方から、「会員の女性部員を対象に、経営者、経営者夫人として必要な資質やスキル向上を目的にしたい。その指導において実績や資格などの裏付けを持つ講師から、その知見、ノウハウやメソッドを提供してほしい。何かおすすめの実務セミナーはないか。」とご相談を頂きました。

そこで、企業経営に関して不可欠である「税務調査」に関するスキルアップセミナーをご提案させて頂きました。「税務調査」と聞いて、難しい、面倒くさいと思われる方がほとんどかと思います。しかし、事前に正しい知識を身につけ、その時に備えておくことで適切な対応を可能とします。

突然の税務調査から会社を守るために

「税務調査」に感じる恐れは、知識不足からくるものが大半です。知識・情報を得るには、税務当局の側からの立場からの話から得るところが多いものです。その中で、元女性税務署員でお話される方は、ほとんどいらっしゃいません。今回は税務調査の切口で、研修を全国で開催し好評を得ている飯田真弓さんをご紹介させていただきました。飯田さんは、女性目線で課題解決の突破口となるお話しを頂けます。

どんな企業が税務調査に選ばれやすいのか、税務調査の際に、調査官に言ってはいけない言葉はどんなことなのかなど、現場一筋26年の元国税調査官だから言える、実際の『税務調査』の場面での対応策を次々と伝授して頂けます。税務署がどのように考えて、調査しているのか、そのポイントはなにかを知って備えておくのは、経営者婦人として必須の教養です。

企画担当者様の声

柔和で気さくな飯田講師は、「国税調査官はコワイ」とのイメージとは全く異なりました。同性なので、親しくなんでも聞けたと女性参加者からとても喜んでいただいた。

対象者にあわせたご提案
同じテーマでも、対象者により、お薦めする企画案、講師は全く異なってきます。対象者によっては、「誰から(どのような属性)話して頂くのか」によってその効果は大きく異なります。効果的な人選のために、各市場別専任コンサルタントにご相談ください。

『税務署は見ている。』
~税務調査から会社を守るためのワークショップ付き~

飯田真弓 いいだまゆみ
税理士
産業カウンセラー
日本芸術療法学会正会員
現場一筋26年元国税調査官。税理士・産業カウンセラー・認定心理士。“税務に関わる仕事よりもっと大切なことがある”と退職。税務調査対応策と表現療法を駆使し人に関わる問題を関西弁でテンポよく話す講座は楽しくて解りやすい。フルタイムで働きながら二人の息子を成人させた子育て論も好評。