食で地域の方に喜んで頂きたい

生活文化大会について、ご依頼頂いた事例をご紹介します。大会の開催目的は、JA組合員・地域住民の方々が一体となる「協同の場」を設け、地域住民の方々との結びつきを強めることです。

今回は「食に関するテーマで、地域の方々に喜んで頂きたい。」とご要望頂いた為、管理栄養士・健康運動指導士としてのキャリアに基づき、正しい食事の摂り方を指南する講演が人気の、浅野まみこさんをご紹介させていただきました。

大人の食育講座

浅野さんは、管理栄養士として病院や企業での勤務を経て、栄養カウンセリングのプログラムを確立されました。「食生活が楽しいと人生が100倍楽しい!」をモットーに、食育活動やレシピ開発、食のコンサルティングをはじめ、講演や栄養指導など多方面でご活躍されています。また、NHK「おはよう日本」、フジテレビ「バイキング」などのメディアにも多数ご出演です。

食事の時間は、365日1095食のタイミングがあります。このタイミングをほんの少し意識するかしないかで、カラダも人生も大きく変化していきます。マスコミで取り上げられる健康情報に左右されていませんか?情報に惑わされずに正しい知識を身に付け、現在の日本の食の現状や問題点をベースに、受講者のみなさま自身の食生活を振り返っていきます。今日からできるほんの少しの「食べ方のコツ」を伝授して頂きました。

企画担当者・参加者の声

意識啓発としてよいものでした。浅野先生からご教授頂いた食べる物、順番、時間の講演はためになりました。地域の方々が健康について意識するきっかけとなったと感じています。

大人の食育
~食の積み重ねでカラダが変わる~

浅野まみこ あさのまみこ
管理栄養士
健康運動指導士
株式会社エビータ代表取締役
「食生活が楽しいと人生が100倍楽しい!」をモットーに活動。総合病院、女性クリニック、企業カウンセリングにて糖尿病の行動変容理論をベースに1万8千人以上の栄養相談を実施。その経験を生かし、現在は、食育活動やレシピ開発、食のコンサルティングをはじめ講演、イベントなど多方面で活躍中。