以前舞の海秀平氏の現場レポートをご紹介いたしましたが、また同じお客様より次の会合もご相談をいただくことができました!
今年度の講師は、旭川市旭山動物園 前園長の小菅正夫氏。動物園が好きな弊社営業担当者も、講演を聞くのをとても楽しみしていました。

旭山動物園は皆様もご存じのとおり、深刻な経営不振に陥っていた動物園です。にもかかわらず、今や日本を代表する動物園です。
その裏には様々な”アイデア”がありました。その陣頭指揮を取っていらっしゃったのが小菅氏です。
とっても素敵な講演内容ですのでアイデアを一部、ご紹介させていただきます。

~観客のために、今自分たちの出来ることからやっていく~

入場者が減ってきて動物園の運営が厳しくなってきた時期、小菅氏を含めて職員同士でどうしたら良いか議論を交わしあったそうです。
そこで出てきた意見というのが…
「動物園の飼育係は観客を見ずに、動物しか見ていない。観客のために今自分たちでできることからやっていこう。」
というものでした。この意見を全員が危機感を持って共有し、来場するお客さんのためにやり続けたことで入場者はまず横ばいになりました。

~動物園の存在理由とは~

世界中に色々な動物園がありますが、その動物園の存在理由とは何なのでしょうか。
旭山動物園ではこう考えていたそうです。
「自分たちが野生動物を守り、地球を守るのだ」
全員がとても壮大な使命感を持って、動物園の運営に携わっていらっしゃいます。

~お客様の意見を聞いて・・・~

動物園の現状を知るために来場者に聞き取りをしたところ、動物園が面白くないという意見がとても多くありました。
例えば、動かない、自分たちは見てるだけ、いつも同じ、自分たちは子どもじゃない…など。
そこで「どうしたら来場者に楽しんでもらえるか」を考えることにしました。
*ふれあい動物園
*夜の動物園
*冬の動物園
*動物を伝えるために、職員自ら動物を調べて、手書きで説明を書く。
結果、魅力あふれる動物園を具現化するアイデアが色々と出てきたのです。

~組織改革にスターはいらない~

動物園を改革していく段階で全員が意見を出し合って、それぞれが出来ることをやっていったことで、来場者も増え全国的にも有名な動物園になりました。
誰か一人が突出しているのではなく、職員全員が理想の動物園を想い描いて行動した結果、改革が成功したのです。
将来展望を描き、明るくあきらめないこと。そしてチャンスを逃さずに掴む準備をすること。
一人一人が上記を実行することが、組織改革には必要だと、小菅氏は締めくくりました。

動物の生態等楽しめる話と、経営・組織改革につながる真面目な話。小菅氏の講演は幅広い方の心に響くこと間違いなしです。
見事にバランスのとれた講演で、ぜひ、経営に携わる皆様にも、現場で頑張っていらっしゃる皆様にも聞いていただきたいと痛感しています。

小菅正夫 こすげまさお
北海道大学客員教授
旭川市旭山動物園 前園長
日本最北の動物園を入園者数日本一に再生させた旭山動物園 前園長。獣医師兼飼育係として同園に就職。飼育係長・副園長を経て、園長就任。2009年より名誉園長(~2010年)。「ぺんぎん館」「あざらし館」など動物の行動展示施設を開館させ、閉園寸前だった動物園は月間入園者数日本一を達成。