大内 優さんご来社

ビジネスを営む経営者の皆様にとって、世間からの評価や集客は最も重視されることの一つではないでしょうか。
その宣伝効果が高いといわれるのがなんといってもテレビ。しかし、テレビをはじめとしたメディアの活用ってなかなか難しいですよね。

先日、元テレビマンの大内 優さんが来社されました。大内さんは、福島テレビ(フジテレビ系列)入社後、事件・事故に加えスポーツ・イベントなど幅広く担当。在職中には、年間100社以上の企業を取材されてきました。
2004年に起こった新潟県中越地震を取材したことをきっかけに「自身が伝えたい事」を考え直して退職。現在では、企業・経営者に向け、メディアの活用法セミナーを精力的に展開しています。
また、ファイナンシャルプランナーの資格を持つ大内さんは、資金面からも経営をコンサルティングできる講師でもあります。

ビジネスは、テレビに出たあとが肝心

テレビには数百万円~数千万円の広告費に相当する価値があると、大内さんは言います。しかし、出ることと同様、またそれ以上に難しいのが、出たあとどう業績アップに結び付けか。
経営者の皆様に「メディアを使って、お金をかけずに商品やサービスをPRするだけでなく、その後も継続して売れ続ける仕組みをつくる方法」を伝えていきたいという大内さん。講演では、「正しくテレビに出る」方法をご自身の経験と資格をベースにお伝えしています。

大内さんとお会いすると、とっても穏やかな方で温かみのある印象をうけます。
「テレビ活用の伝道師」として、日本を元気にする。
そんな想いが活動の源だからこそ、経営者にとって温かく強い味方であり続けられる方なのかもしれません。
今年7月、大内さんの『小さなお店・会社、フリーランスの「テレビ活用」7つの成功ルール』(同文館出版)が出版されました。中小企業の経営者様向けのセミナーをご計画の皆様!ぜひ大内さんの『メディアを活かした経営』をテーマのひとつとして検討されてみてはいかがでしょうか。

集客が苦手な人に知ってほしい! メディア活用の方法を伝授!!
~テレビ・新聞・雑誌・ラジオ…メディアがお客さんを連れて来てくれます!!~

大内 優 おおうちゆう
元テレビマン
メディア活用研究所 代表

■内容

・メディアを活用すれば、ビジネスで解決できない問題はない!
・メディア活用の好事例紹介
・私にもできるの?―ちょっと工夫すれば、どんなネタでもメディアに取り上げられます!―
・メディアを上手に活用すれば、数千万円の宣伝費用が0円に!!
・メディアの特性を知ろう
・今すぐメディア活用しないといけない理由
・メディアに取り上げてもらうためにするべきこと
・良いプレスリリース(取材依頼書)と悪いプレスリリース
・効果的なプレスリリースの書き方―大内流プレスリリース7つの掟―
・プレスリリースを書いたら、ここに、こうやって出そう!
(会社直接訪問と、記者クラブへのアプローチ)
・メディアに取材を申し込まれるようになるために…

■根拠・関連する活動歴

・元テレビマンであり、テレビをはじめとする新聞・ラジオ・雑誌の記者の考え方や動向を熟知しています。

・テレビ局時代に40,000件の取材依頼書(プレスリリース)をチェックした経験があり、メディアが興味を持つ内容であるか否か、5秒で判断することができます。

・FP(ファイナンシャルプランナー)として中小企業のコンサルティング経験が10年あり、実際にメディアに取り上げられた後に発生した集客を、ビジネス拡大につなげるアドバイスができます。