福祉の現場で働く皆様にとって、利用者の皆様が快適に暮らすことができるようにお手伝いすることが、大きな仕事だと思います。その第一歩として、介護サービス利用者の皆様やそのご家族との信頼関係を築くことが大切ではないでしょうか。信頼関係を築くためには、まず良好なコミュニケーションが欠かせません。マナー、接遇、クレーム対応も、その基本は「コミュニケーション」にあります。

ここでは、利用者様やそのご家族に安心して利用いただくための「コミュニケーション」を学ぶための講演、研修会の講師のご紹介をいたします。

介護職員の為の介護ビジネスマナー  初級編
介護で守るルールとビジネスマナー
これを知っておけば介護職員として困らない

藤井 円 ふじいまどか
福祉アナリスト
介護支援専門員
「全ての福祉に携わる人が幸せになるように。経営者も職員も利用者も幸せになる、よいつながりを目指して」老人ホームを運営していく上で必要不可欠な営業、育成、定着を、全てが上手く回るようにお手伝いします。老人健康施設に7年。グループホーム7年の実績で多種多様なお悩み相談を解決します。

介護施設であっても、ビジネスマナーは必要です。また、介護という特殊な業務に即したビジネスマナーも必要です。 ただ、それが出来ていない人が多いように見受けられます。 まずは、利用者さんへの言葉かけ、職員… (続きを読む)

利用者さんの明日を拓く言葉づかいとマナー

山岸弘子 やまぎしひろこ
+(プラス)のコトバ研究家

「+(プラス)のコトバは人を伸ばす」という確信をもとに、これまで多くの経営者・教育者・保護者のマインドセットを変革してきた。“叱って欠点を矯正する”過去の教育と決別し、+(プラス)のコトバで未来を切り拓く。

介護現場での言葉は、二極化しています。つまり、利用者さんの満足度を高めようと努力している介護現場とそうでないところとに、はっきりわかれてきています。 利用者さんの満足度を高めるためには、言葉とマナーを… (続きを読む)

患者さんや利用者とのコミュニケーション
患者さんとの話し方・聴き方・思いを引き出す質問の仕方

生利喜佐男 なまりきさお
コミュニケーション・ホーム喜舎代表
医療分野専門人材育成コンサルタント
医療・福祉分野は≪ヒューマン・サービス≫と言われ、【人が主役】のサービス業です。患者さんと対面のコミュニケーションで業務を行ないます。従って、医療分野の人材育成研修は医療ぞのものを理解し、医療現場の問題を把握していることが必須です。その条件を満たしている人材と思っています。

介護が楽になるコミュニケーション
介護は解語から

瀬川文子 せがわふみこ
コミュニケーションアドバイザー
アンガ―マネージメントファシリテーター
エニアグラムアドバイザー・絵本作家
客室乗務員(14年間)の経験、再婚家庭の子育て(結婚と同時に12才、7才の母)を通し、コミュニケーションの大切さを、講演、研修、著作で伝えている。子育ても企業の人材教育も信頼関係が重要。「想いが伝わる」コミュニケーション魔法の極意を楽しく分かりやすく、参加型の講演スタイルで伝授。

介護する側も介護される側もコミュニケーションの知恵があれば、心が通う介護が可能なことをロールプレイで実感できます。  例えば、利用者さんが「食べたくない」と食事が進まないようなときに、あなたなら何と声… (続きを読む)

一歩先ゆく上級者の接遇マナー
~すぐにできる!思いやりの心のあらわし方~

村尾孝子 むらおたかこ
医療接遇コミュニケーションコンサルタント
薬剤師
20年をこえる薬剤師としての現場経験に基づき、わかりやすい言葉で伝える「心身ともに笑顔になれる健康&コミュニケーション」講演が好評。「いつもワクワク、Always smiling!」をモットーに、一人ひとりの能力・資質を伸ばす健康&コミュニケーション&職場環境作りをサポートする。

当研修では、従来の接遇マナーの考え方を一歩進めて、思いやりの心をより丁寧に、分かりやすく患者・利用者さんに伝えるにはどのような方法があるか、どんな点に注意すればいいのか、等々を事例に基づいてお伝えしま… (続きを読む)

「介護を快互に」あなたの笑顔が日本の未来を作ります。

小山久子 こやまひさこ
笑顔が一番のミュージックセラピスト

介護家族として、認知症の実母に13年間寄り添った経験を機に、ミュジックセラピスト福祉レクリエーションワーカーに転職。講演では、現場での豊富な経験に基づき、介護する人もされる人も共に笑顔で楽しむことができる 、「介護を快互に変える方法」を実践を交えてわかり易く伝える。

人間は生まれたときから死へむかって歩んでいます。そして その過程で必ず老いがやってきます。その 「老い」にどのように向かい合うのか 先に老いを迎えた人にどのようにかかわっていけばいいのかを実体験からお… (続きを読む)

 

深層の気持ちに気付く
~より良い対応を目指すために~

三橋尚伸 みつはししょうしん
真宗大谷派 僧侶
産業カウンセラー
仏教とカウンセリングの融合を通し、本来人間が備え持つ成長する力を呼び起こし、多くの人々の心に健康を施す有髪の尼僧。僧侶とカウンセラーという二つの顔を使い分け、職場・家庭において心の病や問題を抱えて苦しむ人々を優しく癒す。自然なかたちで明日への自己活力を促す指導法が好評。
【ここがオススメ!】 

私達が何かを話してわかって欲しいと思っている時、先ず相手が本当に分かってくれる人なのか、信頼に足る人なのかを探ります。恐る恐るどうでも良い話をしながら様子を観察して、大丈夫そうだと感じた後で本当にした… (続きを読む)

介護者研修

葛西久仁子 かさいくにこ
株式会社K.BLOOM 代表取締役

国内最大手航空会社に入社後、1/600という難関を乗り越え首相特別機の乗務員や教官の教官などを務める。現在はそのノウハウの提供だけではなく、「何故それが必要なのか?」「どのように活用するのか?」を含めた研修を実施。コミュニケーションをベースに解決できる問題の全てに対応可能である。

福祉・看護・保健などの領域において、直接・間接にサービス利用者を最前線で援助する介護者・ホームヘルパーが、利用者を支え、癒し、共に分かり合える関係を作るために不可欠なコミュニケーションの手法を体得しま… (続きを読む)

心の架け橋を築く

松本 純 まつもとじゅん
親業訓練インストラクター
コミュニケーションアドバイザー
ADHDの息子を持ち、家庭崩壊の寸前までいった母親としての経験を基に、子育てに悩む親たちを支援。親と子の愛情をどう育むか、効果的なコミュニケーションの方法を具体的に伝授。親が愛情だと思っていても、子どもに伝わらなければ同じことと語り、親子関係の再生に向けて一筋の光を投げかける。

心を通わすことがコミュニケーションです。 お互いを尊重しながら、お互いの気持ちを通わすことができると、どんな問題が起きた時でも話し合いで解決することができます。 心の架け橋がないと、お互いの思いが分か… (続きを読む)

クレーム応対はこわくない
~本当のチャンスは、姿を変えてやってくる!~

徳永ミユキ とくながみゆき
キャリア・ビジネスマナー能力開発トレーナー
国際・企業イメージコンサルタント
帝国ホテル(東京)で約16年接遇・営業企画室に在籍。国内外会員向けの企画販促等に携わり社長模範賞など受賞。その後、教育コンサルティング会社で人材教育、新規営業開拓・新規事業プロジェクトなど手がけ独立。一流国際ベストホテルでのキャリアに基づいた人材教育で各審査員、講演会など活躍中。

組織にとって「クレーム=0」は、CSの基本目標です。 クレームの本当の意味を理解すれば、必然とCSの意味も理解できるでしょう。 クレームにならないための対策から消火策と頭では理解していても、なぜクレー… (続きを読む)

ハードクレーム解決術

援川 聡 えんかわさとる
株式会社エンゴシステム 代表取締役

大阪府警OB。元 刑事の経験を生かし、特殊クレームや事件を数多く解決したトラブルバスター。豊富な経験をもとに「反社会的な要求や特殊クレームの見極めと対応方法」の指導・サポートを行う。企業・組織のピンチに対し、頼れるプロフェッショナルとして活躍。NPO法人地域安全協会副理事長。

先の見えない不安な時代を実感されている皆様、社会不安を反映した悪質で反社会的要求は増加の一途です。 「どうしてくれる!今すぐ結論を出せ」「誠意をみせろ!」など、典型的な悪質クレームの対応方法を具体的に… (続きを読む)