身近な人が”がん”になったとき

清水浩司さん先日、映画『夫婦フーフー日記』(主演:佐々木蔵之介&永作博美)の原作者である、清水浩司さんのご講演を聴講しました。
清水さんは、当社コンサルタントが、購読している新聞記事をきっかけにご相談し、ご縁がつながった講師です。

”大切な人を亡くす”とは、どういうことなのか…?
身近な人に、自分に、同様のことが降りかかったときどうすればいいのか?
妻が入院したら?その時に子どもたちは?生活は?
記事をきっかけにそんなことを考え、一人でも多くの人に届けたいと講演のご相談をいたしました。

あなたはどう向き合いますか?

清水さんは、長年友人だった女性と結婚し、結婚後、奥様が妊娠。妊娠中に奥様にがんが見つかり、お子さんを出産、育児するも、その奥様はがんで先立ちました。
講演ではそんな奥様との出会いから、病気の発覚、闘病中のお話、出産と育児、そしてその後のお話をお聴きしました。
ご講演を拝聴し、自分の大切な人のことを思ったり、その人が病気になったときのことや、自分が病気になったときのことを考えたり、また、自分自身の人生について、あらためて向き合うことができました。

病気で苦しむ妻(夫)にあなたは何を、どんな言葉で伝えますか?

清水浩司さん闘病中の奥様に何を伝えれば良いのかわからなかった、と言う清水さん。

この問いに対し、自分なりに考えてみましたが、私も何と伝えれば良いのかわかりません。きっとそれは明確な答えはなくて、だからこそ闘病を支える方も、苦悩するのだと思います。
闘病中の奥様も苦しい、けれども支えている清水さんも辛い思いや、苦しい思いがあって・・・”大切な人が病気になること”ということの、重みを感じました。

奥様や、支える清水さんの思いや考えを、少しでも聴くことができ、
「病気と向き合うこと」
「一人の人の人生と向き合うこと」
「人に寄り添うこと」

などの深さや重さ、辛さ、切なさ、素晴らしさといったものを感じることができた気がします。

今、医療福祉に携わる方は勿論ですが、これから看護の世界に本格的に飛び込んでいく看護学生の皆様、また、大切な人と生きるすべての人に聴いていただきたい講演です。

今回ご提案した講師

「身近な人が“がん”になったときの心の持ちよう」
「家族でいかにして“がん”にあたるか」

清水浩司 しみずこうじ
作家
フリーライター
2015年5月に公開された映画『夫婦フーフー日記』(主演:佐々木蔵之介&永作博美)の原作者。闘病する妻を看取った経験を元に、「身近な人が“がん”になったときの心の持ちよう」「家族でいかにして“がん”にあたるか」「最愛の人を亡くした後のグリーフケアについて」などについて語る。
【ここがオススメ!】 「がんフーフー日記」ライター。奥様をガンで亡くし、その過程、その後のリアルな声を届ける。講演では、亡くなった奥様のコメントも登場し感動必至と反響を呼んでいる。