舞の海秀平さんのご招聘

舞の海秀平さん昨年の事になりますが、京都にある医師・歯科医の皆様のご団体よりご相談がございました。
医療関係者だけではなく、ご家族の皆様もお聴きになるということで、幅広い層に人気で、聴きやすい講演と考えた結果、NHK大相撲解説の舞の海秀平さんをご招聘いただくこととなりました。

当日は、コンサルタントも会場お伺いいたしましたところ、ご参加された皆様は、もともと相撲に興味のあるが多く、講演が始まる前から興味深々。

登壇前には、まず現役時代のDVDを上映。皆様のワクワクのムードはますます盛り上がります。

そして・・・ご本人の登壇

前半部分は相撲界の裏話。
取組の不思議や外国人力士の性格の違い、相撲文化が神事であること、そして賞金の額などを笑いを交えてお話しされました。

後半部分はご本人の力士時代のお話。
山形で教師になるつもりだった自分が、何故力士になろうと思ったのか。
逸話としても有名な、頭にシリコンを入れての新弟子検査に臨んだお話し。
親方に相撲以外で教えられた3つの教え
◎勝手も驕るな
◎負けても僻むな
◎礼を忘れるな

の話など、皆様どんどん引き込まれていきました。

今年に入り、22年ぶりに日本人の横綱が誕生したりと盛り上がっている大相撲ですが、現役の相撲解説者として活躍されている舞の海さんのお話を聞くことで、より興味を持って大相撲を見ることができるのではないでしょうか。

今回ご提案した講師

可能性への挑戦

舞の海秀平 まいのうみしゅうへい
NHK大相撲解説

“平成の牛若丸”の愛称で親しまれた、元小結。日本大学経済学部を経て、90年夏場所、初土俵を踏む(幕下付け出し)。最高位は小結で、技能賞5回受賞。99年11月九州場所後引退。現在は、大相撲解説・情報番組・CM等で活躍中。生まれ故郷である青森県鰺ヶ沢町の「ふるさと大使」。