食育とは、「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実践できる人間を育てることです。現代は子どもだけで無く、大人の我々も食生活の大切さを見直さなければならない時代になってきたと思います。人間が生きていくには、食べなければなりません。健康に生きていくためには、その食を改めて考え直す必要性があるのではないでしょうか。システムブレーンでは食育研修・食育講演におすすめな講師をご紹介いたします。

大人の食育
~食の積み重ねでカラダが変わる~

浅野まみこ あさのまみこ
管理栄養士
健康運動指導士
株式会社エビータ代表取締役
「食生活が楽しいと人生が100倍楽しい!」をモットーに活動。総合病院、女性クリニック、企業カウンセリングにて糖尿病の行動変容理論をベースに1万8千人以上の栄養相談を実施。その経験を生かし、現在は、食育活動やレシピ開発、食のコンサルティングをはじめ講演、イベントなど多方面で活躍中。

講演では、現在の日本の食の現状や問題点をベースに、受講者のみなさま自身の食生活を振り返っていただきます。   ・現代の食生活の傾向や問題点  ・「マスコミで多くとりあげられる健康情報に左右されない」正… (続きを読む)

子どもの能力を最大限発揮できるようになる食べ物選びのコツ~やる気集中力に必要な食べ物とは~

中沢るみ なかざわるみ
管理栄養士
野菜ソムリエ協会 講師
「食でカラダ革命」をテーマに、カラダだけでなくココロも元気になる「食べ方のコツ」を紹介する管理栄養士。「カラダが変わり、人生が変わった!」と評判になるほどの人気講師。「食」で人が変われることをお伝えするべく、学校・企業・行政などで年間100回以上講演を行い、リピート率90%。

カラダは食べた物から作られています。 何を食べるかでカラダやココロは変わってきます。  外食でも大丈夫、コンビニでも大丈夫、 どなたでもすぐに実践できる「今の自分に必要な食べ物」の選び方をご紹介します… (続きを読む)

心と身体の若さを保つ食事法

本多京子 ほんだきょうこ
医学博士・管理栄養士

実践女子大家政学部卒。東京医科大で医学博士号取得。現在、NPO 日本食育協会並びに日本食育学会理事を務める。プロ野球をはじめ、スポーツ選手に対する栄養指導の経験も豊富で、テレビや雑誌での健康と栄養に関するアドバイスやレシピも多数。著書60冊を超え、近著『塩分が日本人を滅ぼす』。

■この100年間に寿命が2倍に! ■平均寿命より健康寿命が大切 ■食べ過ぎ?それとも栄養不足(新型栄養失調)? ■高齢者の低栄養・新型栄養失調! ■「煮物にご飯」はたんぱく質不足? ■サルコペニア(筋… (続きを読む)

もったいないが食育の基本

森野熊八 もりのくまはち
料理人

「料理をより身近なものに」というポリシーのもと、楽しくて美味しい料理の世界を展開している。
近年、料理教室、トークショーや講演などを行い、既成の栄養学にとらわれない「熊八流食育」を提案するなど、さらに活動の場を広げている。


たくさんの輸入食材や、安い食材が店頭に並んでいます。  残留農薬、衛生管理など、食材の安全性は何で判断すれば良いのか?  有機野菜、減農薬、賞味期限、消費期限… 何気なく目にしてはいますが、何が違うの… (続きを読む)

「京都の暮らしとシンプルごはん」
~パパっと作ってきちんと食べる~

大原千鶴 おおはらちづる
料理研究家

京都・花背の料理旅館「美山荘」の次女として生誕。小学校の頃、大所帯のまかないづくりを経験し、料理に開眼。現在、二男一女の母の立場から、家庭で作りやすく美しい和食のシンプルレシピを提案。雑誌やテレビ、料理教室、講演など幅広く活躍している。著書『大原千鶴のかんたん美味和食』など多数。

知っておきたい新たな食品表示と食の安全
~ 賢い消費者の選択とは ~

森田満樹 もりたまき
消費生活コンサルタント
東京海洋大学非常勤講師
1985年 九州大学農学部食糧科学工学科卒業。食品会社研究所、民間研究機関勤務等を経て、現在は消費者団体である一般社団法人FOOD COMMUNICATION COMPASSを設立、事務局を運営。食品安全、食品表示、消費者関連について講演・執筆活動を行っている。


新たな食品表示制度がスタートした中、消費者が自ら情報を集めて知識を習得し、そして問題解決が出来るようにならなければなりません。昔と比べて食品に表示される情報は多くなっています。消費者自身が表示を適切に… (続きを読む)

みんなが幸せに生きるために
~たのしく健康に!食の大切さのおはなし~

枝元なほみ えだもとなほみ
料理研究家

劇団員、無国籍料理店スタッフを経て料理の道へ。オリジナリティあふれる料理、作りやすいレシピ、穏やかな人柄で人気を集めている料理家。現在もテレビ・雑誌で幅広く活躍し、『毎日、野菜いっぱい!枝元なほみのぜんぶおかずサラダ』『食べるスープレシピ』など、著書も多数出版している。

もっと健康に、たのしく、健全に、「食」とちゃんと向き合っていただきたいと願っています。 「食」を通してみんなが幸せに生きるために、みなさんの身近なところから食への関心を深めていただければと思います。 … (続きを読む)

いただきますとごちそうさまに心をこめて
~食といのちの大切な話~

森崎友紀 もりさきゆき
料理研究家

管理栄養士・製菓衛生師・中医薬膳指導員の経験を生かし、初心者でも楽しめる各国のレシピや「アンチエイジング」「ダイエット」「妊婦・授乳婦」の簡単レシピを考案。また、身近な食材でお洒落な食卓を演出するなど、料理研究家して注目を集める。各種イベントの講師、メニュー開発など幅広く活躍。

~五感で感じる食育 野菜を食べる意味~

小針衣里加 こばりえりか
日本フードバランス協会代表 バランス料理研究家 体内環境師 アンガーマネージメントキッズインストラクター ダイエットアドバイザー 野菜ソムリエ

食はいのち。人間の体や脳の働き、ストレスなどすべての生命活動において食事は関わっています。食材の栄養やバランス、組み合わせ、効能、野菜の見分け方、栄養を損なわない調理法、オシャレな盛付、味覚や五感を育てる食事やおやつなど楽しく、わかりやすく講義致します。

食育を通じて、地域力を高める取り組み

金丸弘美 かなまるひろみ
食環境ジャーナリスト
食総合プロデユーサー
総務省地域力創造アドバイザー
全国1000ヶ所を訪ねた各地の具体的事例を基に、食の安全、食からの観光、食の自給率の向上、農業の活性化、食育など、食による地域づくりの新しい形を提唱。また、食材のテキスト化から、横断組織で料理までを展開する食のワークショップで、食育と地域ブランドの連携を実践している。

○今後の望ましい展開 ・地域の食材になにがありどんなものがあるのかを知る ・地域食材がどんな味か知ること。その歴史的背景や栽培法や加工法や環境までを知る ・栄養士も食材の現場に足を運ぶ ・県・市・町の… (続きを読む)

親と子のための食生活講座

神崎夢風 かんざきむふう
健康料理研究家
栄養士
健康料理研究家、栄養士、食医食理念提唱者。1958年、宮崎県生まれ。1980年、「健康という結果を出す食教育」という食医食理念に基づく健康料理教室を開設。活性酸素の除去料理を他に先駆けて開発、各地で料理教室やセミナーにて活動中。

現代は技術の進歩によって生活が便利になり、生活スタイルも多種多様になった一方、一家団欒で食卓を囲むという、食を通じての「絆」が失われつつあるとも言われています。 忙しいからとインスタント食品やファスト… (続きを読む)

食と健康 ~食の安全と身体の関係~

村尾孝子 むらおたかこ
医療接遇コミュニケーションコンサルタント
薬剤師
20年をこえる薬剤師としての現場経験に基づき、わかりやすい言葉で伝える「心身ともに笑顔になれる健康&コミュニケーション」講演が好評。「いつもワクワク、Always smiling!」をモットーに、一人ひとりの能力・資質を伸ばす健康&コミュニケーション&職場環境作りをサポートする。

福島原発事故による放射線や放射性物質への不安は、いまや被災地だけにとどまらず、日本全国に広がっています。放射性物質の影響をできるだけ少なくして、将来にわたって健康被害が出ないようにしたい・・・この思い… (続きを読む)

安全な食品の選び方・食べ方

佐藤達夫 さとうたつお
食生活ジャーナリスト

「健康のためにはどのような食生活を送ればいいか」を解かり易く伝える食生活ジャーナリスト。巷に氾濫する健康情報のどれを信じればいいかを、科学的に明らかにする。メタボ予防や肥満予防、食品安全や食品表示にも詳しい。男女共同参画の視点から男性の家事参加の必要性を説き、実践している。
 

牛肉、鶏肉、輸入ほうれん草、牛乳、など、近年「食卓の安全」を脅かす事件が多発しています。若者がよく利用するコンビニの食材の安全性も気になるところです。 家族が安心して食事を楽しむために、主婦の責任は重… (続きを読む)

食事は心と体を育てる!

村松真貴子 むらまつまきこ
アナウンサー・エッセイスト

大学卒業後、SBS静岡放送にアナウンサーとして入社。「テレビ夕刊」などを担当。2年半務めて、退社後は東京へ戻り、NHKの番組に出演。現在は、講演活動、執筆と幅広く活躍している。また、社団法人全国公民館連合会では、唯一の女性理事。

NHK「きょうの料理」の「子育てファミリークッキング」を担当したことで、「食」に対する関心が生まれました。食生活ジャーナリストの立場からも、今「食育」の必要性を感じています。 子どもが台所に興味をしめ… (続きを読む)

キッチンからはじまる家族の絆

コウケンテツ こうけんてつ
料理研究家

テレビ・雑誌・料理教室などで人気の料理研究家。母・李映林から受け継いだ韓国料理だけにとどまらず、和食、中華、洋食、エスニック、お菓子など幅広いジャンルの料理を得意とする。自身の経験から「食育とは、家族で囲む食卓が原点」と語り、食を通してコミュニケーションを広げる活動にも力を注ぐ。
 

料理を作って食べることは、未来を創ること。 ライフスタイルの変化によって、家族そろって食事をする機会が減っています。 しかし、食事は家族の健康状態や心の動きを最もよく知ることができる、大切な時間。家族… (続きを読む)

食の大切さと「いのち」

小倉朋子 おぐらともこ
(株)トータルフード代表取締役
トータルフードプロデューサー/食輝塾主宰
亜細亜大学講師/日本箸文化協会代表
食の分野における企画・提案に精通。飲食のコンサルティング、商品・メニュー開発、伝統食・地方食文化の継承の他、「食と心」「食といのち」をベースに、トレンド戦略・食文化・食と健康・マナー等、食の教育を幅広く実践。日本箸文化協会代表として、箸からのホスピタリティマナー、和心等、「食べ方と日本人感」を提唱。

生活にもビジネスにおいても欠かせな「食」。 毎日の食事が、人生を大きく左右することは、「食育の大切さ」がクローズアップされていることからも 身近な食卓環境を見直すことで「ココロ」に変化が訪れ、人生観が… (続きを読む)

ハツラツ元気を作る“食”の知恵

小泉武夫 こいずみたけお
東京農業大学名誉教授
発酵学者・文筆家
1943年福島県の酒造家に生まれる。農学博士。専攻は醸造学・発酵学・食文化論。執筆、テレビ出演など多方面で活躍中。99年ギャラクシー賞(NHK『ようこそ先輩課外授業』 テレビ番組批評家懇話会放送文化顕彰委員会)他、受賞多数。食・食文化に関する数多くの書籍を執筆し、その数は100冊以上

「食みだれて心うしなう」 ファーストフードからスローフードへ あなたの食生活を見直してみませんか? ・スローフード ・日本の風土が生んだ食文化 ・発酵食品は優良食品 ・水の大切さ ・食の堕落と日本人 … (続きを読む)

「明日は明日の風が吹く」
~ 人生をより楽しく楽に送るための食 ~

麻木久仁子 あさぎくにこ
タレント

司会者、コメンテーター、クイズ番組等、知性派タレントとして活躍。また、読者家としても知られ、本を紹介するサイトや産経新聞では書評を担当するなどその活動は多岐にわたる。2010年に脳梗塞、2012年に乳がんを発症。自身の闘病体験を基に、講演会や情報番組等で検診の大切さを伝えている。
人間関係でつまづき、48歳で脳梗塞、50歳目前で初期の乳がん、母親の心臓病など、身も心もボロボロだった40代に出会った“薬膳”。体に良いと言われる食事法が色々ある中で、「食材全てに力がある」と考える薬… (続きを読む)

 

 「自治体・公的団体」特集ページ へもどる