自治体や公共的団体主催の講演会や研修会で、7月に弊社へ講演のご依頼をいただいた講師の方々を一部ご紹介いたします。
(*講師方のお立場やご事情等によりHPや講師ガイドブックではご紹介出来ない方もいらっしゃいますので、公開如何に関わらず気になる講演講師の方についてはお気軽にお問い合わせ下さい

よりよいくらしへのお役立ちヒント
~日米の生活体験を通じて~

ダニエル・カール だにえるかーる
タレント
山形弁研究家
旺盛な好奇心とバイタリティ溢れる行動力、ユーモア豊かなサービス精神、3年間の山形での生活で鍛えた山形弁を武器に、司会・コメンテーターなど幅広く活躍。国際交流、人権、男女共同参画など様々なテーマで講演を行い、東日本大震災以降、被災地へ支援物資を運ぶボランティアも行っている。
【ここがオススメ!】 

消費生活 私たちの暮らしやお金にまつわる消費生活全般の話題について、アメリカの家庭や学校における考え方の違いを交えながらお話しいたします。 広く一般の方々 (続きを読む)

マニュアルのない世界を生きる

養老孟司 ようろうたけし
東京大学 名誉教授

大ベストセラー『バカの壁』で有名な、医学博士。東京大学医学部卒業後、1年間のインターンの後、解剖学教室に入り、解剖学を専攻する。ものを多面的に捉えた切り口での現代社会問題を論じる講演は、分かり易く、非常に人気が高い。

最近の若者たちの不可解な行動様式や、脳死移植に揺れる世相などを例に引き、世間の暗黙のルールとそれを平準化しようとするマニュアル化社会の構造を分析。「ああすればこうなるという、なにもかも計算ずくの考え方… (続きを読む)

リーダーの本義
~その時、リーダー達はどう決断したのか~

門田隆将 かどたりゅうしょう
作家
ジャーナリスト
週刊新潮編集部の記者、デスク、次長、副部長を経て、2008年に独立。デスク時代には、800本近い特集記事を取材執筆。現在、ノンフィクション作家として、政治、司法、事件、歴史、スポーツなど多分野で活躍。“毅然と生きた日本人”をテーマに幅広いジャンルで感動作を生み出し続けている。

人間の器量は、土壇場でこそ発揮される。 ホンモノのリーダーとは、肩書きや年齢ではなく、本来の使命、すなわち「本義」に忠実に生きる人たちだ。 登場するのは、2011年東日本大震災による原発事故で事態収拾… (続きを読む)

心がフッと軽くなる「瞬間の心理学」
~前向きに暮らすためのヒント~

名越康文 なこしやすふみ
精神科医

大阪府立中宮病院(現:大阪府立精神医療センター)にて、精神科救急病棟を設立。1999年に同病院を退職後も引き続き臨床に携わる一方で、メディアをはじめ多分野で活躍。講演では、対人関係・セルフコントロールに役立つ心理的技法など、開催目的に応じてさまざまなエピソードを交えながら語る。

重い気分のとき、落ち込んでしまったとき前向きに生きるにはどうすればいいのか? すぐにネガティブ思考に陥ってしまいそうな時代の中で、心が楽になる具体的なヒントとは? ・身体から心を読み取るということ。 … (続きを読む)

学校の多忙化にどう向き合うか
本気で実行する業務改善の考え方と進め方

妹尾昌俊 せのおまさとし
学校業務改善アドバイザー
中央教育審議会委員
野村総合研究所にて10年以上、学校や行政のマネジメント改革、戦略づくり等に従事。2016年からフリーとなり、講演・研修などを幅広く手がける。学校マネジメントを解説した本『変わる学校、変わらない学校』の著者。学校や行政の内情をよく知り、かつ外部の視点からの助言・研修等が好評を得ている。

○業務改善とは何か、どのような考え方と留意点を踏まればよいか ○コスト意識を高めたり、タイムマネジメントを進めたりするには、どのような方法が有効か ○改善の先には何があるのか ○業務改善やコスト意識が… (続きを読む)

子どもを理解する力
~4人の発達障害の子育てから学んだこと~

堀内祐子 ほりうちゆうこ
自閉症スペクトラム支援士
特別支援士
傾聴心理士
発達障害(アスペルガー症候群、ADHD、LD)をもつ4人の子どもの母親。「子育て☆ぎふてっど」代表、自閉症スペクトラム支援士、特別支援士、傾聴心理士としても活躍中。講演では、発達障害有無に関わらず、子育て問題、問題行動に悩む母親・父親への対応法について具体的・実践的に語る。

子育てに迷い、悩み、苦労されているお母さん(お父さん)がいかに多いことか。 現代社会においては、ますますその傾向は増加の一途であると思います。  私は発達障害(アスペルガー症候群、ADHD、LD)を持… (続きを読む)

尾木ママの7つの人生力
~ありのままに今を輝かせる力~

尾木直樹(尾木ママ) おぎなおき(おぎまま)
教育評論家、法政大学名誉教授、臨床教育研究所「虹」 所長

教育評論家として、コメンテーター、執筆、全国各地への講演活動等幅広く活躍。子どもと教育、メディア問題等、現場に密着した調査・研究活動にも精力的に取り組んでいる。また、Eテレ「ウワサの保護者会」など、情報・バラエティ・教養番組に多数出演し、「尾木ママ」の愛称で親しまれている。

「人生力」とは、「人生に何があってもそれを逆に活かしながら乗り越えてしまう力」。次々とやってくるピンチにも明るく元気に前を向き、ありのままに今を輝き続けるためのヒントを尾木ママ自身の経験をもとにお話し… (続きを読む)

目利きの人生談義

中島誠之助 なかじませいのすけ
古美術鑑定家

東洋古陶磁器の魅力を世に広める。1994年放送開始の「開運!なんでも鑑定団」(テレビ東京系)にレギュラー鑑定士として初回より出演、鋭い鑑定眼と歯切れのよい江戸っ子トークでお茶の間の人気者に。「いい仕事してますね」の名言で《ゆうもあ大賞》受賞。東京南青山の「骨董通り」の名付け親。

古美術商として独立するまでの修業話や、目利きとなるための苦心談。“南青山骨董通り”はどのようにして生まれたか。古伊万里の器皿を世の中に広めるための逆転の発想。テレビ出演と驚異の視聴率を選るまでの道のり… (続きを読む)

テレビじゃ言えない健康話のウソ
~健康診断、ガン、インフルエンザから放射線まで~

中原英臣 なかはらひでおみ
医学博士
新渡戸文化短期大学 名誉学長
山野医療専門学校 副校長
日常の健康管理について、身近な問題を基に解りやすく解説する人気の医学博士。上手な医者のかかり方や現代人が罹りやすい病気についての話など、本当に知りたい事柄が満載の講演が好評を得ている。また、地球環境についても温暖化問題や環境汚染問題など、環境保護全般に対し鋭い提言をする。

著書『テレビじゃ言えない健康話のウソ』(文春文庫/2010年)より 肥満男性が増え、日々の歩数と野菜の摂取量が減り、年々不健康になっている日本人。その原因は、テレビの健康番組や健康雑誌が推奨する間違っ… (続きを読む)

「インターネットトラブル防止講座」 【保護者対象】
子どもたちをネットのトラブルや犯罪から守るために

赤木 聡 あかぎさとし
スクールネットワークアドバイザー

IT・情報・インターネットのプロとして20年のキャリアを持ち、子どもたちをインターネットによるトラブルや犯罪(サイバー犯罪)、特にスマホによって起こる、SNSのツイッター、FacebookやLINEでのトラブルから守るべく全国各地で講演活動中。

非常に速いスピードで変化するインターネットの世界にいち早く対応し、リアルタイムな情報(サービス、トラブル、事件等)を的確に伝え、なるべく専門用語を使わないわかりやすい説明と、子どもの思いに共感しながら… (続きを読む)

ゴミを出さないくらしのコツ

赤星たみこ あかぼしたみこ
漫画家

1979年マンガ家デビュー。少女マンガ、エッセイなど、幅広い層から支持され、環境にやさしいエコ家事についても造詣が深い。また、夫が家事を一手に担うという独自のスタイルを実践し、著書『ダメ犬ちゃん夫のしつけ 37のルール』(すばる舎/2005)を出版。夫を家事や育児に引き込むためのノウハウを伝授。
【ここがオススメ!】 

●ゴミ減量のための3R・4Rの説明 4R= リフーズ・リデュース・リユース・リサイクルについて実例を挙げて説明  ●コンポスト利用による生ゴミ削減のお話 バイオ式・乾燥式のコンポストの使い方説明  ●… (続きを読む)

実り多い豊かな人生 私は創造的でありたい。
~人生100年時代を生きるということについて~

若宮正子 わかみやまさこ
メロウ倶楽部 副会長
特定非営利活動法人ブロードバンドスクール協会 理事
一般社団法人熱中学園(熱中小学校)教諭
定年後、パソコンを独習。81歳でアプリ「hinadan」を開発し米・アップルの開発者会議に招かれる。2018年NY国連社会開発委員会で基調講演を行う。ブロードバンドスクール協会理事として、シニア世代へのデジタル機器普及活動にも尽力中。人生100年時代構想会議有識者議員。著書多数。

人間が人工知能(AI)とどう付き合っていくか。 それは、創造する、新しいことに挑戦すること。 これは、やはり人間にしかできないことだと思っています。  そして、人生100年時代を生きるために必要なのは… (続きを読む)

みんなで一緒にのびのび子育て
~育つ楽しさ、育てる素晴らしさ~

汐見稔幸 しおみとしゆき
東京大学 名誉教授
白梅学園大学 前学長
教育学、子どもの発達的人間学(教育人間学)、特にことばと人間形成を専門とする教育哲学者の一人。わかりやすくユーモアにあふれた講演内容は、教育現場で働くプロの教育者から子育て中の親まで幅広く支持されている。東京大学大学院教育学研究科教授、白梅学園大学教授・学長などを歴任。

落ち込み3秒で復活!ストレスマネジメント術
~心の安全を守り、組織に活力を与える~

高村幸治 たかむらこうじ
株式会社エナジーソース 代表取締役
モチベーションコンサルタント 
組織育成パートナー
人を育て、活かす「楽学スタイル」を提唱する人材育成トレーナー。自身の数々のどん底経験をさらけ出し、受講生の「あるある」共感を引き出しながら、失敗体験からの気づき、学びを変化・成長へと繋げる。

「失敗したらどうしよう・・・と考えてしまい、なかなか行動に移せない」  「何度も練習を繰り返しているのに、本番になると従来の力が発揮できない」  「どうやったら自信がつくのか分からない・・・」   多… (続きを読む)

ケータイ・スマホ、使っても大丈夫?
安全なケータイ・スマホ、ソーシャルメディアの使い方

高橋暁子 たかはしあきこ
ITジャーナリスト/コンサルタント

ITジャーナリストとして、ソーシャルメディア関連の書籍、雑誌、Webメディアなどへの執筆、企業などのコンサルタント、講演、セミナーなど、幅広く活躍。日本や海外の最新情報、大企業から個人・中小企業を含む具体的事例に詳しい。元小学校教員であり、初心者にも分かりやすい講演に定評がある。

中学生になった途端にケータイ・スマホを持ち始めてトラブルに遭うという子が多数いることはご存じですか?実は、何も考えずにケータイ・スマホを持つことで、トラブルや事件に巻き込まれてしまうことがあるのです。… (続きを読む)

「きょうの料理」から
笑顔を引出す会話力

後藤繁榮 ごとうしげよし
NHK「きょうの料理」「ラジオ深夜便」アナウンサー

アナウンサーとしてNHKに入局。2005年、放送批評懇談会の「ギャラクシー賞」奨励賞個人受賞。2016年フリーに。NHK「きょうの料理」「ラジオ深夜便」等に出演中。また、NHK日本語センター専門委員、NHK文化センター講師(よりよいコミュニケーションに資する講座を担当)。著書『「きょうの料理」のヒミツ』他。

コミュニケーション  広く一般の方々 (続きを読む)

元NHK「きょうの健康」キャスターが伝授!
~病気の予防につながる食事と運動とは?~

久田直子 ひさだなおこ
元 NHK「きょうの健康」キャスター
NHKEテレ「TVシンポジウム」医療シンポジウム司会
NHKEテレの健康情報番組「きょうの健康」司会を15年間続けてきました。話を聞いた医師、医療、介護関係者は700人以上。生活習慣病、認知症、がん、女性の健康、高齢者の食事と運動、セカンドオピニオンの取り方や医師からの話の聞き方、医療情報の取り方など、幅広いテーマでお話しできます。

この15年で700人以上の医師、医療関係者から直接話を聞いてきました。 医学用語は難しい、専門的で理解できない、情報がありすぎ、何が本当かわからない。 そんな方々に、病気予防につながる食事や運動法につ… (続きを読む)

日本経済のゆくえ
~世の中の流れ~

岸 博幸 きしひろゆき
慶應義塾大学大学院 メディアデザイン研究科 教授

通商産業省(現・経済産業省)入省後、コロンビア大学経営大学院にてMBAを取得。竹中平蔵大臣(当時)補佐官、政務秘書官などを務め、構造改革の立案・実行に携わる。現在は、テレビ番組のコメンテーターや講演会など幅広く活躍。広い知見を基に具体例を交えながらの講演は、信頼度も高く好評。

日本の動向、経済の行方を幅広い見識からお話します。 (続きを読む)

「がんばらない」けど「あきらめない」
~命を支えるということ~

鎌田 實 かまたみのる
医師・作家

1948年、東京都生まれ。東京医科歯科大学医学部卒業後、長野県・諏訪中央病院へ赴任。30代で院長となり、潰れかけていた病院を再生させた。一方、イラクやチェルノブイリ原発事故の被災地ベラルーシ共和国への医療支援、東北の被災者支援など精力的な活動を行っている。

紛争地や原発事故で被曝し、何の罪もない子ども達が充分な治療も受けられないまま死んでいくという現実。チェルノブイリ原発事故によって白血病になった子ども達を救うための支援活動を通して、命の尊さを語る。 ま… (続きを読む)

人生を楽しくする方程式

ピーター・フランクル ぴーたーふらんくる
数学者
大道芸人
国際数学オリンピック金メダリストで、大道芸人としても人気を博す数学者。語学にも長けており、大学で講義できる程度に話せる言語は12ヶ国語。その才能を活かし、100カ国以上を訪問している。現在は人生を楽しくするコツ等をより多くの日本人に伝えたいと、講演活動に力を入れている。

父から教わった「人間の財産は頭と心」という言葉を胸に抱いて生きてきた半生を振り返り、今の日本に一番欠けているものは生きる哲学だと感じている。「3つのゆ」夢・勇気・友人を大切にしてほしい。人生の主役はあ… (続きを読む)

インターネットと人とのかかわり合い
~突然、僕は殺人犯にされた~

スマイリーキクチ すまいりーきくち
お笑い芸人

コンビとして活動した後、ピン芸人へ転向。ニコニコしながら毒をはいて笑いをとる、毒舌漫談のスタイルが特徴。テレビ・ドラマ・連載など幅広く活躍。また、自身のネット中傷被害の経験を生かし、講演活動も行っている。2011年に著書『突然、僕は殺人犯にされた 』~ネット中傷被害を受けた10年間~を出版。
【ここがオススメ!】 

1999年、インターネットの掲示板に「殺人事件の共犯者である」という、事実無根の書き込みをされ、以後10年間にわたる誹謗中傷や脅迫を受け続けた経験。 警察や弁護士、ボランティア団体に相談するも、一切相… (続きを読む)

 
「自治体・公的団体」 特集ページ へもどる