自治体や公共的団体主催の講演会や研修会で、10月に弊社へ講演のご依頼をいただいた講師の方々を一部ご紹介いたします。
(*講師方のお立場やご事情等によりHPや講師ガイドブックではご紹介出来ない方もいらっしゃいますので、公開如何に関わらず気になる講演講師の方についてはお気軽にお問い合わせ下さい

ものづくり経営 “地道に愚直に徹底的に”
~意識が変われば会社が変わる~

稲林 章 いなばやしあきら
元 マツダ株式会社取締役購買本部長
元 西川化成株式会社代表取締役社長
マツダ株式会社取締役購買本部長の間、購入部品の競争力向上、取引先の経営支援、生産性向上支援活動などに従事。その後、銀行追加融資停止状態であった西川化成株式会社代表取締役社長に就任。わずか1年で債務超過解消、3年で累損解消、優良自動車用内外装部品会社へと再建を果たす。

経営者に必要な競争社会を勝ち抜くために必要な経営者の考え方、行動とは?稲林流ものづくり経営の基本とは何か?稲林流ものづくり経営の基本をお伝えします。 <西川化成改革の記録> 【1】西川化成の実態 ・バ… (続きを読む)

食でカラダ革命
~体内年齢を10歳若返らせる食べ方のコツ~

中沢るみ なかざわるみ
管理栄養士
野菜ソムリエ協会 講師
「食でカラダ革命」をテーマに、カラダだけでなくココロも元気になる「食べ方のコツ」を紹介する管理栄養士。「カラダが変わり、人生が変わった!」と評判になるほどの人気講師。「食」で人が変われることをお伝えするべく、学校・企業・行政などで年間100回以上講演を行い、リピート率90%。

「カラダが変われば・・・人生が変わる!」 食べ合わせのコツを知っているだけで、確実にカラダが変わってきます。 どなたでもすぐに実践できる「体内年齢を10歳若返らせる食べ方のコツ」を伝授します。 1、カ… (続きを読む)

報道から見た日本

辛坊治郎 しんぼうじろう
元 読売テレビ解説委員長
大阪綜合研究所代表
早稲田大学法学部卒業後、読売テレビ放送(株)入社。報道局情報番組部長、読売テレビ解説委員長を経て、現在はシンクタンク株式会社大阪綜合研究所代表。また、「ウェークアップ!ぷらす」「朝生ワイド す・またん!」のメインキャスターを務めるなど多方面で活躍。

※旬の時事・時局ネタを含んだ講演内容になります。   講演内容についてご要望がございましたら、弊社スタッフにご相談ください。 (続きを読む)

あきらめない心
~前向きに生きることで必ず道は開ける~

伊藤真波 いとうまなみ
元 パラリンピック水泳日本代表

看護師を志していた途上の20歳の時、交通事故で右腕を失う。失意のどん底から、親や家族との関わりにより不安や葛藤を乗りこえ、看護師の道に進む。また、パラリンピック水泳日本代表やバイオリン演奏など、「夢や希望」を常に前向きに実現させる。現在、育児をしながら講演活動も精力的に行っている。

看護師を目指す、その途上での事故により右腕を切断。  その後、様々な人に支えられ、看護師復帰、パラリンピック出場、結婚、出産と、幾多の困難を乗り越え、夢を実現してきました。 「どのような状況にあっても… (続きを読む)

最後まで自分らしく
~人生に「遅すぎる」はない~

家田荘子 いえだしょうこ
作家
僧侶(高野山本山布教師・大僧都)
光の当たっていない世界や女性など、「常に弱者の視点から真実を描き伝える作品」に定評がある作家。一貫して現場・現実主義を貫き、作品で描く当事者には必ず会って真実を掴むという取材を続けている。講演では、自身で取材した真実に基づき、発言をし続けている。

私たちは、人と違うことを避け、「皆と一緒」ということに安心を覚えるような環境で育って来ました。 けれども、今こそ、自分自身や自分の人生を大切に見つめてみる時が来たのではないでしょうか。 私もその一人で… (続きを読む)

上司と部下のコミュニケーション
~パワハラにならない言葉の使い方~

藤原寛子 ふじわらひろこ
社会保険労務士
キャリアカウンセラー
セクハラ・パワハラ研修講師
心理学を応用し、イキイキと働きやすい職場づくりを支援するセクハラ・パワハラ防止研修講師。研修を通じて働きやすい職場づくり、やる気アップ、生産性向上を支援。また、「女性のためのチャレンジ相談員」として様々なカウンセリングのキャリアを積み、豊富な事例と実践参加型ワークショップが特徴。

部下の能力を引き出すのは、管理職の役目です。 コミュニケーションが多様化している今、そしてパワハラの認知度が高まっている今、管理職は、コミュニケーション能力が求められています。 パワハラにならない言葉… (続きを読む)

子どもを犯罪の被害者にも加害者にもしない子育て
~問われる親の責任と覚悟~

幸島美智子 こうじまみちこ
元 警視庁警察官
子育てアドバイザー
警察官のキャリアと子育て経験を基に「少年犯罪予防委員会」を設立(~2011年)。「我が子を犯罪者にしない子育てこそが、日本の治安回復に直結する」と犯罪予防に取り組む。講演では、防犯・少年犯罪予防の他、段階的な子育て法を説き、子育てに迷う親や防犯に取り組む人たちに大きな力を与える。

少年非行・少年犯罪の低年齢化(小学校1年生の万引き等)の原因がわからず、子育てに不安を抱えている親が多い。現実問題として幼稚園生の我が子と一緒にお風呂に入らない(理由は面倒くさいから)親が増えてきてい… (続きを読む)

笑顔の戦士 ~生きているって幸せ~

道志真弓 どうしまゆみ
フリーアナウンサー
“幸せ気づき”プロデューサー
前 熊本市人権教育講師
不妊治療の末に授かった娘は世界で30数例の染色体異常と診断され、8歳で他界。歩く事も話す事も出来なかったが、娘を囲んで笑顔が絶えない日々。娘が私たち家族に教えてくれたこと、そして命の大切さ、家族であること、生きるということ等、講演を通して、皆さまと共に考えていけたらと思っている。

「ゼロをプラスにする」 歩ける、話せることは、けっして当たり前のことではありません。 せっかく五体満足で生まれてきたのだから、一生懸命生きなければ損。 たとえつらい事があっても、ポジティブな気持ちで前… (続きを読む)

笑いの現場から学ぶ!
最強医療コミュニケーション『なんでやねん力』

Wマコト だぶるまこと
お笑い研修プログラム講師

吉本興業の劇場を中心に漫才活動、USJにてMC活動などを経て、放送作家に転身。現在はテレビ・ラジオの企画・構成、イベント・ライブのMC、ラジオパーソナリティ等を務める。また、日本初の漫才式セミナー講師として、“笑い”を活用したコミュニケーション術の第一人者として、全国で研修・講演を実施。

昨今、医療の高度化・複雑化に伴い専門分化が進んだことで、根本的な医療・看護の在り方が問われる中、チーム医療・地域医療が推進されています。そこでチームコミュニケーション・フォローコミュニケーションの最高… (続きを読む)

楽家事でワーク・ライフ・バランス!
〜ワーク家事をライフ家事にする方法〜

山田 亮 やまだりょう
家事ジャーナリスト
スーパー主夫
妻は外で働き、夫は主に家事・育児を担当するという、独自のライフスタイルを実践。“スーパー主夫”の先駆者として、注目を集めている。自身のHPで、ジェンダー問題・男性が家事を行うこと・男性の生活自立などのメッセージを発信。メディア等にも取り上げられ、反響を呼んでいる。

ワーク・ライフ・バランスといわれても、どこかしっくりこないのは、生活統計的にはライフであるはずの家事が、実際にはワークになっているからかしれません。これは、家事を「やらされる」男性も、「やることになっ… (続きを読む)

パーソナリティ奮戦記

道上洋三 どうじょうようぞう
朝日放送パーソナリティ

ラジオ「おはようパーソナリティ道上洋三です」でおなじみの人気パーソナリティ。学生時代は110mハードルの選手として活躍し、インターハイや国体にも出場経験がある。講演では、軽快な語り口と聴講者の心を把えて離さないストーリー展開が各地で好評を得ている。熱狂的な阪神タイガースファン。

前例がなければ作ればいい
(トーク&コンサート)

青野浩美 あおのひろみ
声楽家

声楽家をめざしていた矢先、原因不明の神経性難病を発症。命を守るため「気管切開」。歌手を諦めず、“気管切開をした声楽家”として活動中。著書『わたし“前例”をつくります 気管切開をした声楽家の挑戦』 。京都光華女子大学医療福祉学科言語聴覚専攻在学中。

声楽家をめざしていた矢先、原因不明の神経性難病を発症。命を守るため「気管切開」。歌手を諦めず、“気管切開をした声楽家”として活動中。著書『わたし“前例”をつくります 気管切開をした声楽家の挑戦』 。 … (続きを読む)

ネット詐欺・携帯被害のワナ
~その仕組みを知ることで防げる被害~

篠原嘉一 しのはらかいち
NIT情報技術推進ネットワーク(株)代表取締役
兵庫県情報セキュリティサポーター
IT関係事業者とwebの有効利用を研究するため、情報技術推進ネットワークを開設。子ども達へのカウンセリング経験から、心身の傷は携帯電話やネットの影響が多く、被害の現状を知らずにいる学校関係者やIT事業者にも現状を伝えようと、兵庫県情報セキュリティサポーターとして被害防止に尽力中。

「機械モノはわからないから・・」「インターネットは利用しないし・・」 そう思いの方もおられると思います。しかし、テレビも地上デジタル化され、今や地デジのテレビはインターネットに繋がる立派なパソコンとな… (続きを読む)

防災は自助・互助・協働のまちづくり
~力をつける・たすけあう・ともにつくる~

正木 明 まさきあきら
気象予報士・防災士

朝日放送「おはようコールABC」「おはよう朝日です」の“正木さんのお天気です”でおなじみの気象予報士。気象予報士・防災士等の知識と経験を生かし、環境問題や防災・健康等身近な生活環境問題にも目を向け活動。また、最近は父親の立場から「イクメン」についても研究中。

日本は、地震をはじめ、火山の大規模噴火や風水害など、世界的に見ても自然災害の多い国です。 大震災など災害の発生を防ぐことはできませんが、災害に対する十分な知識と災害が発生してしまった場合の対応や知識を… (続きを読む)

 

「自治体・公的団体」 特集ページ へもどる