2017年の1年間、システムブレーンはたくさんの講師にご講演をお願いしてまいりました。
それぞれのテーマでの人気講師を、ランキングでご紹介致します。
官公庁・自治体の皆様、講演依頼の際ぜひご活用下さい★
※掲載許可をいただいている講師のみでランキングしております。

システムブレーンでは啓発講演会をご計画の皆様に、無料で資料のお渡しをしています。
資料のご請求はこちら

◆◇講演テーマ一覧

【人権啓発】  【男女共同参画】  【健康】  【福祉・介護】  【防災・防犯・交通安全】  【地域活性】  【消費生活】  【環境問題】  【文化・教養・生涯学習】  【時局・経済】  【行政職員研修】

人権啓発

1位 さくらいりょうこ さくらいりょうこ
人生を奏でる講演家フルート・オカリナ奏者
音大卒業後、将来を嘱望されるフルーティストとして活動の途上、難病「クローン病」発症。苦難の闘病から、数々の貴重な気づきと運命に負けない強さを授かる。その後「奇跡の演奏家」として復帰。慈愛に満ちたトークとオカリナ演奏のステージは1500回を超え、客席は常に感動と感謝の声に包まれる。

人権について学ぶ【イベント・コンサート】

2位 仲島正教 なかじままさのり
教育サポーター
小学校での21年間に及ぶ教師経験を基に、子育てや学校教育における「真の人権教育の大切さ」を語る教育者。教育現場で得た子どもたちとの様々な感動体験を交えながら、親や地域の大人が今こそ改めて認識すべき「人権意識」について、“優しい風(loving-wind)”にのせて世に贈り続ける。

子どもの人権・いじめ・体罰 

3位 南雲明彦 なぐもあきひこ
明蓬館(めいほうかん)高等学校共育コーディネーター
21歳の時にLD(学習障害)の1つであるディスレクシア(読み書き障害)であることがわかる。高校時代より不登校、引きこもり、うつ病など、様々な経験をする。子どもがSOSを出せて、そのSOSを大人が見逃さないために何ができるのか。全国各地で講演をしながら、対話を続けている。

障がいのある方の人権 

「人権啓発」の自治体講演会~弊社実績例はこちら

男女共同参画

1位 林家木久蔵 はやしやきくぞう
落語家
1975年東京都生まれ。玉川大学文学部芸術学科卒業後、父親でもある、初代・林家木久蔵(現在の林家木久扇)に入門。2007年9月 真打に昇進し、二代目・林家木久蔵を襲名。落語以外にも、テレビ出演や講演など活動の場を広げている。著書『がんばらない子育て』(木久扇との共著)などを出版。

男性の意識改革・これからのパートナーシップ

2位 小宮山洋子 こみやまようこ
ジャーナリスト
元NHK解説委員・アナウンサー。1998年参議院議員に。2003年から衆議院議員(4期)。厚生労働大臣、少子化対策担当大臣等を歴任。2013年1月政界を引退、これまでの経験を生かし、社会保障(子育て、超少子高齢社会への対応等)、労働問題(特に女性)、男女共同参画をテーマに各地で講演。

男女性活躍推進・チャレンジ支援

3位 佐光紀子 さこうのりこ
ナチュラルライフ研究家
翻訳家
自然素材を取り入れることで子どもも含め、家族で家事を分担する家庭内ワークシェアリングを提案。男女共同参画、男性の家事参加などについて、講演、執筆を中心に活動を展開。翻訳を通して児童労働反対運動に関わり、児童労働や南北問題が、日本人の生活とどう関わっているかに焦点を当てて講演。

ワーク・ライフ・バランス

「男女共同参画」の自治体講演会~弊社実績例はこちら

健康

1位 久田直子 ひさだなおこ
元NHK「きょうの健康」キャスター NHK「TVシンポジウム」医療シンポジウム司会
NHK Eテレの健康情報番組「きょうの健康」司会を15年間続けてきました。話を聞いた医師、医療、介護関係者700人以上。生活習慣病、認知症、がん、女性の健康、高齢者の食事と運動、セカンドオピニオンの取り方や医師からの話の聞き方、医療情報の取り方など、幅広いテーマでお話しできます。

こころの病・自殺を予防するために

2位 橋本テツヤ はしもとてつや
ジャーナリスト・コラムニスト 肥満予防健康管理士・メンタルケア心理士
文化放送パーソナリティーからフリーアナウンサーを経てテレビ番組制作会社を経営。古代衣装に造詣が深く、皇太子殿下ご成婚時、雅子妃殿下の「十二単」をNHKテレビで解説。著書に『迷いを断つ諺』他多数。また、地域精神医療(コミュニティ精神医療)に携わるなど多方面にわたって活動している。

元気で長生き!

3位 小久保晴代 こくぼはるよ
フリーアナウンサー 健康・防災・安全管理 アドバイザ-
スポーツ実況・イベント司会等で活躍。健康管理士、運動指導士、防災士、船舶操縦士等の資格を取得し、健康・防災・安全管理アドバイザ-として、企業・自治体等で年間100回以上の講演・運動指導を行う。また、認知症・介護予防「活脳塾」塾長、専門学校講師(健康・安全衛生)等も務める。

生活習慣病対策

「健康」の自治体講演会~弊社実績例はこちら

福祉・介護

1位 久田直子 ひさだなおこ
元NHK「きょうの健康」キャスター NHK「TVシンポジウム」医療シンポジウム司会
NHK Eテレの健康情報番組「きょうの健康」司会を15年間続けてきました。話を聞いた医師、医療、介護関係者700人以上。生活習慣病、認知症、がん、女性の健康、高齢者の食事と運動、セカンドオピニオンの取り方や医師からの話の聞き方、医療情報の取り方など、幅広いテーマでお話しできます。

在宅医療・在宅介護

2位 中澤まゆみ なかざわまゆみ
ノンフィクション・ライター
介護をきっかけに、医療と介護、福祉分野へ。徹底的な現場の取材と情報収集をもとに、「むずかしいことをやさしく、やさしいことをふかく、ふかいことをおもしろく」伝えたい、というのがモットー。講演では「老後の不安を安心に変える知恵と工夫」と、「在宅医療」の可能性について解り易く伝える。

エンディングノート・終活、相続、成年後見

3位 三遊亭多歌介 さんゆうていたかすけ
落語家
東京生まれの江戸っ子噺家。親の仕事の関係(建設関係)で幼少の頃は鹿児島~埼玉県越谷にて成長し、学生の頃より人を笑わせる快感を覚え、中学にて落研を創設。母校(春日部共栄)では現在でも落語会を開催し、生徒たちに落語・大喜利・古典芸能を師事している。独演会も全国にて多数開催。

地域の福祉力

「介護・福祉」の自治体講演会~弊社実績例はこちら

防災・防犯・交通安全

1位 三遊亭多歌介 さんゆうていたかすけ
落語家
東京生まれの江戸っ子噺家。親の仕事の関係(建設関係)で幼少の頃は鹿児島~埼玉県越谷にて成長し、学生の頃より人を笑わせる快感を覚え、中学にて落研を創設。母校(春日部共栄)では現在でも落語会を開催し、生徒たちに落語・大喜利・古典芸能を師事している。独演会も全国にて多数開催。

交通安全・交通事故防止

2位 天達武史 あまたつたけし
気象予報士
フジテレビ系列の情報番組「とくダネ!」の気象キャスターを務め、同番組の司会者が呼びかける「あまたつ~!」で、全国的に人気を博す。分かりやすく天気予報を伝え、異常気象や災害時などは現場取材がモットー。天候・気候を基本に各地で講演を行い、テーマは「防災」「健康」「自己啓発」など。

防災対策(個人~家庭での対策)

3位 夢見亭わっぱ ゆめみていわっぱ
啓発落語人
1982年の初高座。「悪質商法防止落語」「防犯落語」が好評の“啓発落語人”。送り付け商法など、最新の悪質商法の手口について、落語を交えて解かりやすく伝える。消費者や高齢者が悪徳商法に引っかからないよう、落語を通じて警鐘を鳴らす活動を行っている。

防犯対策

「防災・防犯・交通安全」の自治体講演会~弊社実績例はこちら

地域活性

1位 水津陽子 すいづようこ
合同会社フォーティR&C 代表 経営コンサルタント
地域資源を発掘・活用した地域ブランドづくりや新たな観光まちづくり、自治会・町内会活性化など、地域活性化・まちづくりをテーマに活動するコンサルタント。他にない豊富な事例を有し、これまでの講演数は1000本超。地方創生法に関連し衆議院経済産業委員会に参考人出席した。

自治会・町内会 と まちづくり

2位 林家木久蔵 はやしやきくぞう
落語家
1975年東京都生まれ。玉川大学文学部芸術学科卒業後、父親でもある、初代・林家木久蔵(現在の林家木久扇)に入門。2007年9月 真打に昇進し、二代目・林家木久蔵を襲名。落語以外にも、テレビ出演や講演など活動の場を広げている。著書『がんばらない子育て』(木久扇との共著)などを出版。

生涯活躍のまちづくり

3位 ダニエル・カール だにえるかーる
タレント・山形弁研究家
愉快な山形弁でテレビ・映画出演と大活躍する異色の外国人タレント。旺盛な好奇心とバイタリティあふれる行動力、ユーモア豊かなサービス精神、3年間の山形での生活で鍛えた山形弁を武器に、司会・コメンテーターなど幅広く活躍。東日本大震災以降、被災地へ支援物資を運ぶなどのボランティア活動中。

シティプロモーション

「地域活性」の自治体講演会~弊社実績例はこちら

消費生活

1位 垣田達哉 かきたたつや
消費者問題研究所 代表 食品問題評論家
BSE、鳥インフルエンザ問題などの食の安全や、食育、食品表示問題に関する第一人者。食品問題評論家、食アドバイザーとして、評論や執筆活動・講演等を手がけ、日本テレビ「世界一受けたい授業」にも出演。表示問題を中心に、消費者が見落としがちな食の安全に関する真実について分かりやすく説く。

食品表示と食の安全

2位 笑福亭松枝 しょうふくていしょうし
落語家
人権・教育・男女共同参画などのテーマを、楽しい落語を織り交ぜて話す落語家。1969年、故 6代目笑福亭松鶴に入門。レパートリーは古典落語100席新作落語10席。笑ってもらうことを不可欠に、日常の中での小さな発見や反省・感謝などを落語を通して伝える講演は好評。

悪徳商法・振り込め詐欺対策

3位 林家木久蔵 はやしやきくぞう
落語家
1975年東京都生まれ。玉川大学文学部芸術学科卒業後、父親でもある、初代・林家木久蔵(現在の林家木久扇)に入門。2007年9月 真打に昇進し、二代目・林家木久蔵を襲名。落語以外にも、テレビ出演や講演など活動の場を広げている。著書『がんばらない子育て』(木久扇との共著)などを出版。

悪徳商法・振り込め詐欺対策

「消費生活」の自治体講演会~弊社実績例はこちら

環境問題

1位 天達武史 あまたつたけし
気象予報士
フジテレビ系列の情報番組「とくダネ!」の気象キャスターを務め、同番組の司会者が呼びかける「あまたつ~!」で、全国的に人気を博す。分かりやすく天気予報を伝え、異常気象や災害時などは現場取材がモットー。天候・気候を基本に各地で講演を行い、テーマは「防災」「健康」「自己啓発」など。

異常気象について学び、早めの防災対策と避難行動を!

2位 依田 司 よだつかさ
お天気キャスター 気象予報士
テレビ朝日で活躍中のお天気キャスター。最新のオリコン「好きなお天気キャスター」では3位を獲得している。報道ステーションにて、5年間に渡り防災気象解説を担当し、異常気象に詳しい。また、環境省よりIPCC伝道者に任命されており、地球温暖化問題に造詣が深い。

異常気象・地球温暖化対策

3位 三遊亭多歌介 さんゆうていたかすけ
落語家
東京生まれの江戸っ子噺家。親の仕事の関係(建設関係)で幼少の頃は鹿児島~埼玉県越谷にて成長し、学生の頃より人を笑わせる快感を覚え、中学にて落研を創設。母校(春日部共栄)では現在でも落語会を開催し、生徒たちに落語・大喜利・古典芸能を師事している。独演会も全国にて多数開催。

廃棄物・リサイクル対策

「環境問題」の自治体講演会~弊社実績例はこちら

文化・教養・生涯学習

1位 佐久間レイ さくまれい
声優・歌手・劇作家・作詞家
テレビアニメ「それいけ!アンパンマン」のバタコ役や、「魔女の宅急便」ジジの声などでもおなじみの声優であり、歌手・脚本家。アニメーションや洋画の吹き替えテレビコマーシャル、番組ナレーションの他、命や人間の心をテーマにした物語を執筆し、自ら「語る」活動を展開、全国で好評を博している。

芸術鑑賞・イベント

2位 夏井いつき なついいつき
俳人 初代俳都松山大使 俳句集団「いつき組」組長
俳句のイメージを一新する楽しいお話しを交え、俳句の簡単な作り方をお教えします。コツをつかめば誰でも5分で一句ひねることができますよ。そんな魔法の技を知れば、あなたも俳句がだんだん好きになる!

伝統芸能・伝統文化

3位 笹野高史 ささのたかし
俳優
テレビ・映画・舞台と幅広く活躍。主な作品に、NHK大河ドラマ「天地人」、「ドクターX ~外科医・大門未知子~」(EX)など、映画では「釣りバカ日誌1~20」「男はつらいよ」シリーズなど。映画「武士の一分」で第30回アカデミー賞最優秀助演男優賞を受賞。最近ではバラエティー番組、CMと多方面で活躍。

歴史・文化

「文化・教養・生涯学習」の自治体講演会~弊社実績例はこちら

時局・経済

1位 須田慎一郎 すだしんいちろう
経済ジャーナリスト
政界、官界、財界での豊富な人脈を基に、数々のスクープ報道をものにしている経済ジャーナリスト。2007年から2012年まで、内閣府 多重債務者対策本部有識者会議委員を務める他、テレビ朝日「ビートたけしのTVタックル」等、情報・報道番組にも数多く出演。

2位 戸桝茂哉 とますしげや
ライター/作家/時事アナリスト/政治評論家/IT評論家
大学卒業後、中小企業局次長・農林水産団体局長・防衛政務次官などを歴任した代議士の他、文部科学委員会委員長を務めた代議士など数々の代議士の下で政策決定の裏側を見てきた。その後、IT企業のビジネスサイドで活動し、現在は時事アナリストとして多方面に活躍中。

3位 田﨑史郎 たざきしろう
時事通信社特別解説委員
中央大学法学部法律学科卒業後、時事通信社入社。自民党はじめ民主党、公明党、維新の会などを幅広く取材。政治取材は38年余。現在、社会資本整備審議会公共用地分科会委員。TBS系「ひるおび!」「ニュースキャスター」、BSフジ「プライムニュース」などテレビ出演も多数。

政治・経済・国際情勢

時局・経済」の自治体講演会~弊社実績例はこちら

行政職員研修

1位 鎌田 敏 かまたびん
こころ元気配達人 こころ元気研究所 所長
豊かな人間関係や生きていることの素晴らしさ、心の豊かさ、生き甲斐を、明るい人生の態度と心の健康の大切さを通じて広く訴えかけている。出逢いに感謝し、元気配達を使命とし、笑顔と元気を分かち合うべく、分かりやすく・楽しく・ためになる講演を行っている。

コミュニケーション

2位 岸見一郎 きしみいちろう
哲学者
京都大学大学院文学研究科博士課程満期退学。専門の哲学と並行し、アドラー心理学を研究。精力的にアドラー心理学や古代哲学の執筆・講演、精神科医院等で多くの「青年」のカウンセリングを行う。 著書『嫌われる勇気』(古賀史健氏との共著)が、160万部を超えるベストセラーとなる。

アンガ—マネジメント

3位 森川あやこ もりかわあやこ
人材育成コンサルタント スマイル幸師
78000人のオーディションでグランプリ&フォトジェニック賞をW受賞し映画に準主役で出演した元アイドル女優。また、リポーター等も経験し、伝える、表現することの大切さを実感。研修講師としての経験・実績も多く、各地で毎回キャンセル待ちが出る大人気講師。

リーダーシップ/組織力

 

「自治体・公的団体」特集ページ へもどる