各界の第一線でご活躍されている方や豊富な経験や実績をお持ちの方など、当社では約10000名以上の講師の方にご登録をいただき、日々全国各地の講演会や研修会、セミナー等でのご講演でお世話になっております。その講師の中のお一人である落語家の桂福丸さんが、文化庁主催の文化庁芸術祭において「平成29年度文化庁芸術祭大衆芸能部門新人賞」を受賞されました。

桂 福丸 かつらふくまる
落語家

灘中灘高、京大法学部卒の上方落語家。各地の落語会に出演中。落語家になるまで様々な職業を経験し、中間管理職の経験もある。海外での英語落語経験もあり。また、阪神大震災を高校生の時に体験し、その生々しい体験から、笑顔の大切さを学んだことが、現在の職業に結びついている。

 

文化庁芸術祭は,広く一般に優れた芸術の鑑賞の機会を提供するとともに,芸術の創造とその発展を図り,もって我が国芸術文化の振興に資することを目的として昭和21年以来毎年秋に開催される芸術の祭典です。文化庁芸術祭の形態は,執行委員会もしくは執行委員会が委嘱した芸術家等が企画して行う主催公演,芸術祭の期間中に開催される優れた活動実績を持つ芸術家等が行う公演等のうちから,芸術祭にふさわしい内容と認めるものを執行委員会が委嘱する協賛公演,さらに,芸術祭に参加を希望する公演(演劇,音楽,舞踊,大衆芸能の4部門)や作品(テレビ・ドラマ,テレビ・ドキュメンタリー,ラジオ,レコードの4部門)のうちから執行委員会が芸術祭にふさわしいものとして参加を認めた参加公演および参加作品があります。参加公演・参加作品については,それぞれの部門で公演・作品内容を競い合い,成果に応じて文部科学大臣賞(芸術祭大賞,芸術祭優秀賞,芸術祭新人賞)が贈られます。(*文化庁HPより)

 

 

今回で72回目となるこの文化芸術祭。この他演劇部門では舞台「AMADEUS」に主演された九代目松本幸四郎さんが大賞を受賞される等、各芸術部門で素晴らしい成果、業績を残された方々に賞が贈られています。

 

 

当社において、近年実績では特に自治体や社会福祉協議会様主催の防災講演会や人権講演会、また企業様が主催される安全大会などの講演会で桂福丸さんにお世話になっており、参加者の反応などを見ながらお話され、内容も分かりやすく面白いと大変好評です。この他、教育・青少年育成、リーダーシップなどのテーマでのご講演もされており、平成30年度の講演会、研修会をご計画中の主催者様からも何件かご相談を頂戴しております。次年度の講演会ご計画にあたり、是非一度ご検討下さいませ。詳しいご相談・お問い合わせは弊社担当者か、ウェブの無料相談よりお気軽にお寄せ下さいませ。

講演タイトル例

【人権・平和】
気づけば高まる人権意識
~ 笑いとコミュニケーションが生む絆 ~
(講演&落語)

【安全管理・労働災害】
「笑いとコミュニケーションによる安全対策
~『人の気』を使って楽しい職場を~」

コンピューターには100パーセントがあるが、人にはない。だとすると確率を上げる以外に事故を防ぐ方法はない。人を動かす「気」に注目し、個人の意志をまず強固にし、その後それを複数のチームの意志に、そしてそ…

プランへ移動

【リーダーシップ】
「若者の心に響く怒り方」

・「怒る力」も仕事力の一つ ・若者は若者なりに考えている ・怒る前に信頼関係の構築が重要 ・褒めると怒るのバランスが大事 ・仕事への情熱を伝える重要性 例<講演1時間・落語30分> ①講演 ・まずはど…

プランへ移動

【防災・防犯】
「心と心をつなぐ防災~人と人とのコミュニケーションが産む絆~」

実際に阪神淡路大震災を経験したことから、極限状態で人がどのように思考、行動するかを考えてみようと思います。また、そこから学ぶことができた防災の考え方。人と人とのつながりが最も大事であるということ、そし…

プランへ移動

【その他実務スキル】
「怒られ力~新社会人は打たれてナンボ!」

・打たれ弱いことはダメなことではない ・どの環境にいても怒られるものである ・怒ってくれる人は味方である ・怒られても気分を元に戻すやり方がある ・人によって怒り方は違う ・怒られることが仕事を学ぶ近…

プランへ移動

【教育・青少年育成】
「生きる道の見つけ方~将来の進路をどう決めるか~」

・自分の人生は自分で決めること ・仕事には向き、不向きがある ・生きていくと辛いこともあるが、生きることは本当に素晴らしい ・縁と運とカンが大事である ・縁と運とカンを手に入れるためは努力が大事 ・目…

プランへ移動

 

「自治体・公的団体」特集ページ へもどる