趣味を通して、気軽に地域参加をしてほしい

高齢者の元気を応援する講演会、というコンセプトでご依頼頂いた事例を紹介します。高齢者を応援し、生涯現役社会に向けた高齢者の元気維持と社会参加のきっかけづくりを目指し、開催されました。

企画担当者の方からは「趣味や特技・知識を活かして、気軽に”地域デビュー”をして欲しい。そして、同じ趣味の仲間を増やして、元気に楽しんで貰いたい。そんなきっかけなる講演会としたい。高齢者に興味を持っていただくにはどうすればよいでしょうか。」とご相談を受けました。

東京オリンピック開催決定をきっかけに
そこで、今回の講演に関心を持ってもらうきっかけに、参加者と同世代で、知名度の高いオリンピック・アスリートを招いてはどうかと提案させて頂きました。2020年に東京オリンピック・パラリンピックの開催が決定し、スポーツに関心が高まっています。スポーツの楽しさだけでなく、夢や楽しみを持つことの素晴らしさを講演を通して感じて頂きたいと考え、メキシコ五輪マラソン銀メダリストの君原健二さんをご紹介させていただきました。君原さんは、東京、メキシコ、ミュンヘンとオリンピック連続3回出場を果たすなど、わが国を代表するマラソンランナーです。

夢や希望は充実した人生をもたらす

スポーツは、私たちの生活を明るく、豊かにします。 スポーツは、運動神経の優れている人だけのものではありません。運動神経が鈍く、不器用で、下手な人でも楽しむことが出来ます。君原さんは、豊かな人生を送る為に今でも新しいことに挑戦し続けています。夢や希望は、充実した人生をもたらし、ゴールは無限であることを教えてくれます。

 

企画担当者・参加者の声

参加者の方を勇気づける講演だったと思います。オリンピック銀メダリストとしての輝ける実績があるにもかかわらず、自分を飾らなくあくまでも謙虚で又、訥々とした実直な語り口に妙な感銘を受けた。誠実な人柄が伝わってくるいい講演会でした。

挑戦あって、大きな喜びがある!

君原健二 きみはらけんじ
メキシコ五輪マラソン銀メダリスト

東京、メキシコ、ミュンヘンとオリンピック連続3回出場を果たすなど、わが国を代表するマラソンランナー。1959年、福岡県立戸畑中央高校卒業。同年より91年まで新日本製鉄(株)に勤務し、92年より2001年まで、九州女子短期大学教授を務める。

 

 

 <その他関連ページ・関連記事>

生涯活躍のまちづくり

国は「生涯活躍のまち」構想に関する検討を進め、その基本方針を策定するととに、地方公共団体の取組を制度面や財政面などから支援していくことが求められます。地方公共団体は、地域の特性や強みを活かして具体的な構想を検討し、事業主体や地域関係者と連絡調整・協働して、構想の実現を推進していくことが求められます(「内閣官房まち・ひと・しごと創生本部事務局」より)。生涯活躍のまちづくりへ向け、システムブレーンでは様々な角度から施作の策定や実行の一助となるような、各業界で活躍されている好評の人気講師、講演テーマをご提案させていただきます。

 

民生委員・児童委員

民生委員・児童委員は地域に生活する人々への援助支援活動を進める重要な役割を担っており、活動の強化が求められています。「日々の暮らしの中で困ったことは無いか?」など、福祉のまちづくり実現に向けて様々な活動取り組みに対して補助を行っていくためには、民生委員・児童委員の方々の協力が必要不可欠です。システムブレーンでは、地域住民の一員として皆さんと一緒のまちで生活しながら、皆さんの立場に立って心配ごとや困ったことを解決するお手伝いをされている委員の皆さんの講演会・研修会で好評いただいている講師のご提案のご提案です。

 

「自治体・公的団体」特集ページ へもどる