毎年、初夏から秋にかけて、全国各地で台風や前線の影響による局地的な大雨や洪水、また暴風、高潮などによる自然災害が発生しています。ここ1か月の間にも局地的な大雨の影響により河川の氾濫が起き、各地で多数の死者や行方不明者が出る甚大な被害が出ております。災害は人を選ばず誰にでも襲いかかってきますが、そのダメージは受ける人や地域により軽減することが出来ます。そのためにも気象情報に注意して早目の防災対策、避難行動がとても重要になります。

システムブレーンでは、異常気象により発生する災害の対策について、具体的で分かりやすい解説が評判のお薦め講演会や実績が豊富な講演講師のご提案をいたします。

 

ちょっと変かな?最近の天気

天達武史 あまたつたけし
気象予報士

フジテレビ系列の情報番組「とくダネ!」の気象キャスターを務め、同番組の司会者が呼びかける「あまたつ~!」で、全国的に人気を博す。分かりやすく天気予報を伝え、異常気象や災害時などは現場取材がモットー。天候・気候を基本に各地で講演を行い、テーマは「防災」「健康」「自己啓発」など。

皆さんが最近感じている異常気象などをロケ写真などと共に解説します。 (続きを読む)

異常気象と地球温暖化

依田 司 よだつかさ
お天気キャスター
気象予報士
テレビ朝日で活躍中のお天気キャスター。最新のオリコン「好きなお天気キャスター」では3位を獲得している。報道ステーションにて、5年間に渡り防災気象解説を担当し、異常気象に詳しい。また、環境省よりIPCC伝道者に任命されており、地球温暖化問題に造詣が深い。

テレビ朝日で活躍中のお天気キャスターが近年増えてきた異常気象を解説。また、異常気象の背景にある地球温暖化について最新の情報をお伝えするとともに、今何が起きているのか、そして、私たちには何が出来るのかを… (続きを読む)

天気予報の活用と気象災害の備え

蓬莱大介 ほうらいだいすけ
気象予報士・防災士

2006年早稲田大学政治経済学部卒。大学在学中より俳優を志すも気象予報士の資格と出会い、09年気象予報士試験に合格。現在「情報ライブミヤネ屋」「かんさい情報ネットten.」「ウェークアップ!ぷらす」をレギュラー担当。司会者との掛け合いとイラストを描いて天気予報を伝えるスケッチ予報が人気。

普段テレビで見ている天気予報を実際に目の前で解説し、学校で習わなかった「降水確率」の意味や「警報」や「防災情報」が出たらどう行動すればよいのかなど、わかりやすく解説いたします。 また、講演を依頼された… (続きを読む)

「なるほどお天気学」地球温暖化と異常気象
~現場の安全を守るための天気予報の見方、聞き方、活かし方~

南 利幸 みなみとしゆき
気象予報士・防災士
ビオトープ管理士(2級施行部門)
NHK総合「おはよう日本・週間ニュース」で活躍中の気象キャスター。NHK番組では珍しく気象情報にまつわる駄洒落を連発し、笑えるキャラクターとして親しまれている。身の回りに起こる温暖化の影響について、具体的な事例を紹介しながら、その詳細な原因や正しい対処法を伝えている。

地球温暖化が進み、真夏の暑さは尋常ではありません。 建設現場での熱中症対策は命に関わる場合もあります。 また、突然やってくる「ゲリラ豪雨」とも言われる集中豪雨の危険性に備えることも大切です。  NHK… (続きを読む)

これだけは知っておきたい!気象・天気の知識
~異常気象や気象災害から人命と会社を守るために~

高塚哲広 たかつかてつひろ
気象予報士・気象環境キャスター
フリーアナウンサー
元朝日放送アナウンサーで多くの看板番組に出演。わかりやすく巧みな話術に定評あり。第1回気象予報士試験合格。民放初の気象予報士キャスターとして、現在も日本テレビで活躍中。気象・環境ビジネスの最前線で活躍するスペシャリスト。

ゲリラ豪雨、ラニーニャ、エルニーニョ、猛暑日、熱中症・・・。作興ん、気象に関するニュースが増えました。異常気象で怖いのは経済活動への影響と人の生命を奪う気象災害です。人命を守り、経済活動への影響を最小… (続きを読む)

地域防災を考える
~ 気象災害から身を守るために ~

森田正光 もりたまさみつ
お天気キャスター・気象予報士

(財)日本気象協会を経て、1992年日本初フリーのお天気キャスターとなる。親しみやすいキャラクターと個性的な気象解説で人気を集め、2010年以後、環境省が結成した生物多様性に関する広報組織「地球いきもの応援団」のメンバーとして活動。環境問題や異常気象についての分析にも定評がある。

昨今は地球温暖化の影響により、各地で集中豪雨や竜巻などの異常気象による自然災害が多発しています。 このような気象災害から自分や家族など大切な人の命を守るため、講演では気象情報の読み取り方や活用方法など… (続きを読む)

たかが雨では済まされない

森 朗 もりあきら
気象予報士

慶應義塾大学法学部卒業。海好きが高じて、1995年に気象予報士の資格を取得。一般企業から一転、気象キャスターに転職。TBSの天気予報番組、報道番組、情報番組に出演。現在、TBSテレビ「ひるおび!」にレギュラー出演中。著書『海の気象がよくわかる本』他。

最近は、台風、豪雨、噴火、地震、土砂崩れ、気象にまつわる災害が、全国各地で起きています。 知識として知っていることで、いざというときに自分を家族を職場の仲間を救うことになります。 ■ゲリラ豪雨 「バケ… (続きを読む)

 

<その他関連ページ・関連記事>

異常気象・地球温暖化対策

猛暑による熱中症の多発、また局地的豪雨、スーパー台風による災害など、異常気象が原因とされるニュースが年々増加しています。地球温暖化と密接に関わっていると言われる異常気象。このメカニズムについてしっかりと学び、一人ひとりが対策を行う必要があります。 システムブレーンでは、導入的な内容から専門的な内容まで、幅広く好評をいただいている人気講師、講演テーマをご提案をさせていただきます。

お天気キャスター・気象予報士から学ぶ

温暖湿潤気候の日本で暮らす私たちは、四季折々の美しい風景に心を癒されるとともに、季節ごとに訪れる大雪や大雨、台風などの天候にしばしば頭を悩ませられます。そんな天気や気象は、環境問題と密接に関わっています。私たちの生活に密着する天気や気象、そして環境問題について、テレビやラジオでお馴染みの気象予報士・お天気キャスターの皆さんから学んでみませんか?システムブレーンでは講演会で好評いただいている人気お天気キャスター、気象予報士の方々をご提案させていただきます。

【防災・防犯・交通安全 提案例】

突然の自然災害、事件、事故から大切な命を守るため、普段から危機管理の意識を持ち対策を行うことが大切です。「備えあれば憂いなし」。安心・安全な生活を送るために知っておきたいこと、知っておかなければいけないこと等、専門的な立場で分かりやすく講演をされる講師や講演テーマをご提案いたします。

 

「自治体・公的団体」特集ページ へもどる