ある調査によると、中学生の子どもを持つ親の悩みは…
第1位 反抗期  第2位 学力面
第3位 友達関係  第4位 生活リズム
第5位 スマホトラブル
中学生になると本格的な反抗期がはじまります。「反抗期を少しでもやわらげ、勉強に前向きに取り組んでほしい」というのが一番の願いではないでしょうか?

中学生の子どもを持つ親御さんたちは、子育ても一段落し、仕事をされている方も多くなってきます。早朝から食事の準備、家事、子どもの教育と何役もこなしながら、たいへんな毎日を送られていることでしょう。反抗期の子どもへの接し方には、ちょっとしたコツがあります。子どものこころをしっかりとキャッチし、ご自身の心もラクになるアドバイスを多くの経験をお持ちの講師からぜひ掴み取ってください。

「思春期~そのアンバランスというバランスと付き合おう!~」

服部織江 はっとりおりえ
「元気の種」代表 解決構築アドバイザー ブリーフセラピスト(短期心理療法家)

「どんな人もリソースを持っている」「変化は必然」の信念のもと、個人や組織の既に持っている力に光を当て変化を効果的・効率的に構築するブリーフセラピスト(短期療法家)。その専門性からの問題におけるシステイマテイックな視点と、解決志向を元に繰り出される発想には目からウロコと定評がある。

「なんかヤル気がおきない」 「なんかダルい」 「なんかムカツク」 「眠い」 「面倒くさい」 「調子の良い時と悪い時の差が激しい」 「自分がコロコロ変わる」  こどもの時とは違う自分を感じませんか?  … (続きを読む)

オール1の落ちこぼれ、教師になる
~いじめ、引きこもり、天涯孤独の絶望を乗り越えて~

宮本延春 みやもとまさはる
エッセイスト
元 高校教諭
作家
著書『オール1の落ちこぼれ、教師になる』で知られる元教師。いじめが原因で学校嫌いになり、中1の成績はオール1。23歳の時に見たアインシュタインのビデオに衝撃を受け、豊川高校定時制部・名古屋大学に進学し物理学を学ぶ。現在は、自身の体験から、大人や子どもに夢と希望と感動を与え続ける。

少年・少女から思春期に向かう多感な時期に、勉強や友達関係や将来のことなど、色々な局面で躓いたり、悩んだり、苦しんだりする子どもたち。彼らを温かく見守り続け、時には手を差し伸べ、適切に方向付けをするお父… (続きを読む)

「思春期の子育て」
~中学生の心と どう向きあうか~

幸島美智子 こうじまみちこ
元 警視庁警察官
子育てアドバイザー
警察官のキャリアと子育て経験を基に「少年犯罪予防委員会」を設立(~2011年)。「我が子を犯罪者にしない子育てこそが、日本の治安回復に直結する」と犯罪予防に取り組む。講演では、防犯・少年犯罪予防の他、段階的な子育て法を説き、子育てに迷う親や防犯に取り組む人たちに大きな力を与える。

中学生は新しい学習環境や身体的変化、自我の目覚め等、身体も心も大きな変化を経験する。もう子ど もではないが、しかし大人でもない。 性的な興味が 増す中で、高校受験という大きなハードルも越さな ければな… (続きを読む)

子育ての悩みを解消するアンガーマネジメント

瀬戸口 仁 せとぐちひとし
スポーツジャーナリスト
アンガーマネジメントのファシリテーター
1960年生まれ。サンケイスポーツ新聞社を経て、1993年の渡米と同時に独立。メジャーリーグを中心に、W杯・オリンピック等各種スポーツを取材し、日本へ発信。2007年の帰国後、米国で出会ったアンガーマネジメントのファシリテーターとして講演、セミナー、研修を全国で展開している。

自分の子供をどう叱るか、褒めるか。思春期や反抗期への対応。 どう叱ればいいのか、どう褒めればいいのかは、小学校に通う子供の親が一番悩むところ。そのやり方を伝授する。また、反抗期や思春期の悩みも解消して… (続きを読む)

「承認」が子どもを伸ばす!
~チャイルドカウンセラーが伝授する「子育てのツボ」~

後藤高浩 ごとうたかひろ
〇教育コンサルタント
〇心理カウンセラー
教育関連会社経営の傍ら、学校・塾の先生を対象とした研修や、生徒・保護者を対象とした講演の他、一般企業の経営・営業コンサルタントとしても活躍中。心理カウンセラーや仲人士の資格を活かし、大学生の就活支援や婚活支援も行っている。

小中学生のうちに、親がどう子どもと接するかはとても重要です。この時期に接し方を間違えてしまうと、将来道をはずれてしまったり、いつまでも自立できない大人になってしまいます。 将来子どもたちが進んでいく社… (続きを読む)

こどもたちの現状
~こどもの心ともう一度つながり合うための3ステップ~

齋藤敦子 さいとうあつこ
保健師/助産師
心理・性カウンセラー
大学教員
日本と海外を往復しながら次世代の国際貢献のリーダーを育てています。まず人は自分が自分の価値を認め、好きになることから、初めて他人に貢献したい!という意欲が出てきます。そのため様々な内容の講演講義を通していのちを大切にし、自己価値、自己尊重を高めるお手伝いを精力的に行っている。

1.自分と相手の”いのち”を実感し、リアルに体験することができる。 2.もう一度、まず 親や大人が自分を大切にすることができる。 3.いのちの奇跡を思い出し、自分、家族、周りの人たちと共につながり合い… (続きを読む)

脳が知ってる「自己肯定感」の高め方

桑原規歌 くわはらのりか
株式会社ハートマッスルトレーニングジム 代表取締役
元 養護教諭(保健室の先生)
ハートマッスルトレーナー
教員時代、脳科学に出会い、可能性を引き出す方法を現場で検証、実践。退職後、脳科学、コーチング理論を仕事や人生に生かす独自コンテンツを開発。ゲームや検証実験取り入れた講演大人気。癒しがもてはやされる昨今、癒し系ではなくどやし系と自らを称する元気印の50代。

自己肯定感を高めるためのさまざまな取り組みが 学校現場で行われています。 それが なかなか効果を上げないのは、人間の脳とことばのしくみを子どもたちが 理解できないから。 私はたくさんの課題を抱えた子供… (続きを読む)

子どもたちのSOSを見逃さない
~学習障害から考える未来~

南雲明彦 なぐもあきひこ
明蓬館(めいほうかん)高等学校
共育コーディネーター
21歳の時にLD(学習障害)の1つであるディスレクシア(読み書き障害)であることがわかる。高校時代より不登校、引きこもり、うつ病など、様々な経験をする。子どもがSOSを出せて、そのSOSを大人が見逃さないために何ができるのか。全国各地で講演をしながら、対話を続けている。

子どもたちは何らかの形で大人にSOSを出しています。そのサインに大人は気づかない時があります。子どももどのようにサインを出していいかわからない時があります。それでも、子どもという時代に自分の気持ちをわ… (続きを読む)

不登校、その知られざる現実と正体
~何が子どもを学校から遠ざけるのか~

瀬尾 大 せおまさる
一般社団法人 不登校支援センター 理事長
一般社団法人 社会適応支援協会 理事長
大学時代より社会環境および家族が個人に与える影響を研究。卒業後、ヒューマン・リソース業務および心の問題を抱えてしまった人たちの社会復帰支援を行う。2010年一般社団法人不登校支援センターに入職し、12年より理事長。社会適応支援協会理事長兼任。

「親子関係を見直し、不登校を乗り越えた先に未来がある !」 不登校コーチングの手法を使って、子どもの意識に変化をもたらし、前向きな思考に転換することで不登校を解決できることを実例を交えながらお話ししま… (続きを読む)

しつけの法則

石田勝紀 いしだかつのり
緑進学院 代表
教育デザイン研究所 所長
これまで3000人以上の小中高生を直接指導。学力を100%引き上げる。生徒の心の状態に着目し、また生活習慣を整えることに主眼をおいています。親御さんへは、そのような子にするための家庭における日常習慣についてお話します。

子どもにはだれにも長所がありますが、その長所がつぶされてしまうことが少なくありません。また子どもたちは自分に自信を持っておらず、自信を持つための勇気もない子が非常に多いのです。しかし、心を高めることで… (続きを読む)

ホンマでっか!?TV出演の超人気講師が伝える『7日で子どもの個性を120%輝かせる楽しい実践法』
~保護者が笑顔3倍ストレス3分の1になるイメージ心理学~

いむらきよし いむらきよし
創業121年目6代目社長他3つなどの会社経営
人生キャラナビゲーター
「楽しい子育て実践法」指導に定評がある。講演は双方向の対話形式が特徴で、質問を取り入れながら、楽しく豊富な具体事例を学ぶ実践型。最近は、成功法則のカスタマイズ法や経営者向け成功法則も定評があり、社長のための「いむらきよし塾」を全国展開。全国の愛弟子経営者は550名を超えています。

「子育て」を教えてくれる学校はありません。「子どもの個性を伸ばそう」「個性的な教育をしよう」などと言葉でいいますが、では「どうしたらいいのか?」という答えは一切ありません。保護者にとって子育ては、まさ… (続きを読む)

親と子の距離の取り方

上田早苗 うえださなえ
レッツ日本語教育センター代表
フリースクール上田学園園長
13年間の海外生活を含め、色々な国の学生や社会人に日本語を教えてきた中で感じたこと。フリースクールの学生達から気付かされたこと等をお話することで、混沌とする教育界や子育ての問題を考えるきっかけにしていただければと思います。

子供の時は、腕の中でしっかり大切に教育。そして小学・中学校と成長する中で、親離れが自然に起こります。 反抗期に入ります。反抗期バンザイです。親との距離が離れると同時に、親も子離れをして、淋しいような気… (続きを読む)