学校に求められる「教育」は、世の中の変化とともに変わりつつあります。現在、個性豊かな子どもや、発達障がいのある子どもも多くなっている中、様々な原因の壁にぶつかり、自分の指導を見失い、自信をもって教育実践に努めることができなくなる教師もみられると聞きます。しかし、教育者として子どもと接するという部分に関しては、これまでも、これからも、決して変わることのないものが存在するのではないでしょうか? こうした中で、今一度“学級経営”の意義や意味を確認し、一人一人の教師が自らの教育理念に基づき、まさに個性豊かな教育実践を進めていくためのヒントとなる学習の機会を開催してみては、いかがでしょうか。教育の専門家から、違うジャンルで活躍されているスペシャリストまで、様々な切り口で、現代の教育現場に求められるものをほりさげ、皆さんと一緒に考えます。

学校の多忙化にどう向き合うか
―本気で実行する業務改善の考え方と進め方

妹尾昌俊 せのおまさとし
学校マネジメントコンサルタント
教育研究家
野村総合研究所にて10年以上、学校や行政のマネジメント改革、戦略づくり等に従事。2016年からフリーとなり、講演・研修などを幅広く手がける。学校マネジメントを解説した本『変わる学校、変わらない学校』の著者。学校や行政の内情をよく知り、かつ外部の視点からの助言・研修等が好評。

○業務改善とは何か、どのような考え方と留意点を踏まればよいか ○コスト意識を高めたり、タイムマネジメントを進めたりするには、どのような方法が有効か ○改善の先には何があるのか ○業務改善やコスト意識が… (続きを読む)

教職員のタイム・マネジメントと働き方の改善

小倉 環 おぐらたまき
株式会社ハーモニーワークス代表取締役
キャリアコンサルタント
ワークライフバランスコンサルタント
「誰もが可能性を閉じずにチャレンジできる社会に貢献すること」を自らのミッションとし、研修受講生から「意欲がわく」と言った声を多数得ている。ワークライフバランスの知識とカウンセリング理論を掛けあわせた組織変革、個人の意識変容を促すことを得意としている。

業務改革の取り入れ方を中心にした内容です。 時間意識の醸成と業務改革の手法を学んでいただき、現場で取り入れていただけるものを考える機会に なるように務めます。 働き方改革が求められている背景をを説明し… (続きを読む)

楽学ー親の学校
~子どもの可能性を最大限伸ばす親の関わり方~

家根谷政雄 やねやまさお
元名古屋市立中学校長
コーチングプロコーチ
38年間、名古屋市の中学校教員として勤務するとともに、最期の10年間は、3校で校長を務めた。また、定年退職後、2年間、名古屋市教育センターで、教育相談員として勤め、これまでに、2000名以上の子どもの養育問題に悩む保護者や、不登校・いじめに悩む子どもの相談に当たってきた。

親は、子どもを心から愛し、ああなってほしい、こうなってほしいと情熱的に関わっています。それにも関わらず、日本の子ども達は、世界的に見ても、自己肯定感が低く、自分に自信を持てず、未来への希望もあまりなく… (続きを読む)

教師として大切なこと ― 人としての生き様 -

和田慎市 わだしんいち
前公立(静岡県)高等学校教頭
日本体育大学 浜松日体中・高等学校講師
教職経験36年。進学校、職業校、新設校、教育困難校、定時制など11校もの異なる学校に勤務。多種多様な生徒達と接し、生徒指導(想定外の大事件をはじめ、多数の諸問題に対処)や学校危機管理対応の実践経験が豊富。その体験をまとめた『実録.高校生事件ファイル』を出版し各方面から注目される。

若い人達が教師として頑張ろうとする純粋な気持ちを、実際の学校現場で仕事に反映できるような体制を整えなければ、教育界から益々優秀な人材が失われることになります。 私は教育困難校や定時制校をはじめ、11校… (続きを読む)

教職員がイキイキと働くための職場マネジメント研修

山内真奈美 やまうちまなみ
米国CCE-Inc.認定
GCDF-Japanキャリアカウンセラー
幅広い知識と実践的なスキルを兼ね備えるキャリアカウンセラーとして、主に、若年層を対象とするキャリア・カウンセリング及び指導・研修等を得意とし、力を注ぐ。協調性や傾聴を心掛け、一方通行ではない心の通った研修を行う。「明るく元気に楽しく、真面目でも深刻にならない」がモットー。

教職員の職務は子供の教育であり、学校経営です。しかし、いつの間にか様々な事柄が形骸化し、残業と気苦労の多い職場となってしまいました。 教職員ひとりひとりを育成するマネジメントを行うことで、教職員が楽し… (続きを読む)

みんなで一緒にのびのび子育て
~育つ楽しさ、育てる素晴らしさ~

汐見稔幸 しおみとしゆき
白梅学園大学学長
東京大学名誉教授
教育学、子どもの発達的人間学(教育人間学)、特にことばと人間形成を専門とする教育哲学者の一人。わかりやすくユーモアにあふれた講演内容は、教育現場で働くプロの教育者から子育て中の親まで幅広く支持されている。東京大学大学院教育学研究科教授を経て、現在、白梅学園大学教授・学長。

保育士 (続きを読む)

プラスの言葉で生き生き学級経営

山岸弘子 やまぎしひろこ
敬語コミュニケーション講師

言葉には、自分を変え、環境を変える力があることを受講者の方の変化から学んできた。自分の使う言葉を変えることの影響力の大きさを伝える。これまで多くの経営者・教育者・保護者のマインドセットを変革してきた経験を生かし、言葉を大切にすることで未来を切り拓くお手伝いをする。

クラスの子どもの表情は輝いていますか?  様々な家庭環境におかれている子どもたち、沈んでいる日もあることでしょう。 荒れている日もあることでしょう。 でも、先生方の日々かける言葉によって、子どもたちの… (続きを読む)

『ビリギャル』累計120万部超えベストセラーの著者
~子どもの伸ばし方 社会に貢献する子どもを育てる~

坪田信貴 つぼたのぶたか
坪田塾 塾長

著書『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』が120万部のミリオンセラーに。坪田塾 塾長として生徒を指導する教育者であると同時に、複数社を創業する起業家でもある。経営者としての活動の場は日米にまたがり、人材育成・教育関係の講演でもひっぱりだこ。

ベストセラー『ビリギャル』の人材育成メソッドをライブ体験。著者であり、有名テレビ番組『情熱大陸』でも特集された、1300人以上の子どもたちを子別指導してきた、人を育てるプロフェッショナル 坪田信貴がそ… (続きを読む)

「いのちの学び」「こころの学び」とは?
~子ども達を輝かせるコミュニケーション術~

桑原規歌 くわはらのりか
株式会社ハートマッスルトレーニングジム 代表取締役
元養護教諭(保健室の先生)
ハートマッスルトレーナー
教員時代、脳科学に出会い、可能性を引き出す方法を現場で検証、実践。退職後、脳科学、コーチング理論を仕事や人生に生かす独自コンテンツを開発。ゲームや検証実験取り入れた講演は大人気。
癒しがもてはやされる昨今、癒し系ではなくどやし系と自らを称する元気印の50代。


子どもたちとコミュニケーションをとる難しさが叫ばれています。 無反応、意欲のわかない子ども達へどんな言葉をかければいいのでしょうか? 普段のコミュニケーションの在り方(話の聞き方・ことばのかけ方)が、… (続きを読む)

「放課後」ルネサンス
熱く遊べる場所・創出

明石要一 あかしよういち
千葉大学名誉教授

専門は教育社会学。現在、文部科学省中央教育審議会委員、同省中央教育審議会生涯学習分科会会長、同省中央教育審議会スポーツ・青少年分科会委員等を務め、子どもを取り巻く環境が大きく変化している現代社会において、子ども・教師の研究に精力的に取り組んでいる。2013年3月 千葉大学を退官。

子どもの世界から放課後が消え、外で遊ぶ姿が見られなくなった。平成の時代に入ってから、特に忙しい子どもたちが出現したのである。子どもたちが、手帳を持ち始めた。遊びの日程を決めるのに、カバンから手帳を取り… (続きを読む)