モンスターペアレント(ヘリコプターペアレント)と呼ばれる、非常識なクレームを学校に突きつける保護者の存在が話題となってから久しくなりましたが、いまだその勢力は衰えることなく、引き続き様々な形で先生方を悩ましております。そもそもモンスターといわれるような行動を示す保護者も基本的には、子どものために思っての行動です。一方、先生方も児童・生徒のために働いていらっしゃいます。ここで適切なコミュニケーションがとれず、反目・反発でことが進んでいくのは、学校にとっても、先生にとっても、保護者にとっても、そして何よりも児童・生徒のためによくないことです。モンスターペアレントも生まれたときからモンスターであったわけではありません。教育現場で発生する様々なクレームの原因・背景をたくさんの事例を通して理解し、クレーマー対応の手順や、スキル、メカニズムがわかれば、保護者をモンスターにしない方法、なりそうになっても常識ある保護者に戻す方法も見えてきます。クレームに向き合い、クレームを活かす工夫を目指し、お互いに良い関係を築いていきましょう!

「心をつかむ!誰からも好かれる話し方」
~実行カンタン!すぐに役立つ!4つのルール~

谷 厚志 たにあつし
怒りを笑いに変えるクレーム・コンサルタント

タレントとして活動後、芸能界を引退。リクルートに移籍し、グループ社のお客様相談室でクレーム対応責任者として2000件以上のクレームに携わった経験を基に、講演・セミナー等を行う。「クレームに対する恐怖心がなくなった」「クレームからサービスを磨くやり方がわかった」と各地で好評。

2000人の超絶クレーマーの「怒り」を「笑い」に変えてきたクレーム・コンサルタントが、 日常のビジネスやプライベートで、人間関係を好転させるコミュニケーション術を紹介。 たくさんの人に好かれる「話し方… (続きを読む)

これだけは押さえておきたい教職員のための応対マナー

山本衣奈子 やまもとえなこ
プレゼンテーション・プランナー
伝わる表現アドバイザー
「表現力」「分かりやすさ」「まとめる力」に磨きをかけ、言葉や声をコミュニケーションツールとして活用する手法を説くプレゼンテーション・プランナー。「声」と「言葉」に拘り続けるプロとして、人の魅力を引き出すために、独自に編み出したコミュニケーション&プレゼンテーション術を伝授する。

今、教育現場で「応対マナー」の重要度が増してきています。 広報活動、保護者対応、そして生徒の模範として、より良いコミュニケーション、より良い応対マナーが求められています。 職員の対応や印象は、そのまま… (続きを読む)

クレームは小さく受け取り小さくまとめる
~クレームを大きくするかどうかはあなた次第~(公的団体向け)

長谷川孝幸 はせがわたかゆき
風土刷新コンサルタント
失敗回避アドバイザー
ダメ営業社員の自己経験を活かし、「成功者による成功体験ではなく、失敗回避や自己カイゼンの手法を説く研修講師。経営サイドからは「受講者の仕事ぶりが目に見えて変わる」、受講生からは「受けてよかった」と高い評価を得ている。受講者アンケートによる評価は常時95パーセント以上。

関東1都6県の地方公共団体、教育委員会、学校法人で延べ3000名近くの方々にクレーム応接や接遇研修をさせていただいております。 そんな中で、一般生活者の感覚をおぼろげにしか理解されていない方の多いこと… (続きを読む)

モンスター・ペアレントには「そもそもフレーズ」で決める

吉野 秀 よしのすぐる
ビジネス・プロデューサー
クレーム対応アドバイザー
表現(会話・文章)術コーチャー
25年に亘る編集記者・マネージャー経験に基づき、“読む・聴く・書く・話す”能力アップの手法を研究する言語表現の達人。「相手に納得してもらいビジネスを成立・発展させるには表現力が不可欠」とし、効果的な術を伝授。『お客さま!そういう理屈は通りません』の著者としてクレーム対応セミナーも好評。

今まで接した顧客集団の実態を通し、新しい視点と接し方、クレーマーと化した時の対処法を、「ゆうせいみんえいか」(遊・正・明・鋭・価)をキーワードに考察・提言する。 【第一部】 <「張り合おうとするから、… (続きを読む)

〜保護者の本音を引き出し、信頼関係をつくる!〜
カウンセリングの手法を使ったクレーム対応術

羽林由鶴 はねばやしゆず
103kgの恋愛カウンセラー

テレビ・雑誌など各種メディアで話題の人気カウンセラー。外見コンプレックスに悩んだ実体験を元に、コミュニケーションの大切さと面白さを伝えている。一人ひとりと向きあう親身な姿勢が受講者側の「話を聞こう」という意欲を引き出すため、内容の理解度・講演の満足度ともに極めて高い。

人の本音を引き出すことって、難しいですよね。 私は日々のカウンセリングで、相談者の話の中に隠された「本当に聞いて欲しいこと」「相談者が本当に悩んでいること」を見つけ出し解決しています。  相手の本音を… (続きを読む)

良い人間関係、効果的なコミュニケーションの仕方
~相手と心を通わせる~

松本 純 まつもとじゅん
親業訓練インストラクター
コミュニケーションアドバイザー
ADHDの息子を持ち、家庭崩壊の寸前までいった母親としての経験を基に、子育てに悩む親たちを支援。親と子の愛情をどう育むか、効果的なコミュニケーションの方法を具体的に伝授。親が愛情だと思っていても、子どもに伝わらなければ同じことと語り、親子関係の再生に向けて一筋の光を投げかける。

良い人間関係は築く事ができます。ゴードン・メソッドを使って、効果的なコミュニケーションが気持ちの行き違いや誤解のない良い関係を築く事を体験学習で学んでもらいます。 コミュニケーションの基本から、実際に… (続きを読む)

クレーム・苦情トラブルへの対応力の強化
~保護者への適切な対応力をいかに高めるか~

赤堀三代治 あかほりみよじ
リスクアドバイザー
コンプライアンスアドバイザー
信州大学農学部卒業後、JAグループ組織にて勤務。在職中は不祥事対応チームリーダーとして所轄官庁業務改善命令等の対応を経験。講演・研修では、具体的事例を基に、ワークショプ手法による参加者の気づきを促す内容に定評があります。

教職員・教育関係者を対象に、保護者からのクレーム・苦情トラブルへの対応力を高めるための研修会を実施します。 モンスターペアレントーの対応に関しては、基本は、通常の保護者への対応と同一ですが、留意すべき… (続きを読む)

親と教師はどうわかりあえるか
~親はなぜモンスターになるのか~

石川結貴 いしかわゆうき
作家/ジャーナリスト

一貫して家族問題を取材し、現場にこだわり自分の目と足を使って多くの実例と向き合ってきた。複雑化する家族の現状、子どもに起きている異変、学校と保護者の関係づくりなど、机上論ではなく具体論を提示する。2人の男の子を育てた自身の経験からも、現実的な視点を大切にしている。

・困った親との向き合い方 ・親はなぜモンスターになるのか ・家庭教育力の格差と学校現場 ・親と教師はどうわかりあえるか ・学校に求められる家庭支援 モンスターペアレントやクレーム保護者など、教育(保育… (続きを読む)

学校(教師)が保護者と協力関係を作るためには

和田慎市 わだしんいち
前公立(静岡県)高等学校教頭
日本体育大学 浜松日体中・高等学校講師
教職経験36年。進学校、職業校、新設校、教育困難校、定時制など11校もの異なる学校に勤務。多種多様な生徒達と接し、生徒指導(想定外の大事件をはじめ、多数の諸問題に対処)や学校危機管理対応の実践経験が豊富。その体験をまとめた『実録.高校生事件ファイル』を出版し各方面から注目される。

学校・教師はいつクレームをつけられるか気にするあまり、保護者に対してつい身構えてしまい、本音で接することをセーブしてしまいがちです。逆に保護者は報道や噂に流され、何かトラブルが起これば学校(教師)のせ… (続きを読む)