2017年、300件を超える教育講演会の中で、一番依頼数の多かった講師をランキング順に紹介させていただきます。
1位 南雲明彦 2位 藤本正樹   3位 増岡 弘  4位 望月美由紀  5位 佐久間レイ
6位 宮本延春 7位 林家木久蔵  8位 松本純  9位 すずきまどか  10位 高野優

学習障害から考える共生社会
~多様性を大切にする未来へ~

南雲明彦 なぐもあきひこ
明蓬館(めいほうかん)高等学校
共育コーディネーター
21歳の時にLD(学習障害)の1つであるディスレクシア(読み書き障害)であることがわかる。高校時代より不登校、引きこもり、うつ病など、様々な経験をする。子どもがSOSを出せて、そのSOSを大人が見逃さないために何ができるのか。全国各地で講演をしながら、対話を続けている。

21歳で学習障害とわかってから、「障害」や「健常」について考えるようになりました。「普通」という目に見えない物差しで人をはかり、「この人は普通」「この人はそうじゃない」と判断してしまうと「同じ人間であ… (続きを読む)

世界の人たちと手を繋ごう!
~多文化共生社会を生きるみんなへ~

藤本正樹 ふじもとまさき
株式会社グローカルアース 代表取締役
世界を旅し世界を伝える旅人先生
世界100を超える国と地域を旅してきた元中学校・高校の教師。教師としての経験と今でも旅をし続けている体験をベースに、日本中の小中高生や大学生、若い社会人に「グローバル時代に必要な本当の生き方・考え方」や「夢を持って挑戦することの素晴らしさ」を伝える講演や出前授業を行っている。

・グローバルな時代だからこそ、まずは自分自身のことを理解して話せるようになっていることが大切であることを伝える。さらに、自分たちの文化や歴史への理解があってこそ、他の文化や歴史への理解が生まれるのであ… (続きを読む)

サザエさん一家は幸福みつけの達人ぞろい

増岡 弘 ますおかひろし
声優・俳優

「サザエさん」のマスオさん役や「それいけ!アンパンマン」のジャムおじさん役でお馴染みの人気声優。感動の群読公演、小中学校での読み聞かせ、東京アニメーター学院講師などで活躍。ナチュラリストとしてのTV出演も多数。また講師として、家庭教育・人権問題・福祉・男女共同参画等、幅広く活動。

テレビアニメ「サザエさん」のマスオ役、増岡弘のテレビでは言えない本音を聞いてください。 マスオがテレビから飛び出し、面白く話しますよ。 あなたが変わる90分です! 一人の人間が60年生きると、一つの図… (続きを読む)

笑顔を咲かせる4つのヒント

望月美由紀 もちづきみゆき
つくり笑顔アドバイザー

笑いの天使クラウン(道化師)として20年近く活動中。自身のうつ病をきっかけに免疫学を学び、笑いの重要性を再認識する。夫の入院・死をきっかけに、患者と看病する家族の心のケアの大切さを痛感。「全ての人を笑顔に!」のポリシーでクラウンの活動を行っている。

笑顔でいると、心身の健康にもよいし、コミュニケーションをとるにも役立ちます。 しかし、中学生という難しいお年頃に、笑顔で生活する、相手の喜ぶことをする、なんて無意味に感じます。 自分が20代でうつびょ… (続きを読む)

生きることは感動すること
~柔らかな心で明日を生きてみませんか?~
お話と歌と朗読劇で心のストレッチ

佐久間レイ さくまれい
声優・歌手・劇作家・作詞家

テレビアニメ「それいけ!アンパンマン」のバタコ役や、「魔女の宅急便」ジジの声などでもおなじみの声優であり、歌手・脚本家。アニメーションや洋画の吹き替えテレビコマーシャル、番組ナレーションの他、命や人間の心をテーマにした物語を執筆し、自ら「語る」活動を展開、全国で好評を博している。

<講演の流れの一例>  【挨拶&自己紹介】  キャラクターの映像を使って声を披露&自己紹介(パワーポイント)  【歌】 「アンパンマンのマーチ」「ふすさと」など  【トーク】 身体同様、心も何かにつま… (続きを読む)

オール1の落ちこぼれ、教師になる
~いじめ、引きこもり、天涯孤独の絶望を乗り越えて~

宮本延春 みやもとまさはる
エッセイスト
元 高校教諭
作家
著書『オール1の落ちこぼれ、教師になる』で知られる元教師。いじめが原因で学校嫌いになり、中1の成績はオール1。23歳の時に見たアインシュタインのビデオに衝撃を受け、豊川高校定時制部・名古屋大学に進学し物理学を学ぶ。現在は、自身の体験から、大人や子どもに夢と希望と感動を与え続ける。

少年・少女から思春期に向かう多感な時期に、勉強や友達関係や将来のことなど、色々な局面で躓いたり、悩んだり、苦しんだりする子どもたち。彼らを温かく見守り続け、時には手を差し伸べ、適切に方向付けをするお父… (続きを読む)

木久蔵流、がんばらない子育て

林家木久蔵 はやしやきくぞう
落語家

1975年東京都生まれ。玉川大学文学部芸術学科卒業後、父親でもある、初代・林家木久蔵(現在の林家木久扇)に入門。2007年9月 真打に昇進し、二代目・林家木久蔵を襲名。落語以外にも、テレビ出演や講演など活動の場を広げている。著書『がんばらない子育て』(木久扇との共著)などを出版。

子育てはがんばってやるものではなく、自然体でやるものだと思うんです。 無理は禁物です、感情を押し殺していい父親であろうとすればするほど、 お父さん、無理してるって、子どもに見透かされるんじゃないかと思… (続きを読む)

子どもと心を通わせる
ADHDのわが子を育てて
子どもの生きる力を育てるには
職場で役立つコミュニケーション

松本 純 まつもとじゅん
親業訓練インストラクター
コミュニケーションアドバイザー
ADHDの息子を持ち、家庭崩壊の寸前までいった母親としての経験を基に、子育てに悩む親たちを支援。親と子の愛情をどう育むか、効果的なコミュニケーションの方法を具体的に伝授。親が愛情だと思っていても、子どもに伝わらなければ同じことと語り、親子関係の再生に向けて一筋の光を投げかける。

気持ちは伝えることが大事です。子どもとだけでなく、 夫婦、職場など、受講者の周囲の人間関係で、 気持ちの通う良い関係の築き方をお伝えします。 すぐ役に立ち、実行できる内容です。 人間関係が楽になると元… (続きを読む)

【体験型 実験ショー】家の電気と静電気~電気について考えよう~

すずきまどか すずきまどか
かがくのおねえさん
サイエンスパフォーマー
全国開催100回以上、20年近い経験の中で培った【伝える技術】を生かし、科学に興味がある方はもとより「苦手」「興味を持てない」方でも理解し「わかった!」と思える実験ショーが展開可能。「わかる」先にある「楽しさ」の種をまき、見終わった後に学びへの意欲がきっと花開きます。

日常何気なく使っている電気は、「何を使って」「どのような方法」で作られているのかを学べます。  「身近なはずなのに良くわからない電気」=家にやってくる電気。 導入では生活の中でも感じる「静電気」実験を… (続きを読む)

マンガを描きながら子育てトーク 
子は育ち、親も育つ 楽しまなくっちゃもったいない

高野 優 たかのゆう
育児漫画家・絵本作家

マンガを描きながら話をする独特のスタイルで、育児に関する講演活動を全国で行い、NHK教育テレビ「土よう親じかん」(2008~09年)、「となりの子育て」(2009~11年)の司会等を務めた。また、日本テレビ系「スッキリ」にコメンテーターとして出演。2015年 第8回ベストマザー賞(文芸部門) 受賞。

子育てに悩みや迷いは必要。  だからと言って、悩んで立ち止まってばかりじゃ、せっかくの子どもの成長を見逃してしまいそう。 ちょっと肩の力を抜いて、楽しく考えていきませんか? 「ふりかえりの時間」 子ど… (続きを読む)