児童期には、自己肯定感を育むために必要な無為の愛をたっぷりと与えるのとは異なり、思春期の子どもたちは、毎日がハラハラ、ドキドキの生活です。身体的、心理的にその安定性が崩れる年頃でもあり、社会的な役割をもった一人の人間として、いかに「個」の確立を成しとげたらいいのかと悩みだします。その意味で不安定なこの時期は、本当の「おとな」になるために必要不可欠な「通過点」といえるかもしれません。家庭でしっかりと教育する事が求められます。ですから、親であり教師である私たちは、子どもの不安と混乱に対して、積極的に受けとめ、向き合っていく姿勢が大切だと思います。大人と子どもが向き合うことが家庭教育の根幹であり、子どもたちの自我の成長を助けてあげます。その意味で「指導」ではなく「援助」なのです。ハラハラ・ドキドキしながら「希望の助走」を試みる子どもたちの、良き伴走者となる為に学習しましょう。

子どもを幸せに伸ばす10の秘訣

長谷川 満 はせがわみつる
家庭教師システム学院代表
ペアレントセミナー主宰
多くの家庭教師を指導すると共に、自らも家庭教師として意欲ある子に育てる学習指導を実践。また、不登校や非行など問題を抱えた子どもの指導、子育てに悩む保護者の支援にも尽力。豊富な経験に基づいた「親学講座」の連載も好評。講演では、自他をありのまま認め、受け入れる「無為の子育て」を提唱。

25年以上、家庭教師として様々な子どもたちやご家庭と関わってきました。   そして伸びる子の特徴として言えるのは、「親子関係が良い」ということです。意欲を持って学習に取り組み、学力が伸びていく子のご家… (続きを読む)

あーよかったな あなたがいて
~心の銀行に いっぱい貯金を~

仲島正教 なかじままさのり
教育サポーター

小学校での21年間に及ぶ教師経験を基に、子育てや学校教育における「真の人権教育の大切さ」を語る教育者。教育現場で得た子どもたちとの様々な感動体験を交えながら、親や地域の大人が今こそ改めて認識すべき「人権意識」について、“優しい風(loving-wind)”にのせて世に贈り続ける。

人は、自分の「心の銀行」に温かい貯金があれば、つらいことや悲しいことに出会っても、その貯金を使って乗り越えていくことが出来ます。 でも自分の心の銀行に貯金がない人は、つらいことに出会ったとき「どうせ私… (続きを読む)

必要なのは、自立と共生
~子どもたちの生きる力を育むために~

若新一雄 わかしんかずお
元 福井県三方中学校校長
元 福井県警スクールーサポーター
教員生活とその後のサポーター活動の体験を基に、「子どもに学ぶ子育てと教育」をテーマに熱く語る元中学校校長。自らの失敗談を盛り込みながらの、泣きと笑いの内容。多様な価値観の中で、子育てに悩む親たちに向けて「子どもと向き合うことの楽しさを改めて実感させてもらった」と、好評を得ている。

平成8年頃は、教頭をしていました。その頃、弱い気持ちを持った少年がどんどん増えてきました。学校内でのいじめや子どもが金属バットで親を殺す事件など悲惨な事件が目につくようになってきました。教師間で議論を… (続きを読む)

イライラしない笑顔の子育て
~アンガーマネジメントセミナー~

千原圭子 ちはらけいこ
一般社団法人日本アンガーマネジメント協会
シニアファシリテーター
全日本空輸株式会社で客室乗務員として国際線国内線を乗務。現在は「アンガーマネジメントの伝道師」としてより良い人間関係を築き、豊かな人生を送れるよう怒りのコントロールを伝えている。TV番組の出演やMC(司会)の経験が豊富なことから楽しくわかりやすい解説に定評がある。

毎日子どもを機嫌で怒っていませんか? アンガーマネジメントを学ぶと「怒るべきこと」と「怒らなくてすむこと」の区別が出来るようになります。 子どもに伝わる上手な叱り方を学びます。 ・アンガーマネジメント… (続きを読む)

いのちを育む食卓
食べ物を変えると生き方が変わる

小山津希枝 こやまつきえ
自然食料理人
野菜食堂こやま主宰
夫の大病を克服するために穀物菜食を中心とした食養料理に開眼。食べ物を変えると人生が変わることを実感し、自然食を単なる健康志向ではなく、幸せと感謝の生き方へと昇華させる。現在、「野菜食堂こやま」を経営する傍ら、料理教室(年間100回超)、講演会、新聞の連載などを行っている。

わたしたちの身体は毎日の食べるものでできています。 血液ができ、細胞ができ、臓器ができる。 夫の大病を食養生で快復させた経験から、台所から自分の身体を処方できること実感しました。 食は幸せの原点であり… (続きを読む)

子どもの能力・可能性の引き出し方
~イチロー、田中将大との出会いを通じて~

奥村幸治 おくむらこうじ
NPO法人ベースボールスピリッツ 理事長
パーソナル・トレーナー
イチローの専属打撃投手を務め、“イチローの恋人”として一躍マスコミに紹介され話題となる。現役を目指し挑戦し続けるが、夢は叶わず1996年に自らユニフォームを脱ぐ。現在は、少年野球チームの監督も務め、野球少年たちに夢を与え続けている。目標達成のセルフマネジメントセミナーも好評。

イチロー選手のプロとしての考え方は、他を圧倒するものがあります。 一流選手は技術だけでなく、心の強さ、前向きな考え方でチャレンジし続けます。  中学生の野球チーム監督として部員約100人を預かり、様々… (続きを読む)

子どもが伸びる!集中力アップのコツ!
(箱根駅伝優勝チームへの指導法から)

佐藤 浩 さとうひろし
株式会社BESTS 代表取締役 
近畿大学陸上競技部 駅伝監督
ヒューマンディレクター
大脳生理学を基に「心技体」を向上させるメンタルトレーニングの指導者。1988年 四日市大学で、駅伝部を設立。東海地区18位のチームを三重県で初めて全日本大学駅伝に出場させた。「ストレスマネジメントできる人を増やすことが職場や家庭の繁栄になる」を信条に、活動の場を全国に広げている。

誰もが子どもの成長を願っています。1年ずつ成長していく毎に、「成績もスポーツもレベルアップして行く子ども」もいれば、「片付けない、ゲームばかりしている、勉強に集中できない、友達と外で遊ばないなど課題を… (続きを読む)

能力を最大限発揮できるようになる食べ物選びのコツ
~今の自分に必要な食べ物とは~

中沢るみ なかざわるみ
管理栄養士
野菜ソムリエ協会 講師
「食でカラダ革命」をテーマに、カラダだけでなくココロも元気になる「食べ方のコツ」を紹介する管理栄養士。「カラダが変わり、人生が変わった!」と評判になるほどの人気講師。「食」で人が変われることをお伝えするべく、学校・企業・行政などで年間100回以上講演を行い、リピート率90%。

1.ヤル気がでないのはなぜ? 2.カラダの疲れ、ココロの疲れを回復させる食とは 3.記憶力、集中力を高める食材 4.今の自分に必要な食べ物は 5.食べ物の選び方、食べ方で人生が変わる!  *時間60~… (続きを読む)

子ども達の生きる力と絆
~ いのちのメッセージ ~

岩崎順子 いわさきじゅんこ
いのちの講演家
公益財団法人 和歌山県人権啓発センター登録講師
いのち、人権、心、子ども、親子、高齢者、生と死、生きる力、認知症の向こう側にある心、災害を通しての絆について北海道から山口県まで全国での講演はおかげさまで800回以上になりました。原稿を持たず体験に基づく内容を心に届くありのままの言葉と笑顔で堅苦しくなく講演させていただきます。

〇自己肯定力について友達との関係が上手く作れない子  心を閉ざしている子  誰かと比べて自信をなくしている子  いい子を演じて疲れている子  つらい気持ちを出すことができず 誰かをいじめることで解消す… (続きを読む)

生まれて来てくれてありがとう
子どもに勇気を与える育て方

村山順子 むらやまじゅんこ
「心を届ける手紙のセミナー」主宰 
一般社団法人 神戸暮らしの学校 代表理事
小学校教師を経て、結婚・子育て(3男1女)。夫急逝後、52歳で家事代行サービス会社を創業。その後、一般社団法人「神戸暮らしの学校」設立。また、夫急逝の失意から救ってくれた亡夫からの『手紙』の効用を広めるべく、体験型セミナー「心を届ける手紙のセミナー」「社長手紙塾」を全国展開中。

子どもたちは、親の言うことはなかなか聞かないけれど、親のやっていることは真似をします。先生のやっていることは真似をします。 それは真似して欲しく無いと思う事をしっかり真似してくれます。子どもは親や、先… (続きを読む)

【保護者(小学校)向け】
スマホ時代の子どもたちに大人ができること ~地域・家庭でのルールづくりと取り組み~

石川千明 いしかわちあき
(一社)ソーシャルメディア研究会
チーフ研究員
京都府警 ネット安心アドバイザー リーダー
スマホ利用の低年齢化が進み、ネットトラブル、ネット依存が深刻な社会問題になっています。ゲーム企画、web企画制作、子育て支援、学校支援の経験、また母親目線から、わかりやすくネットトラブルの現状と対策を解説。家庭、学校、地域での声掛け、取り組み、ルール作りについて話します

「知らなかった」から起こってしまうネット、ネット・スマホのトラブル。 それを「よく知っている」はハードルが高くても「聞いたことがある」にできれば、トラブルを未然に防ぐことができるかもしれない。そういう… (続きを読む)

響き合う笑顔の力
親の表情が子どもの力を伸ばしていく

上田真弓 うえだまゆみ
表情筋セラピスト
スマイルアドバイザー
保育士、トリマー、ヘルパー職を経て、「表情筋セラピスト」の公認インストラクターのライセンスを取得。
現在は表情筋講師として、独自で開発したメソッド「笑顔の時間®」を用いて、全国各地の企業、団体等で講演を行い多方面で活躍中。


子育てには表情が最も重要になります。 あなたの笑っている顔、怒っている顔、さまざまなその表情が子どもの脳の働きを作り 可能性を決定付けています。 前半は表情と脳のメカニズム、表情がもたらす健康面・精神… (続きを読む)