2017年 300件を超える教育講演会の中で、一番依頼数の多かった講師をランキング順に紹介させていただきます。
1位 仲島正教 2位 篠原嘉一  3位 嶋田亜紀 4位 石川千明 5位 岩崎順子
6位 道志真弓 7位 桂ぽんぽ娘 8位 杉山仁美 9位 佐藤 浩 10位 奈佐誠司 

あーよかったな あなたがいて
~心の銀行に いっぱい貯金を~

仲島正教 なかじままさのり
教育サポーター

小学校での21年間に及ぶ教師経験を基に、子育てや学校教育における「真の人権教育の大切さ」を語る教育者。教育現場で得た子どもたちとの様々な感動体験を交えながら、親や地域の大人が今こそ改めて認識すべき「人権意識」について、“優しい風(loving-wind)”にのせて世に贈り続ける。

人は、自分の「心の銀行」に温かい貯金があれば、つらいことや悲しいことに出会っても、その貯金を使って乗り越えていくことが出来ます。 でも自分の心の銀行に貯金がない人は、つらいことに出会ったとき「どうせ私… (続きを読む)

子ども達のスマートフォンに潜む危険
~その仕組みを知ることで防げる心の傷~

篠原嘉一 しのはらかいち
NIT情報技術推進ネットワーク(株)代表取締役
兵庫県情報セキュリティサポーター
IT関係事業者とwebの有効利用を研究するため、情報技術推進ネットワークを開設。子ども達へのカウンセリング経験から、心身の傷は携帯電話やネットの影響が多く、被害の現状を知らずにいる学校関係者やIT事業者にも現状を伝えようと、兵庫県情報セキュリティサポーターとして被害防止に尽力中。

機械モノはわからないから・・・では守れない! 今、携帯ネットの普及で子ども達の生活環境が大きく変わっています。 誰でも被害にまき込まれる仕組みが、子ども達に迫っています。 現在の状況を把握することが、… (続きを読む)

インターネットに潜む危険
~その仕組みを知ることで防げる被害~

嶋田亜紀 しまだあき
兵庫県警察サイバーパトロールモニター
NIT情報技術推進ネットワーク株式会社
兵庫県サイバー犯罪防犯センター勤務時より、学校等へ出前講座を実施するなどネット被害防止活動に携わる。現在は兵庫県警サイバーパトロールモニターとしても様々なかたちで力を注ぎ、ネット啓発講座も精力的に行っている。スマホや SNS の正しい使い方を具体的にわかりやすく伝える。

携帯サイト特有の仕組みは、日頃利用しない大人には理解できない罠が潜んでいます。 子どもを危険から守るために、大人も子どもも一緒に学んでいただく機会を持っていただきたい。 スマートフォンの正しい使い方を… (続きを読む)

【地域向け】問われているのは大人の姿勢
「スマホ時代の子どもたちと保護者」を考える

石川千明 いしかわちあき
(一社)ソーシャルメディア研究会
チーフ研究員
京都府警 ネット安心アドバイザー リーダー
スマホ利用の低年齢化が進み、ネットトラブル、ネット依存が深刻な社会問題になっています。ゲーム企画、web企画制作、子育て支援、学校支援の経験、また母親目線から、わかりやすくネットトラブルの現状と対策を解説。家庭、学校、地域での声掛け、取り組み、ルール作りについて話します

子どもたちのスマホやネットの使い方が危険と考える大人は多いですが、ではその保護者はどうでしょうか。リアルのコミュニケーション、マナーなど、スマホ時代だからこそ大人の姿勢が問われています。スマホ・ネット… (続きを読む)

子ども達の生きる力と絆
~ いのちのメッセージ ~

岩崎順子 いわさきじゅんこ
いのちの講演家
(公財)和歌山県人権啓発センター登録講師
いのち、人権、心、子ども、親子、高齢者、生と死、生きる力、認知症の向こう側にある心、災害を通しての絆について北海道から山口県まで全国での講演はおかげさまで900回以上になりました。原稿を持たず体験に基づく内容を心に届くありのままの言葉と笑顔で堅苦しくなく講演させていただきます。

〇自己肯定力について友達との関係が上手く作れない子  心を閉ざしている子  誰かと比べて自信をなくしている子  いい子を演じて疲れている子  つらい気持ちを出すことができず 誰かをいじめることで解消す… (続きを読む)

笑顔の戦士 8歳で天国に旅立ったゆみかが教えてくれたこと
~命って大切なんだよ~

道志真弓 どうしまゆみ
フリーアナウンサー
“幸せ気づき”プロデューサー
前 熊本市人権教育講師
不妊治療の末に授かった娘は世界で30数例の染色体異常と診断され、8歳で他界。歩く事も話す事も出来なかったが、娘を囲んで笑顔が絶えない日々。娘が私たち家族に教えてくれたこと、そして命の大切さ、家族であること、生きるということ等、講演を通して、皆さまと共に考えていけたらと思っている。

お聞き頂く方の年齢に応じて、「命の大切さ」「家族の絆」「五体満足ということ」など、 わかりやすく、心に届くようにお話します。 まず「まあるい命」の手話をご一緒に。  そして、ゆみかと共に生きた凝縮の8… (続きを読む)

なぜ、いじめはなくならないの?
~元いじめられっ子の落語家からのメッセージ~

桂 ぽんぽ娘 かつらぽんぽこ
落語家

小・中学校時代、自殺を考えるほど壮絶ないじめを経験。その後、落語家の道を進むことを決意し、2000年 東京太・ゆめ子に弟子入り、2006年 桂 文福に入門。現在は、落語家として全国各地で活躍する一方、一児の母として子育てに奮闘中。自身の経験を基に「いじめ問題」「子育て」について講演を行なう。

子どもが伸びる!集中力アップのコツ!
(箱根駅伝優勝チームへの指導法から)

佐藤 浩 さとうひろし
株式会社BESTS 代表取締役 
ヒューマンディレクター
前 近畿大学陸上競技部 駅伝監督
大脳生理学を基に「心技体」を向上させるメンタルトレーニングの指導者。1988年 四日市大学で、駅伝部を設立。東海地区18位のチームを三重県で初めて全日本大学駅伝に出場させた。「ストレスマネジメントできる人を増やすことが職場や家庭の繁栄になる」を信条に、活動の場を全国に広げている。

誰もが子どもの成長を願っています。1年ずつ成長していく毎に、「成績もスポーツもレベルアップして行く子ども」もいれば、「片付けない、ゲームばかりしている、勉強に集中できない、友達と外で遊ばないなど課題を… (続きを読む)

今日からスタート!子どもたちの笑顔を増やす魔法の声がけ

杉山仁美 すぎやまひとみ
ヘルスボディーアドバイザー
チャイルドコーチングアドバイザー
ストレスフリーコミュニケーションアドバイザー
4歳よりダンスを始める。高校時代ダンス、カラーガードで全国5位に。その後、大阪芸術大学舞台芸術学科ミュージカルコース進学。信念は「好きなことが出来るのも、健康な体があってこそ」全国各地で講演会活動を行い、トータル的な体づくりを提案。キッズダンススクールは月間のべ700人が受講。

指導者向けには、自分の特性を知ったうえでの子どもたちへの指導をどのように行っていけばいいのか? 保護者向けには、子どもたちへの効果的なことばのかけ方を。 心理学を用いながら、ダンス指導の中のエピソード… (続きを読む)

ダンスで心のバリアフリーを!

奈佐誠司 なさせいじ
プロ車いすダンサー

日本初プロの車いすダンサーとして『心のバリアフリー』をテーマに積極的に活動。オートバイの事故で下半身麻痺となり、左手の握力も無くなる。現在はバリアフリー・ダンス・ユニット「リトル・ラブ」のリーダー。
持ち前の明るさと行動力で様々なイベントや講演で活躍。


オープニングにスピード溢れるストリートダンス! 後半にはストーリー性、メッセージを組み込んだダンスでしめくくります。 また、講演の中では、実際に会場の皆さんにも“車いすダンス”を体験していただく参加型… (続きを読む)