Zoomビデオウェビナーを使って講演やセミナーを開催する企業が増えています。
Zoomビデオウェビナーには、登録画面ページを自由にカスタマイズできるブランディンク設定があり、お好みのバナーや会社ロゴを追加できます。
そこで今回は、登録画面をカスタマイズしてオリジナル感を出すブランディング方法をご紹介します。

 

■目次

 

Zoomビデオウェビナーの登録画面はカスタマイズ可能

Zoomビデオウェビナーの事前登録ページは、配色、タイトル、バナー、ロゴ、略歴やプロフィール写真を含む最大3名分の講演者情報を指定して、自由にカスタマイズすることができます。
このようなカスタマイズは「ブランディング」と呼ばれています。
ブランディングとはその名の通り講演や企業のブランドイメージを定着させることです。企業をイメージした配色、企業ロゴやバナー、講師の画像等を入れることで、企業や講演の認知度を高め、聴講者に強く印象付けることを目的としています。ブランディングを図ることで、今後も自社のセミナーや講演を選んでもらいやすくする効果があります。

Zoomビデオウェビナーのブランディングの方法

Zoomビデオウェビナーには手軽にブランディングを設定できる機能があります。

その方法は以下の通りです。

  1. Zoomウェブポータルにサインインする
  2. ナビゲーションメニューから「ウェビナー」をクリックする
  3. ブランディングするウェビナーの「タイトル」をクリック
  4. 「ブランディング」タブをクリック
  5. ウェビナーのブランディング設定をカスタマイズする

この画面でタイトルやロゴ、バナー、講演者情報などをカスタマイズすることが可能です。

テーマ(配色)を決める

ウェビナーのブランディングではテーマの選択も一つの重要なポイントになります。
テーマはブランディング設定から選択することができます。
設定方法は以下の通りです。

  1. テーマセクションで「テーマの変更」をクリック
  2. テーマを選択する。テーマは定義済みのものか、カスタムをクリックしてお好みのカラーを選ぶことができる。カスタマイズはる場合は、背景、ヘッダーテキスト、ボタンのカラーをそれぞれ指定する
  3. 「保存」をクリックする

バナーを追加する

ブランディングではバナーも追加することが可能です。

追加する手順は以下の通りです。

  1. ブランディングタブをクリックする
  2. バナーをクリックする
  3. アップロードをクリックする
  4. PC内のバナーの画像を選択する

ただし、このバナーに設定できる画像には利用できるものとできないものがあります。

利用できる要件は、

  • フォーマット:GIF、JPG/JPEG、24-bit PNG(アルファ/透過設定は可)
  • 寸法:640px×200px(推奨)、1280×400px(最大)
  • 最大ファイルサイズ:1024KB

となっているので、選択した画像がバナーに自動で設定できない場合は、当てはまっているかどうか確認してください。

ロゴを追加する

バナーと同じようにロゴも設定することができます。

追加する手順は以下の通りです。

  1. ブランディングタブをクリックする
  2. ロゴをクリックする
  3. アップロードをクリックする
  4. PC内のロゴの画像を選択する

ロゴに追加することができる画像の要件は以下の条件を満たしている必要があります。

  • フォーマット:GIF、JPG/JPEG、24-bit PNG(アルファ/透過設定は可)
  • 寸法:640px×200px(推奨)、1280×400px(最大)
  • 最大ファイルサイズ:1024KB

講演者情報を追加する

Zoomビデオウェビナーでは最大3人の講演者情報を追加することができます。
追加する手順は以下の通りです。

  1. 講演者情報タブをクリックする
  2. アップロードをクリックする
  3. 講演者情報のポートレートに移動してから「開く」をクリックして、画像をアップロード。
  4.  講演者の氏名、役職、組織、最大400文字の略歴を入力する
  5. 保存する

講演者の情報を追加することでウェビナーの招待メールとウェビナーの参加者確認メールに講演者の情報が記載されます。

手作りバナーを作成

既存のバナーがない場合、手作りでバナーを作ることが可能です。
バナーを作成したことがない人でも簡単にブラウザ上で作成できるおすすめツールをご紹介します。

ブラウザ上で簡単に作成できるCanva

バナーを作成するにはブラウザ上で作成できるCanvaがおすすめです。

その特徴は、

  • 初心者でも簡単に作成できる
  • オフラインのチラシからオンラインのバナーやロゴまで作成可能
  • テンプレートから選ぶだけ
  • 簡単にオリジナリティを出せる

といったところにあります。

Canvaで実際にバナーを作成してみる

Canvaでバナーを作成する手順は以下の通りです。

1.Canvaのサイトに行き、アカウントを登録する

2.デザイン開始画面の右上部にある「デザインを作成」ボタンをクリックして、「バナー」を選択。サイズを指定したい場合は、「カスタムサイズ」ボタンをクリックして、サイズを指定する。

3.左側のメニューバーのテンプレートアイコンをクリックして、テンプレートを選ぶ。

4.画像を変更する。メニューバーの「写真」をクリックすれば、無料で使える画像データが表示されるので、それを選択する。自分が持っている画像を使用したい場合は「アップロード」ボタンより画像をアップロードして、選択する。

5.文字を変更する。文字は、変更したい部分にカーソルを持っていき、クリックすると、その部分が選択されるので、お好みの文字を入力する。

上のメニューバーで文字のフォントや色、大きさが変更可能。「…」ボタンを押すと、文字パレットが表示されるので、行間や文字間、透明度、エフェクトなどの設定もできる。

6.オプションで背景の変更、絵文字やアイコンの挿入も可能。

7.調整が終了したら、ダウンロードボタンを押して、ファイルの種類(PNG又はJPEG)を選択し、「ダウンロード」ボタンをクリックする。

8.PCに保存されたデータをZoomビデオウェビナーにアップする。

Canvaには多彩なテンプレートがあり、文字や画像、背景を変更することで、オリジナルのバナーを簡単に作ることができます。

無料で使えるその他のバナー作成ツール

Canva以外にも初心者でも簡単に使えるバナー作成ツールがあるので、2つほど紹介します。

バナー工房

ポップテイストなバナーを作成することができ、シンプルな操作性が人気のバナー作成ツール。バナー作成だけではなくGIFアニメ作成、アイコン作成、QRコード作成などができます。

pixlr editor

画像編集や描画調整などフォトショップと同じ感覚で使える画像編集ツール。テキスト配置ができるので、簡単なバナー作成もできます。

利用する人が多くなってきたZoomビデオウェビナー。自分のオリジナリティを表現することで、ブランディング効果を発揮することができます。
ぜひこの機会に、バナーやロゴをカスタマイズしてオリジナルの登録画面を作成してみてください。

あわせて読みたい


より鮮明な映像を実現できるおすすめのウェビナー用カメラと設定方法

 オンライン講演(ウェビナー)は通常はPC付属のカメラやマイク…

Zoomで録画したオンライン講演の動画を配信する方法

セミナーなどのオンライン講演の開催時には、配信方法についても事…

【Zoomウェビナー上級編】Zoomビデオウェビナーでオンデマンド配信する方法

Zoomビデオウェビナーは、オンライン講演(ウェビナー)でよく…


 他の記事をみる