製造業などでは、職場の安全衛生活動に取り組まれている労働組合様も多数いらっしゃると思います。いつ大きな事故が起きるか分からない職場もあります。安全衛生担当者をはじめ、組合員に安全の意識を持っていただくのにおすすめな講師をご紹介します。

安全行動をするための脳づくり
~ゼロ災害のための脳力アップトレーニング~

古橋麻美 ふるはしあさみ
シフトブレイン・ジャパン株式会社 取締役
安全脳力開発プロデューサー
外資系ホテル・日立グループの支社長秘書を経てビジネスマナーインストラクターとなる。現在は、コミュニケーション、ビジネスマナー教育をはじめ、ヒューマンエラーの根本的原因である「脳のメカニズム」に着目し、「脳を創って、安全を創る」ためのトレーニング法を伝授。実践に即した内容が好評を得ている。

事故・災害・ヒヤリハットは、ヒューマンエラーと環境整備不足によって起きていることがほとんどです。 コトが起きた時、上長は「気をつけなさい」「意識しなさい」と言います。 その「気をつける」ことや「意識」… (続きを読む)

航空業界における「安全」と事故防止

清水孝久 しみずたかひさ
安全・品質コンサルタント

“安全・品質の礎は「人」”をモットーに人材育成に取り組む。研修はどんなに素晴らしい内容であっても受け入れてもらえなければ意味がないので、解りやすさは当然として、更に興味を持てるような楽しめる内容にすることを心がけ、お客様からも高く評価されている。

「エラーはするな!、ルールは守れ!」と言っても人はエラーをするし、ルール違反もします。大切なことはエラーやルール違反を事故に結び付けないことです。 航空業界が培ってきたエラーやルール違反に着目した「安… (続きを読む)

労働組合としての安全衛生活動の意義

林谷英一 はやしたにえいいち
安全衛生大会教育講師
元 三菱電機安全衛生協力会事務局長
三菱電機神戸製作所入社後、一貫して現場の前線で活躍。2006年三菱電機安全衛生協力会事務局長(安全衛生課兼務)。同年より災防団体等の教育講師としても活躍。現在、安全衛生教師および安全衛生大会の講師、長年の現場経験に基づき、安全衛生を解りやすく説く。

1.労働組合の安全衛生に対する取り組みは、会社の行う安全衛生活動のチェックと安全衛生委員会の場で、  その充実を提言することが中心であった。しかし、それだけでは真に組合員の安全・健康は守れない。  業… (続きを読む)

不安全行動/ヒューマンエラーと安全管理

去来川敬治 いさがわたかはる
安全衛生教育トレーナー
社会保険労務士
社会保険労務士業及び安全衛生教育等の講師として活動を続ける一方、“リスクアセスメント”構築のための講演・研修を各団体・各企業で行う。また、前職での安全管理活動の中で、人とのつながりの重要性を改めて実感し、コミュニケーションスキルのベレルアップ研修(報連相研修)も行い、好評を得ている。

人間の特性を知り、管理監督者の目線で安全管理の重要ポイントを考える。  1. 不安全行動とヒューマンエラー 2. 不安全行動は何故起こる? 3. 不安全行動を防ぐには? 4. ヒューマンエラーは何故起… (続きを読む)

ヒューマンエラーによる事故災害の撲滅に向けた安全活動

落合一幸 おちあいかずゆき
落合労働安全コンサルタント事務所 所長

関西電力(株)京都府全域を所管する電力所長を歴任。その経験から「安全無くして、生産なし。電力供給は安全・安心が最優先」の信念を持つ。関西電力能力開発センター主席講師、(株)かんでんエンジニアリング安全部長等歴任し「現場安全活動」に尽力。現在、労働安全コンサルタントとして活躍中。

・安全活動による工具/設備や工法/手順の改善は、人の成長と品質の向上、効率的な仕事に繋がります。    ・数字の災害「0」を目指すのではなく、許容できないリスクを排除として、安全最優先の思い(信念)と… (続きを読む)

エラーを防ぐ組織作り
~チーム力でヒューマンエラーを防ごう~

島本長範 しまもとながのり
CIMA人財教育開発代表

日本航空において24年の整備現場、12年の人財育成/研修部門を経て、2011年に独立。航空会社で行っているヒューマンファクターに基づいたエラー防止の考え方、エラー防止の組織作りをコンサルティングや研修に取り入れて企業経営のサポートを行っている。

・ヒューマンエラー防止にチーム力が重要である事が理解できる ・ヒューマンエラーの基礎(概要)が分かる ・個人の意欲、気合いだけではエラーが防げない事に気付く ・人間の能力と限界を知る事の大切さが分かる… (続きを読む)

ヒューマンエラーを防ぐ安全活動

椎野恭司 しいのきょうじ
労働衛生コンサルタント

順天堂大学体育学部健康学科卒業後、日本ビクター(株)入社。専任衛生管理者として本社診療所配属、人事グループ長、人事総務部安全健康管理センター長等歴任後、労働衛生コンサルタントとして独立。神奈川労務安全衛生協会・専任講師も務める。

設備対策をいかに万全にしても、最終的には人間の行動が安全のキーを握っています。とはいっても号令だけでは、人は思うようには動きません。人間はなぜエラーを起こすのか、原因を理解し、人の行動に対して安全対策… (続きを読む)

安全活動と私 育て、育てられた反省記(半世紀)
~災害ゼロの前に、危険ゼロの実践を!~

富田 勉 とみたつとむ
富田労働安全衛生研究所 代表
RSTトレーナー
家電メーカーの現場第一線監督者として30年間ものづくりを経験。その後、社内の労働安全衛生対策部門に転籍。「安全と経営は表裏一体」を重んじ、安全衛生教育の企画・運営及び、自らもトレーナーとして管理・監督者の安全衛生意識レベルはもとより、「人を守り育てられる監督者」の育成を手掛けてきた。

社内の安全担当者としての体験談です。 内容の骨子(一項目約30分です。ご要望に応じて内容構成致します) (1)安全成績を知ることが大事 自分の職場の安全成績が良いのか? 悪いか?知らないまま活動して … (続きを読む)

ディズニーにおける安全とは

石坂秀己 いしざかひでみ
接客向上委員会&Peace 代表

東京ディズニーランドのアトラクションの責任者として約15年勤務し、接客研修の基礎を築き上げる。退職後、アミューズメント業界の人材派遣会社にてさらに実績を積む。2005年独立。これまでの豊富な経験を生かし、対象者に応じた「接客基本研修」「コミュニケーション研修」等、好評を得ている。

みなさん、こんにちは!  「安全」に対するディズニーならでは取り組みだけではなく、ディズニーのキャストたちがどうして あんなに笑顔で楽しく仕事ができているのか、その秘密や独自の取り組みも併せてお伝えし… (続きを読む)

事後の100策より、事前の1策
~労働災害の根本原因と対策~

中田敬司 なかたけいじ
神戸学院大学現代社会学部社会防災学科教授



ヒューマンエラーに触れながら、事故原因と対策について説明します。 また、簡単な実習を行い理解を深めていただきます。 企業安全講演の導入部としてお薦めの講演です。 1.労働災害件数の現状とその傾向  2… (続きを読む)