メンタル不調の現状を認識してもらいたい

企画担当者の方より「メンタル不調を訴えるユニオン員が増えてきています。特に懸念しているのが若年層での「うつ」などのメンタル不調です。労組役員と代議員でこの現状を認識し、知識と理解を深めたいと考えています。」とご相談を頂きました。

現代社会において、私たちはしばしば様々な場面で過度のストレスにさらされ続け、十分な能力を発揮できない状況に追い込まれます。そこで、今回は職場、家庭でイキイキ働き、イキイキ生きる為に自分で出来るストレスの対処法を梶原しげるさんに伝授頂きました。

梶原しげるさんは、約20年のアナウンサー経験を経されました。報道番組からバラエティーまで幅広く活躍される中で、阪神淡路大震災を機に、震災や少年犯罪における心の問題の重要性を痛感したことから、2002年東京成徳大学大学院心理学研究科を修了、認定カウンセラーと健康心理士の資格を取得され、心のケアの問題においても積極的に取り組んでいらしゃいます。

ストレスに負けない体と心の作り方

最近少々疲れ気味だ。気がつくとため息をついていることがある。自分はなぜか損な役回りばかり演じさせられているような気がする… 。私たちを取り巻く、仕事、対人関係、家庭生活から来る各種のストレスとどう関わり、どうコントロールしていけば良いのでしょうか。

このセミナーでは、様々な心理療法的なアプローチを紹介しながら、ストレスコーピングのための具体的な対処法を提示し、ストレス耐性の強い人間に変身できるようなエクササイズなどもご紹介していきます。

企画担当者・参加者の声

現在起こっているメンタルヘルスの問題について、まだまだ理解していない参加者が多かったので、セルフケアといったところでは分かり易く、入り易かった。参加された皆さんからは好評で、「話も分かり易く、直ぐに実践できる」「考え方をかえていこう」等、これからの生活に活かせる講演でした。

ストレスに負けない体と心の作り方
ストレスマネジメント梶原流攻略法

梶原しげる かじわらしげる
タレント
フリーアナウンサー
シニア産業カウンセラー
早稲田大学卒業後、文化放送に入社。20年のアナウンサー経験を経て、1992年からフリーに。数々のテレビ・ラジオ番組の司会を中心に活躍する一方で、49歳で東京成徳大学大学院心理学研究科に進学、心理学修士号取得。東京成徳大学経営学部 講師(口頭表現トレーニング)も務める。