「講演会」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。お客様の業界別専門コンサルタントが、講師紹介から講師依頼、ご開催までワンストップでサポート。

都築幹彦 (K-1056)

  • HOME »
  • 都築幹彦 (K-1056)

都築幹彦 つづきみきひこ

元 ヤマト運輸株式会社 取締役社長

当時の業界常識を破った国内初の「クロネコヤマトの宅急便」を生んだ仕掛人。社内では反対する労働組合を説得する一方、厚い壁であった免許問題等で運輸省・郵政省・警察庁と折衝。規制と闘い、遂に47都道府県の免許を取得。全国翌日配達のネットワークシステムの基を作り上げた熱血仕事人。

経営者・元経営者
健康 経営戦略・事業計画 意識改革

都築幹彦のプロフィール

■職歴・経歴
1929年 東京生まれ
1950年 慶應義塾大学経済学部卒業。同年ヤマト運輸株式会社に入社。以後、運輸畑一筋に歩む。
支店長を経て取締役路線部長、常務取締役営業本部長、代表取締役専務等を歴任。
1987年 代表取締役社長(三代目)に就任する。
1990年 アニメ映画「魔女の宅急便」の製作も手がけ、大ヒット。
1991年 代表取締役会長に就任し、その後、取締役相談役を務める。
1995年 同社相談役を退任。その間、東京路線トラック協会会長などを歴任。
退任後、2008年度までヤマト運輸社友会会長を務める。
趣味はマジックで、東京アマチュア・マジシャンズクラブの17代会長を4期務めた。榎本健一の甥。

■実績
2代目小倉社長の右腕として、宅急便に反対する取締役会や猛反対する労働組合を説得し、当時の業界常識を破った国内初の「クロネコヤマトの宅急便」を開始した。目標とした全国翌日配達を実現するために、許認可問題等で運輸省に対し、強硬に折衝しながら規制を打ち破り、15年かかって漸く47都道府県の運送免許を取得。それによって全国のネットワークシステムの基礎を作り上げることが出来た。
宅急便の取り扱い数量は、新規事業であったため初日はたったの11個しか集まらなかったが、2013年度は15億個を越し、ゆうパックを大きく引き離している。常にお客さまの立場に立ったサービスを考え、時代のニーズに合った企画を次々と開発した。

■著書
『どん底から生まれた宅急便』(日本経済新聞出版社)

講演タイトル例

健康 悠々自適はぼける道
あくせく生きよう俺の道

人生を楽しく生きるためには (1)健康を維持する (2)趣味の仲間をもつ (3)へそくりのお金をつくること である。 なかでも“会社人間”が停年を迎えたあと、悠々自適の生活ではぼけが早まるだけである。...

プランへ移動

経営戦略・事業計画 ~クロネコヤマトの実践から~
成長は失敗や改善から生まれる
企業は常に挑戦しなければならない

“ノープレイ”“ノーエラー”の経営には、ビジネスチャンスはない。 失敗や改善への取り組みがあって、企業は成長し、また新しいアイデアや商品がうまれてくる。 買う人の立場に立って物・サービスを売れ、お客は...

プランへ移動

意識改革 クロネコヤマトの実践から
商品とはモノではなく、人(信頼)である

“変革時代”といわれる今、経営者はなにをすべきか。 “クロネコヤマトの宅急便”を生み出すことができた経営理念やスタート時の苦渋など実体験を通じて得た経営についての大切なところを話します。 商品とはモノ...

プランへ移動

経営戦略・事業計画 クロネコヤマトの実践から
新規事業~成功と失敗の要因

挑戦しなければ、企業は活性化しない。 企業論理ではなく、常にお客の立場(顧客論理)で考えないとアイデアや新商品は生まれてこない。 商品とは何か、慣習や常識を外して発想を転換することによって新しい商品は...

プランへ移動

経営戦略・事業計画 ~クロネコヤマトの実践から~
古き規制をうち破る経営革新

〜「常識」をぶち破る経営の神髄〜 不況時のいま、経営者の役割とは何か?経営環境の変化にどう対応するか? その答えがここにある!

プランへ移動

経営戦略・事業計画 ~クロネコヤマトの実践から~
経営環境の変化にどう対応するか

これからの経営のあり方について、豊かな経営実践に基づいた、失敗談を交えながらのユーモアあふれる講演です。 1.社会環境の変化に対応していない会社が意外にも多い 2.発想の転換は「常識」を取り除くことか...

プランへ移動

経営戦略・事業計画 ~クロネコヤマトの実践から~ 革新のための規制との闘い

関連する講師

肩書職業が同じ講師

内容ジャンルが同じ講師

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別