「講演会」「オンライン講演」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。業界別専門コンサルタントが、講師紹介から開催までワンストップでサポート。

多久島志保乃 (K-17794)

  • HOME »
  • 多久島志保乃 (K-17794)

多久島志保乃 たくしましほの

マナーコンサルタント 元 CA 出雲大社教布教師

航空会社で接遇やOJTのノウハウを身につける。なぜ日本はおもてなしの国といわれるのか?出雲大社で日本の心・礼儀作法を学び、日本企業と外国企業に勤務、飲食店経営に携わる。現在は、心をつかみ結果を出す人材育成方法に相談が殺到し企業や店舗、病院など多様な業種で講演・研修を行っている

コンサルタント 実践者 教育・子育て関係者
顧客満足・クレーム対応

多久島志保乃のプロフィール

■職歴・経歴
全日本空輸株式会社(ANA)に入社。客室乗務員として機内サービスおよび保安業務に従事した後、グローバル企業の日本法人に転じ、総務・受付業務を担当。国内企業の営業事務業務に転じた後、平成17年飲食店の立ち上げ、経営に携わる。平成26年から5年間は、キャスティング会社の営業としてイベント、講演会、研修への人材紹介および講師プロデュースに従事した。
一方で自身も講師としての経験を積み、平成23年度は、和歌山大学、兵庫県立大学でコミュニケーション概論の講師、平成24年25年度は神戸野田高等学校作法科の非常勤講師を務めた。現在は、ビジネスマナー、接客、接遇、コミュニケーションのテーマを中心に、多数の企業で講演・研修を行っている他、厚生労働省高校生就職ガイダンス講師など、若手の就職支援にも力を入れている。研修スタイルの特徴は、知識のインプットだけではなく、体験や振り返りを通して受講者自身が気づきを得る講演・研修を行う。また出雲大社で神道を学び、出雲大社教布教師の資格を持つ講師でもあり、形だけではなく、心と言葉と行動であらわす事の大切さ、マナーが周囲の人に与える影響力の大きさを伝えている。

■専門分野
国家資格キャリアコンサルタント、厚生労働省高校生就職ガイダンス講師、ビジネスマナー、接遇マナー、コミュニケーションスキル、傾聴スキル、アサーションスキル、クレーム対応、キャリアデザイン、就職支援など

■背景・活動歴など
静岡県生まれ。若干20歳で夢を叶え全日本空輸株式会社(ANA)に入社。国内線に乗務し、1日に3~4便、1000人以上のお客様と接する。1人のお客様と接する時間は、短ければ数秒。それでも「またANAに乗ろう」「君たちCAにまた会いたい」と思う、信頼を創りだす接遇術をトータル2700時間以上の滞空時間を通じて学ぶ。
ANA退社後、様々な業種・職場を経験するが、仕事は結局「人 対 人」であり、「マナーの習得は人間力の向上」。結果を出すために必須のスキルと実感、同時期に人材育成の相談を受け始めたことをきっかけに講師の仕事を始める。世界共通の国際マナーを学ぶ過程で、「どうして日本はおもてなしの国と評価されるのか?」と考え、出雲大社で日本の心を学ぶ機会を得る。マナーとは心を形であらわしたもの。言語・非言語を駆使した、人の心をつかみ、望む結果を出すコミュニケーション術。聴講者が「心」と「技術」をバランス良く体得できることを目的に講演・研修を行っている。

講演タイトル例

顧客満足・クレーム対応 日本が誇る「こころ」の伝え方 
~成果につながる人間関係力~

なぜ日本は「おもてなしの国」と諸外国から高い評価を受け続けているのでしょうか? マナーを学んでも変化が継続しない。社員・スタッフのスキルにばらつきがある。一般的なマナーを学んでも実際の業務で実践するの...

プランへ移動

関連する講師

肩書職業が同じ講師

内容ジャンルが同じ講師

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別