「講演会」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。お客様の業界別専門コンサルタントが、講師紹介から講師依頼、ご開催までワンストップでサポート。

横島 章 (K-2150)

  • HOME »
  • 横島 章 (K-2150)

横島 章 よこしまあきら

宇都宮大学名誉教授 東京理科大学講師

今も根強く残る同和問題を解決するため、様々な角度からの取り組みを展開。さらに基本的人権の本質に関する態度を喚起する人権教育を目指す。幼い時期から人権問題を考える習慣をつけるような環境をつくり、社会の組織や体制が人権尊重を実現するよう改善されることを強調している。

大学教授・研究者

横島 章のプロフィール

■職歴・経歴
1939年生まれ
1963年東京教育大学教育学部心理学科を卒業後、同大学院教育学研究科博士課程に進む。
宇都宮大学教育学部講師、助教授、教授を経て定年退職し、現在は名誉教授である。
また、東京理科大学講師も兼務する。
この間、1979年から栃木県同和対策審議会会員、のちに同会長。

現在は、栃木県人権施策推進審議会会長、日本尊厳死協会関東甲信越支部理事を務める。
また、前 栃木県個人情報保護審議会会長。
国の仕事では、81年から91年まで、総務庁地域改善対策協議会委員も兼任。

■著 書
『信頼の崩壊』
『学校教育を見直す〜「常識」の再検討』
『人権を考える』(共著)
『教師のための同和教育』
『部落差別の社会心理学研究』
『同和問題の心理』

講演タイトル例

お互いを大切にする社会を目指して

弱い人の権利をいかに現実のものとするかを考えてみたいと思います。 戦後の民主主義社会建設の勢いも、同和問題や、女性問題や障がい者問題等の視点から検討するとふじゅうぶんなところが沢山残っています。 部落...

プランへ移動

社会の隅々まで平等が実現される社会を目指して

昭和20(1945)年、戦いに敗れた我が国は新しい民主主義国家を建設するために餓えや物資不足に苦しみながらも、懸命に努力を傾注し、今日の豊かな社会を迎えることが出来ました。 戦争では、沢山の兵士が銃弾...

プランへ移動

著書・著作紹介

アマゾンWEBサービスを利用しております。

関連する講師

肩書職業が同じ講師

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別