「講演会」「オンライン講演」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。業界別専門コンサルタントが、講師紹介から開催までワンストップでサポート。

高橋三千綱 (K-2267)

  • HOME »
  • 高橋三千綱 (K-2267)

高橋三千綱 たかはしみちつな

作家

「九月の空」で芥川賞受賞以来、団塊の世代を代表する作家として活躍を続ける作家。1948年1月5日大阪府豊中市生まれ。早稲田大学中退。スポーツ記者を経て作家に。小説以外にも幅広い分野で活躍し 映画監督としても実績を残す。

作家

高橋三千綱のプロフィール

■職歴・経歴
父は大衆小説作家として活躍した高橋三郎氏。高校卒業後、ジャーナリストを志望し、1966年、米国サンフランシスコ州立大学入学。3年後中退。帰国後は早稲田大学に入学。早大時代は映画研究部に所属する。早稲田大学中退後はホテルマン、東京スポーツ新聞社でスポーツ記者として活躍しながら文筆活動を行う。1974年「退屈しのぎ」で第17回群像新人賞受賞。1978年に「九月の空」で第79回芥川賞受賞し、一躍注目を集める。以来、団塊の世代を代表する作家として、小説のみならず、多くの分野で活躍。とくに映画に関する思い入れは強く多くの作品が映画化された他、「真夜中のボクサー」を自ら監督し高い評価を獲得している。

■講演内容
“男の理想・女の愛”“親の自立・子の独立(親から子へ伝えられること)”“人生を楽しく生きる方法”“男性から見た働く女性の理想像”など、男女、親子の愛情に関する講演が評判を呼ぶ。

■著書
『ハローマイラブ』
『挑戦の世代』
『少年期』
『平成のさぶらい』
『剣聖一心斎』
『風変わりな淑女たち』 他多数

講演タイトル例

人生を楽しく生きる方法

著書・著作紹介

アマゾンWEBサービスを利用しております。

関連する講師

肩書職業が同じ講師

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別