「講演会」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。お客様の業界別専門コンサルタントが、講師紹介から講師依頼、ご開催までワンストップでサポート。

紅谷与一 (K-3952)

  • HOME »
  • 紅谷与一 (K-3952)

紅谷与一 べにやよいち

舞台俳優

岐阜県生まれ。1985年「なずなの会」を旗揚げ。92年人権の広場のためのひとり芝居「人間に光あれ」を、また96年には「光いずこに」を制作・上演。「被差別部落の民話 部落・根っ子ばなし」から起こした“ひとり語り”も全国各地で上演し、多くの共感と感動を得ている

音楽・芸術関係者

紅谷与一のプロフィール

<プロフィール>
昭和20年岐阜県生まれ。演劇歴35年。
1985年「なずなの会」を旗揚げする。「榎物語(永井荷風作)」と「歌行灯(泉鏡花作)」で第1回公演。
続いて「石よ哭け(水上勉作)」「奈落陥ち(朋井和樹作)」「泣き虫なまいき石川啄木(井上ひさし作)」「 守銭奴(モリエール作)」などの公演を手がける。演出はいずれも菊本健郎による。特に88年の、美濃弁(みのことば)一人芝居「奈落陥ち」は紅谷の代表作となりました。
1992年人権の広場のためのひとり芝居「人間に光あれ」を、また96年には「光いずこに」を制作・上演する。人権啓発のために全国各地で上演を重ねている。
また、「被差別部落の民話 部落・根っ子ばなし」(田中龍雄著)から起こした“ひとり語り”も全国各地で上演し、多くの方々の共感と感動を得ている。
『部落 根っ子ばなし』の作品には、部落の小家、ざるにはざるを、にんげんの誇り、聞こえるか、重い櫛など各20分位の作品があり、時間や内容の要望にあわせた組合せで上演する。

関連する講師

肩書職業が同じ講師

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別