「講演会」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。お客様の業界別専門コンサルタントが、講師紹介から講師依頼、ご開催までワンストップでサポート。

東家夢助 (K-5124)

  • HOME »
  • 東家夢助 (K-5124)

東家夢助 あずまやゆめすけ

落語家

1940年東京に生まれる。59年明治学院大学付属高校卒業と同時に、柳家小さんに弟子入り7年余り修行する。66年芸に行き詰まり苦悩。その後、函館に移住。68年東家夢助と改名し、出前落語活動を始める。現在は、人気となった出前落語の他に、講演活動なども精力的に行う。

タレント・芸能関係者
健康

東家夢助のプロフィール

■職歴・経歴
1959年柳家小さんに弟子入り7年余り修行する。前座名:栗之助、二ツ目:小三太と名乗る。66年芸に行き詰まり苦悩。函館に移住し、労音専従事務局員として活動開始。
68年東家夢助と改名、出前落語活動を開始する。
69年「 函館民族芸能を守る会」発足、所属する。
以後東京・大阪の落語家を招き、落語会、函館寄席を主催する一方、函館市内の町内寄席、職場寄席を開催。
82年北海道各市町村の教育委員会社会教育行事出演増加。労音職場、地域を中心とした出前落語が盛んになり本州に迎えられ、88年には、四国・九州にも出前落語を進出させる。
90年夢助事務所設立。
91年NHK(函館)ラジオで自叙伝放送。
92年直木賞作家・高橋義夫著「鄙風堂々」で紹介される。
現在は、市町村役場や学校などでの落語活動の他、子育てについてや夫婦のあり方についての講演も盛んに行っている。出演番組にNHK「よみがえる函館寄席」「ニュース21時」「ラジオ深夜便」「大好き北海道」など多数。

■著書
『はい出前落語です』(草の根出版)

講演タイトル例

健康 笑って笑ってお元気に!

関連する講師

肩書職業が同じ講師

内容ジャンルが同じ講師

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別