「講演会」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。お客様の業界別専門コンサルタントが、講師紹介から講師依頼、ご開催までワンストップでサポート。

川口泰司 (K-6047)

  • HOME »
  • 川口泰司 (K-6047)

川口泰司 かわぐちやすし

(一社)山口県人権啓発センター 事務局長

部落問題をドンと真ん中に据え、自分の言葉とわかりやすい表現で、差別の本質に迫る。笑いあり、涙ありでエネルギッシュに語りかける講演は、世代を超えて共感を呼ぶ。「部落差別って、今、どうなっているの?」「何で自分が差別の勉強をしなきゃいけないの?」などの疑問に対する答えが見つかる講演。

教育・子育て関係者
人権・平和

川口泰司のプロフィール

■職歴・経歴
1978年 愛媛県宇和島市の被差別部落に生まれる。
中学時代、同和教育に本気で取り組む教員との出会いから解放運動に取り組むようになる。
大阪の大学を卒業後、(社)部落解放・人権研究所、(社)大阪市新大阪人権協会を経て、
2005年より山口県人権啓発センター 事務局長。

■主な著書・共著など
『ハートで挑戦、自己解放への道!』(解放出版社、2006年)
『ネットと差別扇動』(2019年7月、約1500円、解放出版社)
『ネット時代の部落差別』(2019年7月、500円、福岡県人権研究所)
『ネット上の部落差別と今後の課題』(共著、部落解放・人権研究所、2018年)
『部落解放論の最前線‐多角的な視点からの展開』(共著、解放出版社、2018年)
『部落差別解消法‐制定の意義と活用への課題』(共著、部落解放・人権研究所編、2017年)
『おとなの学びー人権研修リーダーのために』(共著 部落解放・人権研究所、2008年)
『INTERVIEW「部落出身」-12人の今、そしてここから-』(解放出版社編、2003年)
「ネット社会と部落差別の現実」(『部落解放研究209号』、2018年11月)
「インターネットと部落差別」(『ヒューマンライツ』2019年1月号)
「部落差別解消法を活かし、ネット上の差別にどう立ち向かうか」(『ヒューマンライツ』2017年4月号)
「寝た子はネットで起こされる」(『ヒューマンライツ』2017年2月号、)
「部落出身者を忌避する意識はなくなったのか?」(『部落解放』2015年6月号)

<視聴覚教材(啓発ビデオ・DVD)>
『差別っていったいなんやねん?』(ビデオ「部落の心を伝えたい 第6巻」、2004年)
『私の中の差別意識』(東映株式会社、2010年)
『ともに生きる私たちの未来』(世界人権宣言大阪連絡会議、2018年)

講演実績

弊社での実績

会合名 地域
開催時期
主催窓口
人権教育セミナー

<受講者への貢献> 同和問題について、あらためて考えるきっかけになりました。.

大阪府
2019/08月
官公庁
人権問題研修会

<受講者への貢献> 同和問題の今後の課題と最新のネット対策等について、....

京都府
2018/12月
その他公的団体
人権・同和教育講演会

<受講者への貢献> 同和問題の今後の課題と最新のネット対策等について、....

愛媛県
2018/08月
官公庁

>>この講師の弊社実績をもっと見る

講演タイトル例

人権・平和 寝た子はネットで起こされる!?
~「部落差別解消推進法」 施行と今後の課題 ~

2016年12月、「部落差別解消推進法」が成立・施行されました。その背景には、ネット上での差別の悪化・深刻化があります。爆発的に拡散され続けるデマや偏見。「部落地名総鑑」がネット上に公開され、部落と部...

プランへ移動

著書・著作紹介

アマゾンWEBサービスを利用しております。

関連する講師

肩書職業が同じ講師

内容ジャンルが同じ講師

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別