「講演会」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。お客様の業界別専門コンサルタントが、講師紹介から講師依頼、ご開催までワンストップでサポート。

佐々木常夫 (K-7631)

  • HOME »
  • 佐々木常夫 (K-7631)

佐々木常夫 ささきつねお

株式会社佐々木常夫マネージメント・リサーチ 代表取締役 株式会社東レ経営研究所 元 社長

家庭と仕事を両立させた半生を綴った 著書『ビッグツリー 私は仕事も家族も決してあきらめない』が、奇跡の家族再生劇として感動を呼び、ワーク・ライフ・バランスのモデルとしても注目を集める。マスコミ等での紹介が相次ぎ、企業・自治体等での講演会も大好評。2011年ビジネス書最優秀著者賞を受賞。

コンサルタント 経営者・元経営者
経営哲学 意識改革 ライフプラン ワークライフバランス

佐々木常夫のプロフィール

■職歴・経歴
秋田市生まれ。
1969年 東京大学経済学部卒業後、東レ株式会社に入社。
自閉症の長男を含め3人の子どもを持つ。加えて肝臓病とうつ病を患った妻を抱え多難な家庭生活。
一方、会社では大阪・東京と6度の転勤、破綻会社の再建やさまざまな事業改革など多忙を極める。
2001年、東レ同期トップで取締役となり、2003年に東レ経営研究所社長に就任。
2010年、株式会社佐々木常夫マネージメント・リサーチ代表。
何度かの事業改革の実行や3代の社長に仕えた経験から独特の経営観をもち、現在、経営者育成のプログラムの講師などを務める。社外業務としては内閣府の男女共同参画会議議員、大阪大学客員教授などの公職を歴任。

■著書
『70代からの「女の輝き」「男の品格」』(坂東眞理子氏との共著/宝島社 2020年)
『君から、動け。―渋沢栄一に学ぶ「働く」とは何か』(幻冬舎 2020年)
『定年するあなたへ贈る40の言葉』(三笠書房 2019年)
『会社をつぶさず成長をつづける 社長の流儀』(ワニブックス 2019年)
『人生は理不尽』(幻冬舎 2019年)
『人生の教養』(ポプラ社 2018年)
『決定版 部下を伸ばす』(KADOKAWA 2018年)
『運命を引き受ける』(河出書房新社 2018年)
『社会人1年目の君に―ビジネスパーソンに必要な50の鉄則』(宝島社 2018年)
『働くのがつらいのは君のせいじゃない。』(ビジネス社 2018年)
『図解 上司力×部下力―定時に帰って成果が出る仕事術』(宝島社 2017年)
『働く女性に贈る言葉』(WAVE出版 2017年)
『ビジネスに活かす「孫子」』(PHP研究所 2017年)
『40歳を過ぎたら、働き方を変えなさい』(文響社 2017年)
『すぐ動くのはやめなさい』(青春出版社 2016年)
『君が会社で幸せになれる一生使える仕事力』(ビジネス社 2016年)
『リーダーの教養』(ポプラ社 2016年)
『決定版 出世のすすめ』(KADOKAWA 2016年)
『40歳からの人生が劇的に変わる習慣』(PHP研究所 2016年)
他多数

講演実績

弊社での実績

会合名 地域
開催時期
主催窓口
金融機関主催「〇〇会」 定例講演会

<受講者への貢献> (終了後、ご担当者様より) 盛況裏に終了。すべて経....

静岡県
2019/07月
金融業
組合セミナー

<受講者への貢献> 実体験をもとに、大変参考になる話をしていただけたの....

東京都
2019/07月
保険業
労働組合 講演会

<受講者への貢献> とても好評でした。講演後の懇親会でも話題に上がるほ....

東京都
2019/07月
金融業
管理職研修

<受講者への貢献> 内容の濃いお話を聞かせていただきました。 研修に参....

岐阜県
2018/08月
JA
WLBセミナー

<受講者への貢献> ①参加者 満足度が高かった。WLBにおいて内容的に....

愛知県
2018/01月
労組

>>この講師の弊社実績をもっと見る

講演タイトル例

経営哲学 これからの時代の経営とリーダーシップ

「赤字を黒字にするなんて何より簡単だ」と語る佐々木さんの経営への考え方とは?

プランへ移動

意識改革 働く君に贈る25の言葉

運命を引き受けながら働きつづけた佐々木さんが若手~中堅の皆様に贈る25の言葉とは?

プランへ移動

ライフプラン 50歳からの生き方

【その他タイトル例】 ・私にとっての会社・仕事・家族 ・あなたの働き方を変えてみませんか ・人生の後半を積極的に生きるには ・戦略的ライフスタイルの試み ・ビジネスマン生活終盤戦の戦い方 ・50歳から...

プランへ移動

ワークライフバランス ワーク・ライフ・バランス
~私は仕事も家族も決してあきらめない~

自閉症の長男と病気の妻を抱えながら仕事でも成果を出した佐々木氏が語る「ワークライフバランス」とは。 人間誰しも自分の時間を確保したいと思っている。しかし、長時間労働と非効率労働がそれを妨げている。仕事...

プランへ移動

著書・著作紹介

アマゾンWEBサービスを利用しております。

スタッフからのコメント

東レでのキャリアに基づいたワークとライフのマネジメントの実践が注目される「ワークライフバランス」のロールモデル。経営層から管理職、一般社員まで幅広いビジネスパーソンに聴いてほしい講演です。

主な出講先は、経営研究会、部課長会、コンプライアンス研修、マネジメントスキルアップセミナー、働き方改革セミナー、労使共催講演会、労働条件改善フォーラム、ライフデザインセミナー、男女共同参画セミナーなど多彩。
講演テーマは、ワークライフバランスのみならず、リーダーシップ、ダイバーシティ、コミュニケーション、タイムマネジメントなど幅広い。

主な講演タイトルは『ワークライフバランス ~私は仕事も家族も決してあきらめない~』。その他、『ワークライフバランスと職場の活性化』『戦略的リーダーの仕事術』『部下を定時に帰す「仕事術」』『今、職場のリーダーに求められること』『これからの時代の経営とリーダーシップ』などのキーワードがある。
 (企画室よりのコメント)

関連する講師

肩書職業が同じ講師

内容ジャンルが同じ講師

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別