体験!実践!「笑いと感動のビジネス戦略セミナー」

三遊亭究斗 さんゆうていきゅうと

一般社団法人落語協会真打
子供心理カウンセラー
行動心理カウンセラー

想定する対象者

リーダーやリーダーを目指す方!そしてすべての意識改革を望んでいる皆様!

提供する価値・伝えたい事

「リーダーシップとはなにか!?」「人を引っ張っていくには、どうすればいいか!?」
まず自分が変わらなければ、回りは変わりません。自分自身が感謝の気持ちを感じ、胆に掲げ持ち、前向きに進んでもらいます!
そのためには、「元気!根気!勇気!」が必要です!
喜んで恥をかきましょう!自分を捨てましょう!そして声を出しましょう!
身体から声を出せば~「念い(おもい)」「願い」は、相手に必ず伝わります!

内 容

【発声・表現・実践編】

私は、劇団四季に10年在籍しました。その期間、俳優であるとともに「研究生のレッスン」「カンパニーを纏める公演委員長」「動員委員長」等、幹部候補生として勉強してきました。
「劇団四季の成功の秘訣は?」「ロングラン公演を成功させるには?」
キーワードは、『感動』です!
「また観たい!」っとお客様の心の『感動』がリピーターになり、口コミになり、ロングランに繋がるのです。
そんな話とともに落語家に転身した「笑える前座修行の気配り術」をお話します。
そして何と言っても「声」が大事!声は、生命力の源です!声を出せば元気が出ます!参加者全員で発声訓練を致します。
さらに人前で恥をかく練習。落語をやっていただきます。みんなで笑えば怖くない!

【聴いて感動!やって感動!】編
落語「百年目」を聴いていただきます。

この噺の中に「栴檀」の木と「内縁草」という草の話が出てきます。「栴檀」は、とても美しい木。その下に「内縁草」という雑草が生えていて、ある人が見た目が悪いので「内縁草」を抜いたところ、あんなに立派だった「栴檀」の木が枯れてしまいます。調べてみると「内縁草」の栄養分が「栴檀」にとってとても良い肥やしになっていて、「栴檀」から落とす露が「内縁草」にとって良い肥やしになっていたのです。
この「栴檀」と「内縁草」から「だんなん」→「旦那」と呼ばれたのです。

これをお店(会社)に例えると「栴檀」は、お店の主人(社長)。「内縁草」は、お店を束ねる番頭さん。会社では、専務の役回りです。主人(旦那)から番頭さんに良い露を落とす事で番頭さんは、稼いで店(会社)を潤します。
また番頭さんを「栴檀」に例えると「内縁草」は、小僧さんたちです。厳しい指導・しつけだけでなく、露を落とす事で、小僧さんたちも働きがよくなるのです。
心に「不信感」が生まれると上下関係・雇用関係がうまくいきません。「信頼」を得るには、どうすればいいのか!?とてもわかりやすく講演致します。
そして究斗作「ありがとうが世界を変える絆39」から感謝の心がすべての基本。そこから人と人の繋がりも生れるということを面白く楽しくお伝えします。
「ありがとう」を何度でも言ってもらいます!
やって!学んで!感じて!もらいます!!!

Copyright © 株式会社システムブレーン All Rights Reserved.