三国志から学ぶ人生哲学

三遊亭究斗 さんゆうていきゅうと

一般社団法人落語協会真打
子供心理カウンセラー
行動心理カウンセラー

想定する対象者

一般市民
ビジネスパーソン
学生

提供する価値・伝えたい事

三国志とは、西暦180年~280年の間にあった中国の三国時代の話です。
1800年前の話がなぜ後世まで熱く語り継がれているのか?それは、この「三国志」が現代に通じる問題点や学ぶ点が多いからです。

例えば、三国時代に入る前は、「漢」の時代。なぜ漢が乱れ滅んだのか?それは、役人が乱れたのです。ワイロを取り捲り、女と酒に遊びほうけたのです。これは、現代の問題でもあります。
その中で国を思い、「志」を持って世を良くする為に立ち上がる男たち。人が生きていくために必要な「志」とは、なにか!?なにが「志」を生み作り出すのか?そしてもっとも有名な諸葛孔明に迫ります。
劉備玄徳が「三顧の礼」をしてまで軍師に招いたその人物像とは!?

内 容

「三国志」の時代背景から物語をわかりやすく、落語にして面白く伝えます。
「魏の曹操」や「蜀の劉備・関羽・張飛・諸葛孔明」の人物像をエピソードを交えながら解説します。
その中に多くのメッセージが入っています。

Copyright © 株式会社システムブレーン All Rights Reserved.