「講演会」「オンライン講演」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。業界別専門コンサルタントが、講師紹介から開催までワンストップでサポート。

医療機関向け労務管理
採用、問題職員対応、退職に関わるトラブル、就業規則作成など

秋田繁樹 あきたしげき

「会社側の立場で労務管理をサポート」する
特定社会保険労務士

想定する対象者

医療機関経営者
WEB上には労働者側にとって有益な情報が氾濫しているが、使用者側を守ってくれる情報は少ない。
そんな状況下において労使トラブルが激増し、 一部の問題社員が起こすトラブル(未払い残業請求、退職や解雇など)に病院経営者は頭を痛めています。

医療機関において、些細なことが原因で大きな労使トラブルに発展するケースが増えています。時に、職員が話し合って計画的に労務問題を深刻化させるケースや退職金制度の変更をめぐるトラブルが目立ちます。

提供する価値・伝えたい事

未払い残業代請求、退職や解雇をめぐるトラブル、そしてメンタルヘルス対策は、現代における労務管理の3大トラブルと言えます。
これら3つの問題に対し、医療機関はどう対応すべきか?就業規則の作成や在職中にとっておくべき各種労務管理書式について病院経営者側の立場で解説します。

内 容

◆なぜ今就業規則が重要なのか?
◆就業規則の適用範囲
◆試用期間の定め方
◆昇進・解任・降格の定め方
◆休職者が出た場合の定め方
◆退職規定の定め方(定年規定の定め方等)
◆普通解雇の定め方
◆従業員代表者の選出方法
◆各種労使協定とは?

根拠・関連する活動歴

<活動の一部を抜粋>
2011年11月 株式会社ONE LIFE(メットライフアリコ協賛)
「医療機関向け労務管理セミナー 労務管理書式の使い方講座」

Copyright © 株式会社システムブレーン All Rights Reserved.