「講演会」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。お客様の業界別専門コンサルタントが、講師紹介から講師依頼、ご開催までワンストップでサポート。

東日本大震災の被災地で学んだこと

アマデウス大西 あまでうすおおにし

アマデウス音楽院付属笑学校 校長
元 高校教諭

提供する価値・伝えたい事

■講演 90分 構成例
 1. ピアノ演奏とトークを繰り返します(約65分)
 2. 配布している歌詞カードの歌詞解説 ⇒ 発声練習 ⇒ 合唱(15分)
 3. CDを聞いて頂き生まれてきた意味を一緒に考えていただきます(5分)
 4. 締めのメッセージとピアノ演奏。(5分)
(合唱曲はテーマに沿った曲を選択しております)

内 容

私は東日本大震災復興支援で出来ることは何かと考え、
地元奈良のお客様から義援金をお預かりし、
現地に赴き被災された皆さんのところで歌の集いを開かせていただきました。

女川町、大船渡市、仙台市で計4度支援会を開きました。

その内の一度は、2014年10月に奈良から笑学校の生徒さん達30名と
大船渡市の方々と交流を行い、合同で歌の集いを実現しました。

瓦礫などは整理されているので目に映るものは復興してきたように感じますが、
被災地の方々のお話を聞きますと、やはり心の復興が大切だなと説に感じます。

私自身が実際に被災地の方々と交流してきた体験、
その中から学んできたことをお伝えしたいと思います。

PAGETOP
Copyright © 株式会社システムブレーン All Rights Reserved.