「講演会」「オンライン講演」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。業界別専門コンサルタントが、講師紹介から開催までワンストップでサポート。

夫源病
~もっとラクにやっていける夫婦関係って?~

石蔵文信 いしくらふみのぶ

大阪大学人間科学研究科
未来共創センター 招へい教授

想定する対象者

定年前の従業員の皆さん、夫婦関係を改善したい中高年の方々

提供する価値・伝えたい事

●「夫源病」(ふげんびょう)の名づけ親。阪大教授、石蔵文信氏による、おもしろくて、恐ろしくて(夫にとって)、ためになる(妻にとって)内容です。
●夫源病とは、女性の更年期障害の主因は夫にあるとするものです。

全国に先駆けて「男性更年期外来」を開設し、不調の男性を治療するとともに、夫の言動から来るストレスによる妻の不調にも着目。医師がみた妻も夫も幸せになれる関係づくりについて語ります。

内 容

・夫源(ふげん)病について
夫源病とは、簡単に言いますと、熟年の妻たちがかかる頭痛やめまいの原因の大半は、「夫」であるというもの。
 「夫の言動がストレスとなり、女性の更年期障害を誘発、悪化させている」と。

・持ち歩いている写真調査
 男性(夫):1.子供(62%) 2.妻(43%) 3.ペット(27%)
 女性(妻):1.子供(54%) 2.ペット(34%) 3.夫(25%)

・離婚は増加傾向にあり、年間30万件となっている。

・恐怖の「わしも病」=妻の亭主在宅症候群
→1.家では無口で、不機嫌な夫 2.家事を見ているだけの夫 3.妻の外出を口出しする夫 4.精神的暴力をふるう夫
 5.家計を細かくチェックする夫 →あなたは妻を対等な一個人としてみていますか?

・老後に夫と暮らすと、妻の死亡率が2倍に

・高齢者の心中、殺人の急激な増加。

・夫婦げんかは長寿のものになる可能性が高い。
他。

スタッフからのコメント

今、マスコミで話題「夫源病」の著者です。
夫源病。少し年配の女性で病院に来られる方を診察してて、その元をたどってみると、
意外に夫が原因だった。
妻がデパートに行く・スーパーに行く・・・「わしも!」 とついてくる。
称して、「わしも族」。
わしも族」 にならない方法は?男も、自分のことは自分でする。
熱い注目の著者によるおもしろくて、恐ろしくて(夫にとって)、ためになる(妻にとって)お話です。
                                  (労組担当:紀三井省次)

Copyright © 株式会社システムブレーン All Rights Reserved.